千眼美子(清水富美加)さん主演映画「僕の彼女は魔法使い」が2019年2月に公開

 
千眼美子さん主演の映画「僕の彼女は魔法使い」

 

千眼美子(せんげん・よしこ、清水富美加)さんが主演する映画「僕の彼女は魔法使い」(大川隆法・幸福の科学総裁/製作総指揮・原案)が、2019年2月22日に公開されることが明らかになった。

 

主人公の風花は、人びとの幸せを奪い去る黒魔術の脅威から、"愛の魔法"で世界を守る白の魔法使い。赤い糸で結ばれた「運命の人」を探し出し、時空を超えた戦いに立ち向かっていくというストーリーだ。魔法や奇跡の力、神の愛を信じる心を描いた、これまでにない作品となっている。

 

風花の恋人・優一を演じるのは、映画「君のまなざし」(2017年)で初主演を果たした梅崎快人さん。監督を務めるのは、今作が劇場公開作品として初監督となる清田英樹氏だ。

 

本作のイメージソングは、主演の千眼さんが歌う。タイトルは「夢の時間」で、同作品はセカンドシングルとなる。千眼さんは昨年8月、東京ドームでファーストシングル「眠れぬ夜を超えて」を披露しており、大きな話題になった。

 

 

 

千眼さんは「夢の時間」について、次のようなコメントを寄せている。

 

「言葉の一つひとつを拾いながら、自分の中でビジョンを描きながら歌いました。一人ひとりが自分のビジョンを思い浮かべながら、楽しんで聴いていただけると思います。そのビジョンは、きっと色や形が違うけれど、同じ方向に、結論に向かっていけたら嬉しいなぁ、と思っております。映画音楽に参加させていただくのはこれで2回目ですが、前作『眠れぬ夜を超えて』とは声も雰囲気もガラっと変わっているので、そのあたりも楽しんでいただけると嬉しいです! ぜひ!」

 

「夢の時間」のシングルCDは、12月12日に発売される(右写真)。

千眼さんは、10月公開のアニメ映画「宇宙の法―黎明編―」でも、宇宙最強の女帝レプタリアン・ザムザ役を熱演し、女優としてだけでなく、声優や歌手としても活躍の場を広げている。今後も目が離せない。

 

【関連サイト】

映画『僕の彼女は魔法使い』 公式サイト

https://bokukano-maho.jp/

 

【関連記事】

2018年11月号 千眼美子・河口純之助・山﨑広子インタビュー その時、声優にハマった Part 2

https://the-liberty.com/article.php?item_id=14909

 

2018年2月27日付本欄 NSP・劇団新星の第二回公演「僕は魔法が使えない?」が好評公演中

https://the-liberty.com/article.php?item_id=14183

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language