千眼美子・河口純之助・山﨑広子インタビュー その時、声優にハマった Part 2

千眼美子・河口純之助・山﨑広子インタビュー その時、声優にハマった Part 2

 

2018年11月号記事

 

その時、
声優にハマった

声を磨けば、仕事もうまくいく

 

日常生活ではあまり意識しない声の影響力。

声のプロたちは、いかにして人を感動させるのか。

(編集部 山本慧、山本泉、文中敬称略)

 


contents

千眼美子・河口純之助・山﨑広子インタビュー その時、声優にハマった Part 2

千眼美子・河口純之助・山﨑広子インタビュー その時、声優にハマった Part 2


 

INTERVIEW / 声優

 

 

TPOに合わせて声を変える

 

10月公開の映画「宇宙の法─黎明編─」で、自身2度目の声優を経験した千眼さんに、声にまつわるエピソードを聞いた。

 

 

千眼 美子

Yoshiko Sengen

1994年12月生まれ。東京都出身。2011年「仮面ライダーフォーゼ」のヒロイン役に抜擢され、15年にはNHK連続テレビ小説「まれ」で主人公の同級生役を好演した。17年2月、幸福の科学に出家。テレビや映画、声優、イベントなど多方面で活躍中。著書に『全部、言っちゃうね。』(幸福の科学出版)がある。

──千眼さんは、自分の声は好きですか?

 嫌いです。声優や歌の仕事でも、うわー……ってなるんですよね。え、こんな声だっけって。

 だから、自分の声は地声じゃないんです。少し高めに作ってるんです。「猫かぶりボイス」ですよ(笑)。本当は結構低い。真面目な話をすると、それが出ちゃいますけど。女優の吉高由里子さんみたいに、線の細い女の子の声に憧れてしまうんですよね。

 

──自分の声を意識したきっかけは何ですか?

 前の事務所が開催したオーディションの映像を観た時、自分がダラッと喋っているのに気づいて、もう嫌だと思いましたね。

 

──声を変えるのは、自然にできるんですか?

 もう、その区別すらつかないくらい、TPOに合わせて声を変えます(笑)。バラエティ番組だったら、明るい声色にして、「この場所は楽しいんだよ~」と演出したりします。カメレオンみたいに、周りの雰囲気に合わせる感じです。

 人って、犬を見て「あー、かわいい!」と反応した時の声は、普段と違いますよね。それは動物への親しみが自然に声に出るわけです。だから声って、心境が変われば、変わるんですよね。声優のお仕事の時はそうした過去の記憶を掘り起こして、役に声を当てます。

 

──ちなみに、好きな男性の声は?

 誰だろ? 難しい……。でも、優しい感じがにじみ出ている声がいいかも。なんか、のほほんとした感じの。

 

お風呂で録音を繰り返す

──声優は2回目の挑戦でしたが、役づくりはどうされたのでしょうか?

 配役はレプタリアンという宇宙人。他にモデルになるものがないので、他のアニメや声優ではなく、大川隆法・幸福の科学総裁の著作「宇宙人シリーズ」を読んで、色々な宇宙人の特徴を頭に入れましたね。

 練習のため、お風呂に台本とiPhoneを持ち込んで、自分の声を録音しました。こうでもない、ああでもないと試行錯誤し、色々な声のパターンを用意しました。

 女優では、セリフの言い方を決める作業はあまりなかったので、そこは大変でした。

 例えば、人の目を見ている時と、よそ見をしている時に出る声は違うんです。普段は意識しないんですけど、そういう細かい表現をマイクの前で立ちながらする。しかも、5~6時間でさまざまな表現を一気に収録するのは大変です(笑)。

 

 

人類のルーツを描く映画

──千眼さんが出演する「宇宙の法」はどんな内容ですか?

 映画では、人間の肌の色の違いだけでなく、なぜ個性の違いがあるのかという「人類のルーツ」が明かされています。

 個性の違いは、出身の星が違うことによって生まれてくることが分かり、今起きている戦争の無意味さを理解できると思います。観終わったら、「自分はどこの星から来て、この地球に生きることで何を学べばいいのだろう?」と考えてもらいたいですね。自分で言うのもあれですけど、面白いので観てほしい!

 

 

「宇宙の法 ─黎明編─」

10月12日 日米同時公開

「ナスカ学園」で悪質宇宙人との戦いに勝利したレイ、アンナ、タイラ、ハル、エイスケの5人は大学生として、それぞれの夢を追いかけながら学生生活を送っていた。しかし彼らには宇宙からの侵略者であるレプタリアンと戦うもう一つの顔があり──。

 

製作総指揮・原案/大川隆法

キャスト:逢坂良太 瀬戸麻沙美 柿原徹也 金元寿子 羽多野渉 / 千眼美子

監督:今掛勇 音楽:水澤有一 アニメーション制作:HS PICTURES STUDIO

幸福の科学出版作品 配給:日活 配給協力:東京テアトル

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

インタビュー / 声には「悟り」が表れる 河口純之助氏

インタビュー / 真実を語るから人は動く 山﨑広子氏

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2018年11月号記事  声優  アイドル  アニメ  映画  宇宙の法  千眼美子  河口純之助  山﨑広子  悟り  真実  TPO  甲本ヒロト  真島昌利  認識力  世界史  武器  

Menu

Language