清水富美加さんが宣言した、幸福の科学の「出家」って何?

清水富美加さんが宣言した、幸福の科学の「出家」って何?

 

女優・清水富美加さんが幸福の科学に出家すると宣言したことに関して、様々なメディアが報じている。そうした中で、「出家」については、「衝撃『出家』引退」「出家=教えを説く立場」「出家は信者6000人に1人の特別な立場」などの見出しが躍り、「研修施設にこもって集団生活をするのか?」「剃髪するのか?」など、様々な憶測が飛んでいる。

 

そこで本欄では、幸福の科学の出家とは何かについて、考え方やライフスタイル、どんな仕事をしているのかなどを紹介したい。

 

昨日付の本欄でも紹介したが、一般的に「出家」とは、「世俗の生活を捨てて、僧となって仏道を修行すること、またその人」(デジタル大辞林)と言われている。宗教のプロとなるという意味で、他の仕事をしながら宗教を信仰する「在家」と対置する言葉だ。

 

昔であれば、文字通り「家を出て」寺などに入り、集団生活を送りながら悟りを高める修行をするスタイルが一般的だった。現在もそうした形で出家修行をする宗教もある。しかし、現代に生まれた幸福の科学における「出家」は、このイメージとは異なる。

 

 

幸福の科学の「出家」って?

幸福の科学の出家者の生活スタイルは、見た目は普通の社会人と変わらない。家族と暮らし、自宅から通う者もいれば、僧房と呼ばれる寮に入っている者もいる。服装も常識の範囲内で各自に任されている。

 

普通の仕事との違いは、神仏やあの世といった目に見えないものを信じ、目に見えないもののために生きていること。そして、「法」によって人々の魂を救う仕事に専念していることだ。

 

大川隆法・幸福の科学総裁は、教団内部向け書籍の中で、「出家者は、法で人を救うのが仕事なのです」と述べている。

 

「法」というのは、宗教的な「教え」のことで、仏教の開祖である仏陀が多くの教えを説いたように、大川総裁も心の教えや仕事論など個人に向けたものから、政治・経済や国際情勢などのマクロな内容まで多岐にわたる教えを説き、その説法回数は2500回を超える。

 

中でも中心的な教えは、「愛・知・反省・発展」の「四正道(よんしょうどう)」だ。これは端的に言えば、人から愛を奪うのではなく愛を与えようという「愛」の教え。知恵をもって人生の課題を解決していこうという「知」の教え。間違いを犯しても反省によって教訓に変えていけるという「反省」の教え。そして、愛を与える対象を増やしていくために発展を目指そうという「発展」の教え。この4つの正しい道を通して、幸福になっていけるというものだ。

 

 

支部と精舎での宗教活動

出家者による講話の様子。

では具体的にはどのように「法」で人を救うのか。幸福の科学には、地域に教えを広めるなどの活動をする支部や、研修や祈願など悟りを高める宗教修行をする精舎などが世界に700カ所以上ある。こうした支部や精舎で仕事をしているのが出家者だ。

 

一般的な支部長の一日を例にとると、朝、支部に行き、地域の信者と一緒にお祈りをし、支部や周辺の清掃(作務と呼ぶ)をする。その後、大川総裁の法話拝聴会をしたり、法話をもとにした学習会などで学びを深める。午後は、近隣への布教誌の配布や信者宅への訪問などを通して地域に教えを広める活動をしたり、駅前で自殺防止キャンペーンをしたり、悩みを持った人の人生相談に応じるなど、様々な活動をする――。

 

例えば、夫が冷たいと悩んでいる人の話を聞いたところ「夫から愛されたい」とばかり考えているようであれば、愛を与えることの大切さを伝えるなど、大川総裁が説いた法の中からその人に合った教えを解説していく。もちろん日によって具体的な仕事は変わっていくが、基本的には、幸福の科学の教えを学び、実践して幸福になる人を増やすことが支部長の仕事だ。

 

精舎では、大川総裁の書籍や法話をより深く学ぶための研修や、自らの心の内を見つめる瞑想修行、無私なる心で神仏に願いを届ける祈願などが行われている。ここでの出家者の役目は、信者と神仏の間を取り次ぐという、より霊的な仕事となる。

 

こうした宗教活動を支える部門として、出版部門やソフト部門、海外に教えを広める国際部門などがあり、関連事業として、政党や教育事業、芸能部門などがある。

 

 

全人類救済が幸福の科学の目指すもの

目指しているのは、全人類の救済だ。大川総裁は著書の中で、幸福の科学の活動について次のように述べている。

 

幸福の科学は、個人から見れば、「自己啓発」という面を持っていると同時に、外側から見るかぎり、『社会啓蒙』の面、すなわち、宗教的な用語を使うとするならば、宗教本来の立場である『全世界の一切の衆生救済』『全人類救済』という面を、立宗以来、一度も外してはいません。

 

その言葉どおり、『全人類救済』に向けて、具体的な活動をどんどんと積み重ね、広げていっています。

 

それが、実は、数多くの教えが積み重ねられている理由でもありますし、教えにダイバーシティ(多様性)が出てきている理由でもありますし、活動が、宗教法人にとどまらず、教育事業や政治活動、NPO団体、メディア関連等にも広がっていったり、海外にも広げたりと、数多くの活動が展開している理由でもあるのです」(『宗教学から観た「幸福の科学」学・入門』より)

 

清水富美加さんは今後、健康を回復して宗教修行を積んだ後、幸福の科学の出家者としてこうした事業に何らかの形で関わっていくのだろう。早く元気になって今回の人生の使命を果たせることを祈りたい。

 

【関連記事】

2017年2月12日付本欄 清水富美加さん、芸能活動 引退ではない - 幸福の科学に出家した理由

http://the-liberty.com/article.php?item_id=12576

 

幸福の科学が世界宗教になる理由─200号記念総力特集「宗教」
 
タグ: 清水富美加  幸福の科学  出家  修行  宗教  大川隆法    教え  信者  社会啓蒙  衆生救済  

大川隆法 IN 東京ドーム

お申し込み

ウェブ予約を受付中

詳細をお送り致します
(自動返信)


上記のフォームから、本会場・東京ドームへのウェブ予約ができます。参加対象は、以下の条件を満たす方です。

・幸福の科学 未会員

※同伴されるお子様は「小学生以上」とさせていただきます。

※会員の方は所属の支部でお申し込みください。

※既に入場チケットをお持ちの方、支部経由で予約済の方は、申込の必要はございません。

※未成年の方は保護者の承諾を得た上で、保護者同伴にてお申し込みください。保護者の方の登録もお願いいたします。


QRコードを読み取り、そのまま空メールを送信いただいても結構です。

講演会のウェブ予約は 7月29日(土) 18:00 まで受け付けております。

メールアドレス入力(空メール送信)時点では、まだ予約は成立しておりません。

受信制限をしている方は hsmail.org からのメールを受信できるよう設定してください。

ようこそザ・リバティWebへ
月刊誌最新号
「守護霊とは何か」動画はこちらをクリック
新宗教15の疑問 - Part2 幸福の科学への14のギモンを検証する
いますぐ有料購読する
ザ・リバティweb無料メルマガ「お試し☆ニュース・クリップ登録
Other Languages
ザ・リバティweb Twitter
ザ・リバティweb Facebook
「THE FACT」 マスコミが報道しない「事実」を世界に伝える番組-YouTube
ザ・リバティWeb YouTubeチャンネル

Menu

Language