国家や世界を正しく導く幸福の科学の教え - 「『いま、宗教に何が可能か』大川隆法総裁vs.大川裕太理事」 - 大川隆法総裁 法話・霊言ガイド

国家や世界を正しく導く幸福の科学の教え - 「『いま、宗教に何が可能か』大川隆法総裁vs.大川裕太理事」 - 大川隆法総裁 法話・霊言ガイド

 

2015年11月号記事

 

対談

 

国家や世界を正しく導く幸福の科学の教え

「『いま、宗教に何が可能か』大川隆法総裁vs.大川裕太理事」

2015年9月8日 幸福の科学総合本部

 

 

いま、宗教に何が可能か

いま、宗教に何が可能か

父が息子に語る「政治学入門」

父が息子に語る「政治学入門」

いずれも
大川隆法×大川裕太著

幸福の科学出版

 霊的世界の真実を明らかにし、人間関係や病気など個人の悩みを救済し、仕事論や経営論、多様な学問領域にも踏み込む。さらに政治にも影響を与える──。

 そんな幸福の科学の教えの幅広さや魅力について、大川総裁と三男・裕太理事が語り合った。

 幅広いテーマが話題に上ったが、それを貫くものは、「正しさとは何か」という見方だ。例えば、マスコミは弱者や貧しい人の立場に立つことが多いが、その考え方は必ずしも多くの人を幸福にはしない。

 裕太理事が「正義、正しさというのを日本の国に打ち立てるというのが、宗教ができることだと思うのです」と語ると、大川総裁は「われわれは、左翼、右翼の立場で考えているわけではなく、天上界の考えとして、『こうだ』ということを初めて明らかにした」と応じた。

 これまでの考え方の枠組みでは計れない、幸福の科学のスケール感を味わえる。

 

 

多岐に渡った対談テーマ

○宗教

  • いわゆる「宗教」の定義を超えた幸福の科学の教え。
  • 宗教が「発展の法」を説くことの新鮮さ。

 

○政治

  • マイナンバー制の危険性とは。
  • 新国立競技場建設の白紙撤回は正しかったのか。
  • 国立大学の文系学部縮小方針 の背景にある事情とは。
  • 米大統領候補ドナルド・トランンプ氏が恐れるマスコミの問題点。

 

○国際政治

  • 中国の「抗日記念式典」に出席した潘基文国連事務総長は何を考えているのか。
  • 中国経済の見通し。など

 

ここに紹介したのは法話のごく一部です。詳しくは幸福の科学の施設で、ぜひご覧ください(下記参照)。

幸福の科学に関するお問い合わせは

Tel:03-5793-1727 : 火~金/10:00~20:00 土日/10:00~18:00

Fax:03-5793-1713 : (24時間受付)

公式HP : happy-science.jpまで。

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

タグ: 2015年11月号記事  法話  対談  大川隆法  大川裕太    正義  左翼  天上界  

Menu

Language