2017年「まさかの時代」を読み解く - 韓国大統領の辞任 "検察不況"がやってくる

2017年「まさかの時代」を読み解く - 韓国大統領の辞任 "検察不況"がやってくる

写真:YONHAP NEWS/アフロ

 

2017年2月号記事

 

2017年 「まさかの時代」を読み解く

 

英国のEU離脱、トランプ氏の当選、欧州での右翼政党の台頭――。
先行き不透明な国際情勢を、大川隆法・幸福の科学総裁の提言をもとに見通す。

 

韓国大統領の辞任

"検察不況"がやってくる

 

 2017年に民主化30年を迎える韓国。16年10月以降、毎週のように、朴槿恵大統領の退陣を求めるデモが起きた。

 これに対し、一部の欧米メディアは、「毎週末の大規模デモは民主主義が根付いている証し」(注)と評価する。

 独裁的な北朝鮮との違いを示したいのだろうが、デモを主導しているのは、左翼系団体。その中には、韓国政府が認定した北朝鮮派の団体も含まれている。大統領のスキャンダル事件に乗じ、「民意を北朝鮮寄り」に傾けようと企んでいるわけだ。

 17年中に行われる大統領選挙の候補も、いずれも親北派であり、韓国の成り行きを見ている北朝鮮は、ほくそ笑んでいるに違いない。事実、16年だけで20発以上発射していたミサイルをピタリと止めており、不気味だ。

(注)「ニューズウィーク日本版」2016年12月13日号。

 

続きは2ページ目以降へ

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2017年2月号記事  「まさかの時代」を読み解く  韓国  大統領  朴槿恵  検察  財閥  北朝鮮  日韓合意  

Menu

Language