強まる中国国内の報道規制 中国は国民に知る権利を与えよ

 

中国の国家新聞出版ラジオ映画テレビ総局は、このほど、全国の報道機関に対し、本社の同意を得ずに当局批判報道を行うことを禁じる通達を出した。新華社電が報じている。

 

現在中国は、環境汚染や自由の抑圧、所得格差の拡大などといった国内問題に悩まされ、国民の不満が高まっている。批判報道を抑え、中国共産党を守るため、言論の自由は次第に抑圧されている。

 

昨年1月には、中国の週刊紙「南方週末」の新年号の記事が、民主化を求める内容から中国共産党を賛美するものに書き替えられた。

 

さらに昨年10月には、同じく国家新聞出版ラジオ映画テレビ総局が、国内の新聞やテレビなどの記者に対し、マルクス主義などを学ぶ研修を義務付け、統一の免許更新試験を実施する方針を出した。

 

国境なき記者団が毎年発刊している「世界報道自由ランキング」の2014年版によると、中国の報道の自由度は、180カ国中、175位。報道が厳しく制限され、「非常に深刻な状態」に分類されている。

 

今年、天安門事件から25年経ったが、中国政府は事件後に徹底した報道規制を敷いて事件そのものを隠蔽した。未だに、正確な死傷者数すら分からず、事件があったことすら知らない若い世代が増えているという。また、天安門事件のリーダーたちは、事件後に海外に亡命し、未だに中国に戻れないでいる。

 

幸福の科学グループ・大川隆法総裁は、著書『政治哲学の原点』で、「民主主義の中心的な担い手になるべき人々は、やはり、『考える人』でなければならない」と説いている。

 

かつてのソ連は、グラスノスチで言論・報道などの自由化を進めた結果、共産主義体制が崩壊した。

中国共産党も、国民に正しい情報が与えられ、一人ひとりが「考える人」となり、体制が崩壊することを恐れているのだろう。

 

だが、各自の好みや考え方はさまざまである。多様な人間がいて、多様な考え方があることを前提とするならば、言論や報道の自由、その基礎となる思想・信条、信教の自由を保障しない限り、人々を幸福にすることはできない。

 

国民をひとつの価値観で染め上げることには限界が来ている。また、そうした国家が、国際的に「大国」や「リーダー国家」となることもない。

中国が真の大国となりたければ、国民に自由を与えるべきだ。(冨)

 

【関連記事】

2014年6月17日付本欄 【ザ・ファクト公開中】香港・台湾から中国共産党に反対する人々の声

http://the-liberty.com/article.php?item_id=7998

 

2013年12月10日付本欄 「知る権利」を侵害するのはどこの国? 駐華外国記者協会が中国に「報道の自由」を求める声明を発表

http://the-liberty.com/article.php?item_id=7055

 

2013年1月9日付本欄 中国に「知る権利」を! 言論封殺に抗して広がるネット・レジスタンス

http://the-liberty.com/article.php?item_id=5440

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

大川隆法 IN 東京ドーム

お申し込み

ウェブ予約を受付中

詳細をお送り致します
(自動返信)


上記のフォームから、本会場・東京ドームへのウェブ予約ができます。参加対象は、以下の条件を満たす方です。

・幸福の科学 未会員

※同伴されるお子様は「小学生以上」とさせていただきます。

※会員の方は所属の支部でお申し込みください。

※既に入場チケットをお持ちの方、支部経由で予約済の方は、申込の必要はございません。

※未成年の方は保護者の承諾を得た上で、保護者同伴にてお申し込みください。保護者の方の登録もお願いいたします。


QRコードを読み取り、そのまま空メールを送信いただいても結構です。

講演会のウェブ予約は 7月29日(土) 18:00 まで受け付けております。

メールアドレス入力(空メール送信)時点では、まだ予約は成立しておりません。

受信制限をしている方は hsmail.org からのメールを受信できるよう設定してください。

ようこそザ・リバティWebへ
月刊誌最新号
「守護霊とは何か」動画はこちらをクリック
新宗教15の疑問 - Part2 幸福の科学への14のギモンを検証する
いますぐ有料購読する
ザ・リバティweb無料メルマガ「お試し☆ニュース・クリップ登録
Other Languages
ザ・リバティweb Twitter
ザ・リバティweb Facebook
「THE FACT」 マスコミが報道しない「事実」を世界に伝える番組-YouTube
ザ・リバティWeb YouTubeチャンネル

Menu

Language