【速報】高知・佐川町議選で幸福実現党公認候補が当選

当選を決め、支援者とともに喜びの声を上げる宮崎氏(前列中央)。

 

8日に投開票が行われた高知県の佐川(さかわ)町議選で、幸福実現党公認候補の宮崎知恵子氏が初当選を決めた。同党公認の地方議員は17人目となる。

 

宮崎氏は、佐川町生まれ。高知学園短期大学栄養科を卒業後、栄養士として吾川村役場(現・仁淀川町)での勤務を経て、43年前から佐川町で飲食店を経営している。

 

今回の選挙戦では、自らを「佐川町ワクワク計画のプロデューサー」として政策を打ち出した。栄養士としての経験を活かし、「健康と長寿の実現」「若い世代の定住の促進」「宝物いっぱいの佐川」などを掲げた。

 

宮崎氏は、本誌取材に対してこう語った。

 

「私は43年間、飲食店を経営していて、商工会の会員でもありますが、これまでずっと、各店舗、商工会、町役場がそれぞれ単独で動いていることが気になっていました。手と手を取り合えば、もっと効果的に佐川町の魅力をPRできると思っていたんです」

 

佐川町は日本の植物学の父と言われる牧野富太郎や、坂本龍馬などを支えた維新の志士の一人である田中光顕など、偉人の出身地でもある。また、江戸時代の城下町や「龍馬脱藩の道」、豊かな自然を擁する「宝物」に満ちた町でもある。

 

「町議としても、佐川町の活性化のために、党派を超えて協力できるよう、つなぎ役としての仕事をしたい」と語る宮崎氏。佐川町を活性化させ、また周辺の地域全体を活性化させるための活動を期待したい。

 

 

 

【保守政党・公約比較】希望は候補が「民進党」、自民は政策が「民進党」

 

【関連サイト】

http://hr-party.jp/

 

【関連記事】

2017年4月号 釈量子の志士奮迅 [特別編] - 「わが街の日本一」は何ですか? 地方創生の「突破口」を探る

http://the-liberty.com/article.php?item_id=12626

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language