大仏建立こそ日本が「黄金の国」になった理由

大仏建立こそ日本が「黄金の国」になった理由

『信貴山絵巻』に描かれた、東大寺大仏の当時の姿。大仏の座高は、江戸時代に再建された現在の像よりも大きく、全身も黄金で輝いていた。大仏殿も、現在の1.5倍もあった。(Wikipediaより)

 

 

昔の日本が、西洋から「黄金の国ジパング」と呼ばれていたのは、ご存知の通りです。実際に日本は、世界有数の金の産出国であり、「小判」などの金貨も盛んに使われていました。

 

しかし、日本が奈良時代まで「金が出ない国」だったことは、さほど知られていません。金はあくまで異国でしか採れない鉱物。主に朝鮮半島からの輸入に頼っていたのです。その日本で、金が産出されるようになったきっかけ。それが、奈良時代の東大寺・大仏建立事業でした。本欄ではその「富の奇跡」について御紹介いたします。(本記事は2月24日付本欄の再掲版です)

 

 

 

「仏法の威力で、日本を繁栄させる」

20日付本欄では、「東大寺の大仏建立の背景にあった思想」をご紹介しました。大仏建立は『金光明最勝王経』に書かれた「鎮護国家」の教えに基づくもの。聖武天皇は詔で、「仏法の威力によって天地が安泰となり、末代までも残る立派な事業を成就させて、動物も植物も悉く栄えるようにと望む」と、大仏建立を宣言しました。(参照 http://the-liberty.com/article.php?item_id=9215 )

 

しかし、実際の建立事業は困難を極めました。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 大仏建立   東大寺  

Menu

Language