「虫食い」が飢餓を減らす 「食用ゴキブリ」がダメなら飼料に

 

昆虫食への注目が高まっている。国連食糧農業機関(FAO)が昨年5月、昆虫食が産業に発展する可能性があると報告して以来、日本でも『むしくいノート びっくり!たのしい!おいしい!昆虫食のせかい』(ムシモアゼルギリコ著、カンゼン)や『食べられる虫ハンドブック』(内山昭一著、自由国民社)など、昆虫食に関する書籍が出版され、各地でもイベントが開かれている。

 

そんな中、「昆虫食伝道師」を自称する篠原裕太氏がこのほど、ブロガーのイケダハヤト氏のサイトで昆虫食についてインタビューを受けた。慶応大学に在学中の篠原氏が昆虫を食べ始めたのは4歳の時。現在、自宅に4万匹の昆虫を飼い、日常的に食べているという。篠原氏が食べるのはコオロギやカミキリムシ、幼虫、クモ類、ひいてはゴキブリ(家に出るものではなく、野生のゴキブリを繁殖させている)など、多種多様だ。(食用昆虫科学研究会は、昆虫を食用にする際には加熱することを徹底するよう注意を呼びかけている)

 

「生きているものを食べている感覚が幸せ」と、心から昆虫食を愛する篠原氏は今後、「昆虫食学」の確立を目指すという。昆虫食の可能性について篠原氏は「バッタ類は栄養価が高いので、大量養殖技術を確立し、途上国とかにそのノウハウを輸出して現地でシステム化すれば、食料難も環境問題も雇用の問題も解決することができそうです」と語る。

 

FAOの報告書の中でも、昆虫は、生産効率の良いタンパク源として期待されている。同じ重さの牛肉と比べて、育てるのに必要な飼料が4分の1で済むからだ。また、昆虫は哺乳類と体の仕組みが違うため、昆虫の病気が人体に感染する可能性は極めて低いのも利点だ。清潔な環境での生産・加工ができれば、食用の抵抗感はずいぶん薄まるだろう。

 

さらにFAOは「生産が自動化されれば、家畜飼料として魚粉を昆虫の粉末で代替できる水準までコストを下げられるかもしれない」と指摘している。昆虫を食べることに抵抗がある人は多いが、飼料用にするならばハードルは下がるだろう。

 

このように、昆虫食は新たな食料品産業を生む可能性を秘めている。地球人口100億人時代を前に、食料の奪い合いによる戦争や飢餓を防ぐ手立てとしても有効だ。今後、食料危機の重要な解決策として、昆虫が新たなビジネスチャンスとなることを踏まえ、研究を進めるべきだろう。(晴)

 

【関連書籍】

幸福の科学出版 『もし湯川秀樹博士が幸福の科学大学「未来産業学部長」だったら何と答えるか』 大川隆法著

http://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1115

 

幸福の科学出版 『「宇宙人によるアブダクション」と「金縛り現象」は本当に同じか』 大川隆法著

http://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1150 

 

【関連記事】

2013年11月10日付本欄 常識にとらわれない発想で、100億人時代の食糧不足を解決しよう

http://the-liberty.com/article.php?item_id=6911

 

2013年9月12日付本欄 【注目書籍】世界がもし100億人になったら

http://the-liberty.com/article.php?item_id=6626

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

大川隆法 講演会

お申し込み

ウェブ予約を受付中

詳細をお送り致します
(自動返信)


下記のフォームから、本会場・宮崎県都城市総合文化ホールへのウェブ予約ができます。参加対象は、以下の条件を満たす方です。

・幸福の科学 未会員

※同伴されるお子様は「小学生以上」とさせていただきます。

※会員の方は所属の支部でお申し込みください。

※既に入場チケットをお持ちの方、支部経由で予約済の方は、申込の必要はございません。

※未成年の方は保護者の承諾を得た上で、保護者同伴にてお申し込みください。保護者の方の登録もお願いいたします。


講演会のウェブ予約は 2月1日(木) 18:00 まで受け付けております。

メールアドレス入力(空メール送信)時点では、まだ予約は成立しておりません。

受信制限をしている方は hsmail.org からのメールを受信できるよう設定してください。

QRコードを読み取り、そのまま空メールを送信いただいても結構です。

ようこそザ・リバティWebへ
月刊誌最新号
ザ・リバティweb無料メルマガ「お試し☆ニュース・クリップ登録
Other Languages
ザ・リバティweb Twitter
ザ・リバティweb Facebook
「THE FACT」 マスコミが報道しない「事実」を世界に伝える番組-YouTube
ザ・リバティWeb YouTubeチャンネル

Menu

Language