世界中の唯物論と戦う幸福の科学の覚悟 - 「宗教と唯物論の相克」 大川隆法 法話・霊言レポート

世界中の唯物論と戦う幸福の科学の覚悟 - 「宗教と唯物論の相克」 大川隆法 法話・霊言レポート

 

2014年1月号記事

 

法話・霊言レポート

 

世界中の唯物論と戦う幸福の科学の覚悟

「宗教と唯物論の相克」

11月10日 東京正心館

 

 

 現在の学校教育や科学技術の発展により、無神論や唯物論思想が蔓延している。しかし、こうした思想は、人間の聖なる部分を失わせ、動物や機械のレベルに引きずり落とすものだ。

 大川隆法総裁は、「私たちが戦っている相手は、世界中の唯物論」として、誤った思想を押しとどめ、世界に良き影響を与えていく決意を語った。

 

 

唯物論勢力に対する宗教の戦い

『利己的な遺伝子』の著者、リチャード・ドーキンスは、イスラム原理主義者によるワールド・トレード・センターへのテロ事件に際して「この世から宗教がなくなればすっきりする」と主張したが、大川総裁は、「だからこそ新しい宗教が必要」と力説。古い宗教では現代の教えに合わない部分もあるが、幸福の科学の教えは最先端の科学理論とも一致し、過去の世界宗教を融合できる普遍性もある。

 ドーキンスはまた、「DNAこそ魂の正体だ」との説を述べて、霊的なものを否定している。それに対して大川総裁は、魂やあの世の実在を証明するために、霊言集を矢継ぎ早に降ろしている。この積み重ねによって、霊界の存在を認めざるを得ない方向に揺さぶりをかけているのだ。

 

 

「自由の方向に向かって世界を開いている」

 大川総裁は、幸福の科学は「基本的には自由の方向に向かって世界を開いている」と述べた。この自由とは放縦を意味しない。「一定の規範を守りながら、目指すべき方向を間違わないようにしよう」と、あくまでも宗教的真理を根底に据えた、神に向かう自由であることを説明した。

 幸福の科学が発信するオピニオンには、この自由の息吹がある。特定の人物の考えや戒律で縛るのではなく、一人ひとりの可能性や多様性を重視している。これは、人間を国家の目的に奉仕する手段に貶め、尊さを奪う唯物論的思想とは正反対の立場に立つものだ。

 他にも本法話では、「比較宗教学から観た『幸福の科学』学入門─性のタブーと結婚・出家制度─」(本誌12ページ)でも触れられたタイの小乗仏教の問題点についても言及。日本とタイの友好関係は維持すべきだが、宗教の本質部分とはいえない小さな戒律にこだわること、「仏陀再誕」を否定する思想には問題があり、伝統文化のイノベーションが必要であると論じた。

 

 

ここに紹介したのは法話のごく一部です。詳しくは幸福の科学の施設で、ぜひご覧ください(下記参照)。

本霊言は、幸福の科学の全国の支部・精舎・拠点で公開中です。

幸福の科学に関するお問い合わせは

Tel:03-5793-1727 : 火~金/10:00~20:00 土日/10:00~18:00

Fax:03-5793-1713 : (24時間受付)

公式HP : happy-science.jpまで。

タグ: 2014年1月号記事  大川隆法  法話  唯物論  幸福の科学  宗教  自由  

大川隆法 大講演会

お申し込み

ウェブ予約を受付中

詳細をお送り致します
(自動返信)


下記のフォームから、本会場・幕張メッセへのウェブ予約ができます。参加対象は、以下の条件を満たす方です。

・幸福の科学 未会員

※同伴されるお子様は「小学生以上」とさせていただきます。

※会員の方は所属の支部でお申し込みください。

※既に入場チケットをお持ちの方、支部経由で予約済の方は、申込の必要はございません。

※未成年の方は保護者の承諾を得た上で、保護者同伴にてお申し込みください。保護者の方の登録もお願いいたします。


講演会のウェブ予約は 12月5日(火) 18:00 まで受け付けております。

メールアドレス入力(空メール送信)時点では、まだ予約は成立しておりません。

受信制限をしている方は hsmail.org からのメールを受信できるよう設定してください。

ようこそザ・リバティWebへ
月刊誌最新号
ザ・リバティweb無料メルマガ「お試し☆ニュース・クリップ登録
Other Languages
ザ・リバティweb Twitter
ザ・リバティweb Facebook
「THE FACT」 マスコミが報道しない「事実」を世界に伝える番組-YouTube
ザ・リバティWeb YouTubeチャンネル

Menu

Language