火星人の過去世の記憶を持つロシア人男性が話題に

 

ロシアのニュースサイト「Pravda.ru」が、21歳のロシア人男性が、火星人だった過去世の記憶を持っていることを何度も報じ、ちょっとした話題になっている。

 

これまで報じた3本の記事をまとめてみると、男性の名前は、ロシア南部のヴォルゴグラード州に住むボリス・キプリヤノヴィッチ氏(通称:ボリスカ21歳)。生まれてすぐに、母親を凝視する特異な子供だったと、小児科医である母親は言う。

 

男性は、生後15日で首が座り、4カ月で発語、1歳半で新聞の見出しを読めるという早熟だった。2歳から絵を習い幼稚園に通うと、保育士はすぐにこの子のたぐいまれな頭の回転の早さや独特の記憶力に気付く。誰が教えたわけでもないのに、宇宙について話すようになり、ある時は90分も話し続けた。しかも、それは次のような驚くべき内容だった。

 

  • 自分の過去世は火星人だった。

  • 火星は昔、核戦争で荒廃して大気を失い、火星人は現在、地下都市に住んでいる。

  • 火星人は二酸化炭素で呼吸をしている。自分は地球の肉体に生まれ変わったので酸素で呼吸をするが、そのせいで老化が早い。火星人は皆若く、30代くらいにしか見えない。

  • 火星人は背が高い(プラウダの記事では7メートルだが、イギリス紙は7フィート)。

  • 火星人はサイキック能力を持ち、知的で侵略的ではない(母親は、ボリスカが神秘的なチャネルを通じて情報を得ているのを目撃している)。

  • 地球の古代文明であるレムリヤ文明の時に、地球を観察しに来た。その時はUFOのパイロットだった。

  • レムリヤ文明が滅んだのは、人間が霊性の開発を止め、惑星内で調和できなかったため。

  • 死ぬのは怖くない。なぜなら我々は永遠に生きているのだから。

 

誰もボリスカに知識を植え付けたわけではないのに、彼は2歳から太陽系内の惑星や衛星、銀河の話をし始めた。また、非常に霊的な持ち主であり、潜水艦事故や学校への襲撃など、心を痛めるような事件が起きると、体の内部から焼けるような痛みを感じるという。

 

2005年の夏、ボリスカは、ロシア科学アカデミーの科学者たちの関心を引いた。彼を調査したウラジスラフ・ルゴヴェンコ教授によると、この20年間、世界中でこのような特殊な能力を持つ子供たちの存在が報告されているという。

 

ボリスカのような人間の出現は、「宇宙人が存在しているということ」「生命は永遠であり、転生輪廻しているということ」「それらは地球人だけではなく、宇宙の真理である」ということを示しているのではないか。(純)

 

【参考記事】

プラウダ 2005年10月29日

http://www.pravdareport.com/society/anomal/29-10-2005/9151-boriska-0/

 

プラウダ 2008年5月5日

http://www.pravdareport.com/science/mysteries/05-03-2008/104375-boriska_boy_mars-0/

 

プラウダ 2017年11月9日(火星人のボリスカ、未だ謎)

http://www.pravdareport.com/society/anomal/09-11-2017/139143-boriska_mars-0/

 

日本語の記事

http://karapaia.com/archives/52248956.html

 

【関連記事】

2012年4月号 宇宙人リーディングとは何か― 人類の隠された過去を明かす

http://the-liberty.com/article.php?item_id=3865

 

2011年6月11日付本欄 【公開霊言動画】宇宙人リーディング―宇宙人の魂が明かす衝撃の事実

http://the-liberty.com/article.php?item_id=2161

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language