新しい考え方で「国難」を打ち破る - 大川隆法総裁 講演会Report

新しい考え方で「国難」を打ち破る - 大川隆法総裁 講演会Report

 

2017年12月号記事

 

大川隆法総裁 講演会Report

新しい考え方で「国難」を打ち破る

 

「『自分の国は自分で守れ』講義」

2017年9月24日 東京正心館

 

 北朝鮮の核・ミサイル危機が高まる中、安倍晋三首相は衆議院を解散し、総選挙が行われた。

 安倍首相は「国難突破解散」と銘打ったが、大川隆法・幸福の科学総裁は、23年前から北朝鮮の脅威を「国難」として警鐘を鳴らしてきた。今、国防の危機は誰の眼にも明らかになっている。大川総裁は、国師として日本にメッセージを送った。

 解散直前の9月24日には、著書『自分の国は自分で守れ』の講義として法話を行った。ヒトラーへの宥和策が先の大戦を招いた歴史を引き、「対話するなどと言っていれば済む相手とそうではない相手がいるので、本質を見抜かなければならない」と、北朝鮮への軍事行動に反対する勢力を牽制した。

 その上で、「北朝鮮問題を上手に解決することができれば、中国を西側の方に誘い込むことも可能でしょう。そうなれば、中国との戦いをしないで済む可能性が高くなる」と述べ、東アジアの冷戦に終止符を打つべきと主張した。

 

 

「危機のリーダーシップ」

2017年10月1日 名古屋正心館

 

危機を招いた日本の責任

 10月1日には「危機のリーダーシップ」と題した法話を行った。解散後、民進党の事実上の解党や新党の立ち上げが続いたことを受け、「まさしく今、危機の時代のリーダーシップを取れるような人を選ばなければいけない時代が来ている」「神仏の前で恥じないぐらいの人でないと、政治家は務まらない」と、国会議員のドタバタ劇が繰り広げられている現状を嘆いた。

 さらに北朝鮮の危機について、「日本自身のつくり出した危機でもある」「外国に野心を抱かせるような隙がある考え方を国是とした」と、戦後政治に反省を迫った。

 選挙において教育無償化など、「バラまき合戦」が行われるのは国民にも問題があると喝破。社会福祉が手厚くなりすぎれば国が滅びると警告した。

 

やはり、「自分の国は自分で守り、自分の国は自分で発展させる」という気持ちを持たなくてはいけないのです。

 

 

「日本の進む道」

2017年10月9日 東京正心館

 

「少子化問題の本質とは」

 9日には、法話「日本の進む道」を説いた。「国防はアメリカに任せ、日本は経済発展を最優先する」という国家指針、いわゆる「吉田ドクトリン」は、今もなお日本に影を落としている。

 大川総裁は、この方針を維持するなら、「北朝鮮は数年以内に核大国としての姿を現してくる」「局地戦で終わるかもしれないものが、第三次世界大戦に飛び火していく可能性がないとは言い切れない」と警鐘を鳴らした。

 少子化対策として、幼稚園や保育所の無償化を進めることの間違いも指摘した。少子化の原因は、年金が支給され、個人で親の面倒を見なくてよくなったからであり、教育無償化で親孝行な子供もいなくなり、ますます少子化が進んでいくと、問題の本質を鋭く突いた。

 

「人間を超えた大いなるものがいつも導いているのだ」という謙虚な気持ちを持たない限り、間違いは起きてしまうでしょう。

 

 

「国家繁栄の条件」

2017年10月15日 大阪正心館

 

無税国家論はいまだ有効

 15日には、「国家繁栄の条件」と題し、主に減税について語った。

 衆院選では、幸福実現党のみが消費税5%への減税を訴えた。

 大川総裁は、故・松下幸之助氏が提唱した「無税国家論」に触れ、「減税など非現実」という今の「常識」を変えるべきだと訴えた。

 財政赤字が増え続けたのは、「単なる人気取りや目先の利益のために使われ、国のためになっていないものにまかれたものが多かった」と歴代政権を批判。同時に、「稼いだお金をどう使うかは、自分で決められるほうが幸福」「大きな政府や大きな地方自治体に丸抱えしてもらえることをあまり喜んではいけない」と、国民に自立を促した。

 日本と世界の困難を打開するため、大川総裁は国師として、新たな指針を示し続けている。

 

(減税は)「非現実ではないのだ。本気で考えればできるが、考えなければできないのだ」ということを知るべきです。

 

Book 日本の未来を創るために

『自分の国は自分で守れ 「戦後政治」の終わり、「新しい政治」の幕開け』

『自分の国は自分で守れ 「戦後政治」の終わり、「新しい政治」の幕開け』

核・ミサイル危機に自国で対処できず、バラまき選挙で1100兆円の財政赤字を生んだ、従前の政治に反省を求めた一書。

『危機のリーダーシップ いま問われる政治家の資質と信念』

『危機のリーダーシップ いま問われる政治家の資質と信念』

9月24日(東京)と10月1日(名古屋)の講演を収録。「解散権の私物化」の問題や、小池新党の政策の矛盾を指摘。

『国家繁栄の条件 「国防意識」と「経営マインド」の強化を』

『国家繁栄の条件 「国防意識」と「経営マインド」の強化を』

10月9日(東京)と15日(大阪)の講演を収録。国家運営に必要な経営の視点や消費税を下げる必要性などを説いた。

『緊急守護霊インタビュー 金正恩vs.ドナルド・トランプ』

『緊急守護霊インタビュー 金正恩vs.ドナルド・トランプ』

8月29日、北朝鮮のミサイルが日本上空を通過した直後に収録した、両者の守護霊霊言。

『守護霊インタビュー 金正恩 最後の狙い』

『守護霊インタビュー 金正恩 最後の狙い』

10月11日に収録した金正恩氏の守護霊霊言。追い詰められる北朝鮮の状況がうかがえる。

『吉田茂元首相の霊言 戦後平和主義の代償とは何か』

『吉田茂元首相の霊言 戦後平和主義の代償とは何か』

吉田茂は、何を間違ったのか。北朝鮮危機を招いた原点にある「吉田ドクトリン」とは。

※いずれも大川隆法著、幸福の科学出版刊。

タグ: 2017年12月号記事  大川隆法  講演会  衆議院  国難突破  少子化  無税国家  リーダーシップ  減税  北朝鮮  

大川隆法 大講演会

お申し込み

ウェブ予約を受付中

詳細をお送り致します
(自動返信)


下記のフォームから、本会場・幕張メッセへのウェブ予約ができます。参加対象は、以下の条件を満たす方です。

・幸福の科学 未会員

※同伴されるお子様は「小学生以上」とさせていただきます。

※会員の方は所属の支部でお申し込みください。

※既に入場チケットをお持ちの方、支部経由で予約済の方は、申込の必要はございません。

※未成年の方は保護者の承諾を得た上で、保護者同伴にてお申し込みください。保護者の方の登録もお願いいたします。


講演会のウェブ予約は 12月5日(火) 18:00 まで受け付けております。

メールアドレス入力(空メール送信)時点では、まだ予約は成立しておりません。

受信制限をしている方は hsmail.org からのメールを受信できるよう設定してください。

ようこそザ・リバティWebへ
月刊誌最新号
ザ・リバティweb無料メルマガ「お試し☆ニュース・クリップ登録
Other Languages
ザ・リバティweb Twitter
ザ・リバティweb Facebook
「THE FACT」 マスコミが報道しない「事実」を世界に伝える番組-YouTube
ザ・リバティWeb YouTubeチャンネル

Menu

Language