アメリカの大学生死亡で、米国内の対北朝鮮世論が一気に悪化

アメリカの大学生死亡で、米国内の対北朝鮮世論が一気に悪化

 

《本記事のポイント》

  • 北朝鮮に拘束されていた米学生が死亡し、米国内で北への人権侵害批判が高まっている。
  • アメリカが批判の根拠にする基本的人権には、宗教的な信条がある。
  • 北朝鮮の体制転換には、経済制裁や軍事圧力に加え、思想の啓蒙が必要だ。

 

北朝鮮に2016年1月から拘束され、昏睡状態のまま、先週の6月13日にアメリカに帰国したばかりだったアメリカ人で元バージニア大学生のオットー・ワームビア氏が、19日に亡くなったことを家族が発表した。

 

トランプ米大統領は、「法の支配や基本的人権を尊重しない体制による無実の人々への悲劇を防ぐ、我が政権の決意は一層深まった」と述べ、北朝鮮を強く非難した。

 

 

米国内で高まる対北朝鮮非難の声

アメリカでは、北朝鮮の人権侵害に対する非難の声がこれまで以上に強まっている。

 

共和党のロブ・ポートマン上院議員は「北朝鮮政権が1年以上(ワームビア氏に対する)領事面会を許可しなかったのは、どれだけ人権を無視しているかを示す事例だ」と批判。

 

民主党のエドワード・マーキー上院議員も「ワームビア氏が非常に重篤な状況に陥っているのにもかかわらず、北朝鮮が同氏を長期間拘束したのは、普遍的な人道規範に違反しており、容認できない行動だ」と非難した。

 

自国民が北朝鮮に捕らえられ、昏睡状態で解放されたことを考えれば、北朝鮮への批判の声が高まるのは当然だ。「北朝鮮に対して報復すべきだ」という気運も強まりつつある。

 

特に、人権意識が強いアメリカ国民が犠牲となった事件は、今後の米朝関係を一気に緊張化させる「引き金」になる可能性もあると言われている。

 

 

人権の根拠は「人間は神の子」という思想

アメリカが批判の根拠にする基本的人権のバックボーンには、宗教的な信条がある。アメリカ独立宣言には、「すべての人間は生まれながらにして平等であり、その創造主によって(中略)不可侵の権利を与えられている」と書かれている。

 

それについて、大川隆法・幸福の科学総裁は著書『宗教立国の精神』の中でこう述べている。

 

アメリカの独立宣言やリンカンの演説にある、『人間は平等につくられている』という言葉のなかには、明らかに、『神の子としての本質、尊厳、そういう立派なものが人間のなかに宿っている』という思想が流れており、それが、キリスト教のなかにも入っていることは絶対に否定できないのです(中略)近代のキリスト教国における『人権思想』というものは、日本で言う『人間は神の子、仏の子である』という考え方と同じものであり、表現が違うだけなのです

 

北朝鮮では、信教の自由がないに等しい。北朝鮮のキリスト教徒は、聖書を保持しているだけで逮捕され、拷問で殺されることもあるという。無神論国家の北朝鮮には「人間は、神の子・仏の子であり、大切にすべき素晴らしい存在である」という考え方がないために、人の命が極めて軽く扱われ、あらゆる人権が侵害されている状態だ。

 

 

思想の啓蒙で内側からの改革を

北朝鮮の独裁体制や、人権問題を解決するには、経済制裁や軍事的な圧力など、外部からの力に加え、一人ひとりの心を変える思想的な啓蒙も必要になってくる。

 

以前、本欄では、命懸けで北朝鮮の地下教会にキリスト教を布教する脱北者の活動を紹介したが、その方は「独裁政権を崩壊させる重要な要素の一つが宗教の力だと思う」と語っていた(文末の関連記事参照)。

 

北朝鮮内部には、金正恩体制に批判的な政府高官や国民も少なくない。北朝鮮の民主化を使命としている脱北者が数多くいる。こうした力を結集し、北朝鮮への啓蒙を進め、内側からの体制転換のうねりを起こしていくことが必要だ。

(小林真由美)

 

【関連書籍】

幸福の科学出版 『宗教立国の精神』 大川隆法著

https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=89

 

【関連記事】

2017年4月27日付本欄 北朝鮮における過酷な宗教弾圧 それでも信仰を手放さない信者が語る「宗教の力」

http://the-liberty.com/article.php?item_id=12933

 

2017年7月号 脱北者 Interview - 北朝鮮の人々は民主化を求めている

http://the-liberty.com/article.php?item_id=13030

 

2017年6月2日付本欄 元政府幹部の脱北者が語る 北朝鮮を生き返らせた韓国の「太陽政策」(前編)

http://the-liberty.com/article.php?item_id=13084

タグ: アメリカ  大学生  死亡  北朝鮮  世論  経済制裁  軍事圧力  トランプ  基本的人権  報復  

大川隆法 講演会

お申し込み

ウェブ予約を受付中

詳細をお送り致します
(自動返信)


下記のフォームから、本会場・宮崎県都城市総合文化ホールへのウェブ予約ができます。参加対象は、以下の条件を満たす方です。

・幸福の科学 未会員

※同伴されるお子様は「小学生以上」とさせていただきます。

※会員の方は所属の支部でお申し込みください。

※既に入場チケットをお持ちの方、支部経由で予約済の方は、申込の必要はございません。

※未成年の方は保護者の承諾を得た上で、保護者同伴にてお申し込みください。保護者の方の登録もお願いいたします。


講演会のウェブ予約は 2月1日(木) 18:00 まで受け付けております。

メールアドレス入力(空メール送信)時点では、まだ予約は成立しておりません。

受信制限をしている方は hsmail.org からのメールを受信できるよう設定してください。

QRコードを読み取り、そのまま空メールを送信いただいても結構です。

ようこそザ・リバティWebへ
月刊誌最新号
ザ・リバティweb無料メルマガ「お試し☆ニュース・クリップ登録
Other Languages
ザ・リバティweb Twitter
ザ・リバティweb Facebook
「THE FACT」 マスコミが報道しない「事実」を世界に伝える番組-YouTube
ザ・リバティWeb YouTubeチャンネル

Menu

Language