「カーズ/クロスロード」 - リバティWeb シネマレビュー

「カーズ/クロスロード」 - リバティWeb シネマレビュー

 

2017年8月号記事

 

Movie

 

「カーズ/クロスロード」

 

人生の岐路で見つけたものとは?

【公開日】
2017年7月15日(土) 全国公開
【配給等】
配給/ウォルト・ディズニー・ジャパン
【スタッフ】
監督/ブライアン・フィー
【キャスト】
声の出演/オーウェン・ウィルソン、クリステラ・アロンツォ、アーミー・ハマーほか
【日本語版】
声の出演/土田大、松岡茉優、藤森慎吾ほか

 

 

【レビュー】

 ディズニー/ピクサーのアニメーション最新作は、クルマが主人公なのに人間らしくてジンとくるレーサーの物語。

 華々しく活躍する天才レーサーのマックイーンは、あるレースで新人のストームに逆転優勝を許す。ストームは、最新テクノロジーを限界まで追求し、驚異のスピードを実現した次世代レーサー。同じ時代にレースを戦ってきたクルマたちが次々と引退に追い込まれる中、マックイーンは奮い立つが、シーズン最後のレースで衝撃的なクラッシュを起こしてしまい──。

 レースやスポーツの世界ならずとも、ライバルの出現や時代の変化などで"人生の岐路"に直面することはある。失望や先が見えない苛立ち、でも諦めきれない悔しさ……。そうした挫折の中で、もがきながらも立ち上がるストーリーは、「自分も頑張ろう」と発奮する勇気をくれる。中でも、最後のチャンスにかけたクルマたちの決断には心が熱くなる。

 目玉がついたクルマが人間のように生活しているという世界観は子供向けに見えるが、大人も充分楽しめる。フルCGで再現するレースのスピード感や振動などの臨場感も見どころ。

 

ザ・リバティWeb シネマレビュー

「カーズ/クロスロード」

(星4つ。満点は★5つ)

タグ: 2017年8月号記事  シネマレビュー  カーズ  ディズニー  オーウェン・ウィルソン  土田大  松岡茉優  

Menu

Language