大川隆法総裁「トランプ氏は近く、大規模攻撃を行う」と予測 幸福実現党大会にて

大川隆法総裁「トランプ氏は近く、大規模攻撃を行う」と予測 幸福実現党大会にて

 

《本記事のポイント》

  •  トランプ氏は近いうち、短期間の大規模攻撃を行う
  • 「北朝鮮崩壊」を「中国民主化」につなげることが鍵
  •  釈量子党首「日本の盾になりたい」

 

大川隆法・幸福実現党創立者兼総裁は4月30日、東京都内のニッショーホールで、「立党8年目の真実」と題して講演を行い、トランプ米大統領の北朝鮮への軍事行動を予測した。

 

日本のメディアや評論家からは、「話し合いでの解決」を望む声もある。また、トランプ氏は北朝鮮に圧力をかけつつも、最終的には軍事攻撃に踏み切れないとする声も多い。

 

それに対して大川総裁は、「結論から言いますと、私は、アメリカは攻撃すると思います。それはそう遠くない。もうかなり近い」と予測した。

 

 

戦闘の「泥沼化」を避けるための短期決戦

アメリカの歴代政権の対話路線も、オバマ政権の「戦略的忍耐」も、単なる核開発の時間稼ぎにしかならなかった。北朝鮮が話し合いによって核放棄をしないことは、明らかだ。

 

また、現在のような緊張状態をあまり長く引きずると、中国やロシアが裏で軍事的に手を回すなどして、いざ戦闘が始まった場合に、泥沼化する恐れもある。トランプ政権が、現状を静観できる猶予はあまりない。

 

攻撃の規模に関して、大川総裁は「攻撃するときには、短期間に、大規模な攻撃が行われるはずです」と予測した。

 

 

北朝鮮崩壊を、中国民主化につなげる

さらに大川総裁は、北朝鮮崩壊後の道筋についても言及した。

 

トランプ氏は現時点では、習近平氏と協調姿勢を見せている。しかし、北朝鮮問題を終わらせた次には、経済的・軍事的に、中国の覇権を潰すつもりだという。

 

この流れを見越した上で、「北朝鮮の政権は崩壊すると思いますが、崩壊する過程において、それだけで止まらずに、それを中国の民主化・自由化につなげていくことが大事だと思います」と、思想的な包囲網を形成することの重要性を指摘した。

 

 

2009年から訴えていた対北防衛

会場となったニッショーホール

今回の講演は、立党8年目を迎える幸福実現党全国大会の中で行われた。大川総裁は、その歩みについても振り返った。

 

同党の立党の一つのきっかけとなったのは、2009年4月に北朝鮮が行ったミサイル発射実験だった。そのミサイルに対して、当時の自民党・麻生政権は、「ミサイルかロケットか分からない」という意味の「飛翔体」いう言葉を使い、各メディアもそれに追随した。北朝鮮との摩擦を避けるためだった。

 

自民党政権が、この危機に対して何ら対処できない状況を見かねて、幸福実現党はつくられた。

 

現在のように「北朝鮮のミサイル発射」という言葉が堂々と使われ、ミサイル着弾時の避難・防衛対策が政府から周知されるような状況になるまで、8年がかかったということだ。

 

その間、北朝鮮は核実験・ミサイル実験を進め、核弾頭を積み、アメリカ本土に届くICBM(大陸間弾道ミサイル)を開発しつつある。

 

大川総裁は、この政治・世論の遅れを生む、日本の問題点についても指摘した。

 

また、アベノミクスが、消費税率の引き上げで失敗したことに触れつつ、今後の経済政策を軌道修正させるためには、「トランプノミクス」の発想から学ぶべきことが多いと述べた。

 

最後に「幸福実現党が、この地上に存在する限り、世界は、自由・民主主義・平和が最終的に続いていくかたちになると思います」と、講演を締めくくった。

 

 

釈量子党首「日本の盾になりたい」

講演の後には、釈量子・幸福実現党党首が挨拶に立った。

 

北朝鮮については、「脱北者とも会ったが、まさに地上の地獄。動物以下の扱いを受け、神仏の子が涙を流している」と、問題の早期解決を訴えた。

 

また、「私たちが日本の盾になりたいと思っている。いざ、憲法9条を改正しようとなったら、誰が国民を説得するのか」として、党勢を広げながら、正々堂々とオピニオンを発していく覚悟を述べた。

 

情勢が切迫している今だからこそ、日本や世界が向かうべき道筋を示す「先見力」と、恐れずに必要なことを訴えていく「勇気」が、政治家には求められている。そうした中で、幸福実現党が、今後どのような影響を政界・世論に及ぼしていくか、要注目だ。

挨拶をする釈量子・幸福実現党党首

 

なお、大川総裁は講演で、以下のような論点にも言及した。

  • 日本の「言論の自由」の実態
  • 宗教と政治を分離できない理由
  • トランプ氏の行動を予測するにあたっての能力・性格の分析
  • アメリカが軍事行動をするに際して、恐れていること
  • 北朝鮮崩壊に際して、革命人材が出てくる可能性
  • 今後の「財政再建」における政府の思惑
  • 日本政府の財政状況に対する正しい見方

 

この法話は、幸福の科学の全国の支部、精舎、拠点において、拝聴できます。

支部や精舎への問い合わせは、以下の連絡先まで。

・幸福の科学サービスセンター

 Tel:03-5793-1727 : 火~金/10:00~20:00 土日/10:00~18:00

・同グループサイトの支部や精舎へのアクセス

 http://map.happy-science.jp/まで。

 

【関連サイト】

幸福実現党2009年 主要政策

http://publications.hr-party.jp/files/policy/2009/001/origin/all.pdf

 

【関連記事】

2016年11月9日付本欄 米大統領選 トランプ氏の勝利は1月に予言されていた

http://the-liberty.com/article.php?item_id=12177

 

2016年7月5日付本欄 7年前から「北朝鮮」と「増税路線」に警鐘を鳴らしていた幸福実現党の先見性

http://the-liberty.com/article.php?item_id=11444

タグ: 大川隆法  トランプ  幸福実現党  北朝鮮  攻撃  中国  民主化  ミサイル  核実験  釈量子  

大川隆法 IN 東京ドーム

お申し込み

ウェブ予約を受付中

詳細をお送り致します
(自動返信)


上記のフォームから、本会場・東京ドームへのウェブ予約ができます。参加対象は、以下の条件を満たす方です。

・幸福の科学 未会員

※同伴されるお子様は「小学生以上」とさせていただきます。

※会員の方は所属の支部でお申し込みください。

※既に入場チケットをお持ちの方、支部経由で予約済の方は、申込の必要はございません。

※未成年の方は保護者の承諾を得た上で、保護者同伴にてお申し込みください。保護者の方の登録もお願いいたします。


QRコードを読み取り、そのまま空メールを送信いただいても結構です。

講演会のウェブ予約は 7月29日(土) 18:00 まで受け付けております。

メールアドレス入力(空メール送信)時点では、まだ予約は成立しておりません。

受信制限をしている方は hsmail.org からのメールを受信できるよう設定してください。

ようこそザ・リバティWebへ
月刊誌最新号
「守護霊とは何か」動画はこちらをクリック
新宗教15の疑問 - Part2 幸福の科学への14のギモンを検証する
いますぐ有料購読する
ザ・リバティweb無料メルマガ「お試し☆ニュース・クリップ登録
Other Languages
ザ・リバティweb Twitter
ザ・リバティweb Facebook
「THE FACT」 マスコミが報道しない「事実」を世界に伝える番組-YouTube
ザ・リバティWeb YouTubeチャンネル

Menu

Language