信仰心を「洗脳」と言う無明 宗教の正邪が分からない「洗脳ライター」の罪

信仰心を「洗脳」と言う無明 宗教の正邪が分からない「洗脳ライター」の罪

ムハンマドに天啓を授けるガブリエル。宗教の多くは霊言から始まっている。

 

2017年5月号記事

 

信仰心を「洗脳」と言う無明

宗教の正邪が分からない「洗脳ライター」の罪

 

 信仰心が分からないと、善悪が逆転して見える典型的な例だ。

 フリーライターの藤倉善郎氏が「新潮45」2017年4月号に、「幸福の科学 その『洗脳力』の研究」と題する記事を書いた。

 一般的に「洗脳」とは、人をだましたり、情報を遮断したりして反社会的な内容を教え込み、自由意志を奪うことを指す。オウム教や統一教会などの邪教は、自主的に入信する人が極めて少ないため、問題ある勧誘をしてきた。

 一方、教えと活動に自信がある幸福の科学では、信者は正々堂々と信仰告白し、行事への参加や入信を勧めている。修行スタイルも情報遮断とは程遠く、大川隆法総裁の著作に限らず、1000冊以上の教養書を読み、新聞などで日々のニュースに関心を持つことを薦められる。幸福の科学は、開かれた知の体系を持ち、現代的問題にも答えを出せる「教養宗教」だからだ。

 こうした学びを推奨するのは、幸福の科学は、すべての人を幸福にしたいという志を持っているためだ。さまざまな課題や考え方を持つ人たちを幸福に導くには、宗教的な「智慧」を獲得した人を数多く生み出す必要がある。この志を見ても、「組織的な洗脳によってものを考えないようにする」という邪教やカルトとはまったく異なる宗教といえる。

 

続きは2ページ目以降へ

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2017年5月号記事  信仰心  洗脳  ライター  藤倉善郎  新潮  幸福の科学  仏陀  コーラン  オウム  統一教会  

Menu

Language