新幹線開通で進化する北陸の底力

新幹線開通で進化する北陸の底力

Goryu / PIXTA(ピクスタ) mirei / PIXTA(ピクスタ)

 

2016年12月号記事

 

新幹線開通で進化する

北陸の底力

 

北陸新幹線の開通から1年8カ月。

富山・石川・福井の北陸3県で

起きている変化を探るため、東京から2時間半の現地に向かった。

(編集部 河本晴恵、片岡眞有子 / 写真 中村和仁)

 

クリックで拡大

 

データで見る北陸新幹線パワー

 

移動時間が短縮

  • 東京~金沢間 227分→148分 79分短縮
  • 東京~富山間 191分→128分 63分短縮
在来線特急利用と比較。

 

 

開通約1年で乗車人数1000万人突破!

在来線特急利用と比べて約3倍増

JR西日本調べ。2016年4月13日時点で1000万人到達。

 

 

地価が上昇

  • 石川県内の商業地→24年ぶり上昇
  • 金沢駅周辺の地価上昇率 名古屋駅周辺、大阪駅周辺に次いで→全国7位
  • 福井県内の商業地→15年ぶり上昇
国土交通省「公示地価」2016年1月1日現在。

 

 

富山1県で421億円の経済効果!

東京スカイツリー1基分(建設費約400億円)

(うち、観光:154億円、産業:267億円)

北陸新幹線開業に伴う、富山県内での経済波及効果。
同県「経済波及効果(速報値)」より。

 

 

求人倍率アップ 大都市圏超え

2014年3月→2016年3月

北陸3県 1.38→1.59倍

関東 1.08→1.35倍

全国平均 1.07→1.30倍

近畿 1.01→1.22倍

「有効求人倍率」経済産業省「2014年4-6月期地域経済産業調査」「2016年4-6月期地域経済産業調査」より。

 

 

出生率アップ 全国平均超え

2014年→2015年

福井 1.55→1.63人

石川・富山 1.45→1.51人

全国平均 1.42→1.46人

「合計特殊出生率」厚生労働省「2015年人口動態統計月報年計(概数)の概況」より。

 

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

インタビュー / 北陸に訪れた100年に一度の発展のチャンス 藤澤和弘氏

ビジネスに利く北陸の3つの底力

日本の「底力」で閉塞感を打ち破る

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2016年12月号記事  北陸  富山  石川  福井  北陸新幹線  発展  時間  経済  ビジネス  鋳物  炭素繊維  宇宙  強み  

Menu

Language