ペルー人容疑者は記憶喪失? 埼玉連続殺人の霊的背景を考える

 

「仕事をしていて、気がついたら病院にいた」「事件のことは知らない、分からない」

 

埼玉県熊谷市の連続殺人事件の容疑者でペルー人のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタンは、こう供述した(10月9日付産経新聞)。

 

ナカダ容疑者は、侵入先の家屋2階から転落し、重症を負って入院していたが、取り調べなどに対応できるまでに回復し、8日、逮捕された。容疑は熊谷市の夫婦を失血死させた事件。同市内で起きた親子3人を含めた4人の死亡についても関与が疑われている。転落してから身柄は押さえられているため、事件に関わっていることは確実だ。はたして、シラを切って大ウソをついているのか、それとも、本当に記憶がないのか――。

 

実は、こうした凶悪犯罪を起こした犯人が、事件当時の記憶がなかったり、あいまいだったりするケースは多い。2008年に東京・秋葉原で7人が殺害された事件の被告も、殺害の瞬間など肝心な部分を「思い出せない」と語っている。

 

 

悪霊に憑依されていた?

こうしたケースでは、「悪霊」などに憑依されて事件を起こしている可能性が高い。記憶があいまいになってしまうのは、自分ではなく、悪霊が肉体を支配しているためだ。現代の医学では精神疾患に分類される症状も、悪霊や悪魔が原因となっている場合がある。

 

ナカダ容疑者にも身柄拘束前に不可解な行動がみられたという。転落して身柄を確保される直前、自分の腕を切りつけていた。事件現場には血で文字を残し、勤務していた工場を辞める時、その理由について「背広を着た人に追われている」など、意味不明なことを言っていたこともわかっている。

 

また、ペルーに住むナカダ容疑者の姉は「弟は普通だったが、日本に行って精神的に病んでしまった。『誰かに追いかけられている、自分は殺される』と言っていた」と証言。容疑者は以前、容疑者の兄が起こした殺人事件を目撃し、精神的にショックを受けていたとも明かした (9月18日付zakzak)。

 

ナカダ容疑者の兄は、ペルーで17人を殺害した罪で現在服役中だ。彼はテレビインタビューに対し、「私は犯罪者ではなく浄化人(cleaner)だ。社会から同性愛者やホームレスを取り除いた。腐った世の中を浄化するために25人を殺した」と述べている。現在、精神疾患の治療も受けている(The Guardian紙)。

 

こうした一連の状況から考えると、ナカダ容疑者が悪霊に憑依されて事件を起こした可能性は高い。そのため、本当に記憶が「ない」可能性もある。

 

 

悪しき心が悪霊を引き寄せる

ただ、悪霊が関与しているからといって、容疑者に責任がないということではない。

 

悪霊憑依の謎を解く鍵の一つが「波長同通の法則」だ。これは、自分と似たような心の波長を持った霊が引き寄せられてくるという法則だ。嫉妬や恐怖、怒りや失望といったマイナスの心を持っていると、悪い霊たちを引き寄せてしまう。逆に、他人に見られても恥ずかしくないような良き心を持っていれば、悪霊の影響はほとんど受けない。また、悪霊は、憑依している人間のマイナスの心がなくなり、「居心地」が悪くなると、憑いている者に縁を持つ家族や知人に憑依することもある。

 

つまり、ナカダ容疑者自身の悪しき心が悪霊を引き寄せており、それは、兄に憑いていたものと同一の霊存在である可能性があるということだ。今回のような凶悪犯罪において、罪を裁く際、そして再発防止策を考える際に、以上のような霊的知識をもって対応する必要がある。(瑛)

 

【関連書籍】

幸福の科学出版 大川隆法著 『エクソシスト概論 あなたを守る、「悪魔祓い」の基本知識Q&A』 

https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1223

 

幸福の科学出版 大川隆法著 『エクソシスト入門 実録・悪魔との対話』

https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=98

 

幸福の科学出版 大川隆法著 『地獄の方程式 こう考えたらあなたも真夏の幽霊』

https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=968

 

【関連記事】

Web限定記事 佐世保の同級生殺害事件、精神疾患、お盆の先祖供養を霊的視点から考える

http://the-liberty.com/article.php?item_id=8279

 

2012年2月号記事 幸・不幸を分ける「心の法則」 Part3

http://the-liberty.com/article.php?item_id=3572

 

2009年12月号記事「悪魔」のささやきに勝つ!

http://the-liberty.com/article.php?item_id=890

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

大川隆法 大講演会

お申し込み

ウェブ予約を受付中

詳細をお送り致します
(自動返信)


下記のフォームから、本会場・幕張メッセへのウェブ予約ができます。参加対象は、以下の条件を満たす方です。

・幸福の科学 未会員

※同伴されるお子様は「小学生以上」とさせていただきます。

※会員の方は所属の支部でお申し込みください。

※既に入場チケットをお持ちの方、支部経由で予約済の方は、申込の必要はございません。

※未成年の方は保護者の承諾を得た上で、保護者同伴にてお申し込みください。保護者の方の登録もお願いいたします。


講演会のウェブ予約は 12月5日(火) 18:00 まで受け付けております。

メールアドレス入力(空メール送信)時点では、まだ予約は成立しておりません。

受信制限をしている方は hsmail.org からのメールを受信できるよう設定してください。

ようこそザ・リバティWebへ
月刊誌最新号
ザ・リバティweb無料メルマガ「お試し☆ニュース・クリップ登録
Other Languages
ザ・リバティweb Twitter
ザ・リバティweb Facebook
「THE FACT」 マスコミが報道しない「事実」を世界に伝える番組-YouTube
ザ・リバティWeb YouTubeチャンネル

Menu

Language