「お寺が消える時代」に考えたい 本当に安心できる「終活」 Part1

「お寺が消える時代」に考えたい 本当に安心できる「終活」 Part1

 

2015年11月号記事

 

「お寺が消える時代」に考えたい

本当に安心できる「終活」

 

人生を後悔なく締めくくれるように備える「終活」がブームだ。しかし一方で、葬儀の担い手であった僧侶の存在意義が問われ、全国でお寺が消えている。「0葬」「自然葬」などで済まそうとしている人もいる今、「本当に安心できる終活」とは何かを考えたい。

(編集部 河本晴恵、山本慧、冨野勝寛)

 


contents

 

 

 8月、関東地方のあるショッピングモールで、人生の終わりに備える「終活セミナー」が開かれた。この日は記者を含めて約10人が参加し、ほとんどが60代~70代ぐらいの団塊の世代だった。

 セミナーで講師が話すのは、亡くなった後に家族に迷惑をかけないための「葬儀」「相続」「保険」などのテーマ。生き生きと話す講師とは対照的に、参加者は暗い表情を浮かべていた。

 その後記者は、死を疑似体験できる「入棺コーナー」に立ち寄った。棺の中に寝ころぶと、不思議と安らかな気持ちになり、自分の人生を振り返りたくなった。

 今、こうしたセミナーは全国で開かれており、参加者が定員を上回るところもある。終活は、中高年層の密かなブームになっている。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

知っておきたい「終活」事情

仏教界の危機・消滅するお寺

生活保護以下の僧侶もいる現状

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2015年11月号記事  終活  お寺  葬儀  イオン  終活セミナー  無人寺  著名知識人  

Menu

Language