利用規約 | ザ・リバティweb - 幸福の科学出版 | 幸福の科学グループ

利用規約

≪第1章 総則≫

第1条 本規約の範囲
本規約は幸福の科学出版株式会社(以下、当社)がインターネットを使った情報提供サービス「ザ・リバティweb」を契約者および購読者(以下、利用者)に提供する際に適用します。
第2条 購読者
購読者は、本規約を承認の上、当社の指定する手続きに基づいて当社に申し込み、当社が承認し、サービス提供の契約をした方を利用者と認定します。
第3条 機器
ザ・リバティwebのデータを閲覧するために必要なパソコンなどの機器は、利用者が用意するものとします。
第4条 著作権
ザ・リバティwebの著作権は当社に帰属します。
第5条 ザ・リバティweb記事の二次利用
ザ・リバティwebの記事を複製、編集、加工、発信、販売、出版することを禁じます。ただし、私的に利用するための複製、加工はその限りではありません。
第6条 規約の変更
当社は情報提供システムの改善などのため、本規約の一部を変更する場合があります。変更に際しては、その内容を利用者に直接、もしくは「本サイト」(http://the-liberty.com)上で案内します。
第7条 ザ・リバティwebの休廃刊
当社は契約有効期間中の利用者へのザ・リバティwebのサービス提供を保証した上で、一定の予告期間後にザ・リバティwebそのものを休廃刊することができるものとします。その際は利用者に直接、もしくはその他当社が提供する手段を通じ、発表・告知します。

≪第2章 申し込みと契約≫

第8条 申し込みと閲覧
本サイト(http://the-liberty.com) からお申し込みください。申し込みを受け、料金の納入を確認後、電子メールを通じて有料購読完了の連絡をします。この電子メールには 「購読開始日」を記載します。その時点より、申し込みの際に利用者が登録したID、パスワードにて本サイトを閲覧いただけます。
第9条 契約の有効期間
契約の期間は第8条(申し込みと閲覧)でお知らせした「購読開始日」から利用者が退会手続きをされた日までとします。ただし、第5条(二次利用禁止)は契約期間を過ぎた後も有効とします。
第10条 料金
「購読開始日」を含む月から1ヶ月分の利用料金が発生し、月をまたいだ場合、新たに当月分の利用料金が自動的に発生する月額継続自動課金契約と、「購読開始日」を含む月の翌月から12ヶ月分のご利用ができる年間課金契約があります。また、第9条(契約の有効期間)の有効期間内で契約を解除した場合でも、あらかじめ支払われた料金はお返ししません。利用者が退会した月の利用料金の日割り計算による減額は行ないません。
第11条 利用申し込みの拒否、契約の取り消し
以下の項目に該当する場合、当社は利用申込者へのザ・リバティwebのサービス提供を断り、または利用契約を取り消して提供を中止します。
  • 利用者が本規約に違反した場合
  • 利用申し込み内容に虚偽の記載があったことが判明した場合
  • 当社からの通知、督促があったにもかかわらず、一定期間内に利用料金が未払いだった場合
  • その他、当社が利用者として不適当と判断した場合
第12条 契約の更新
月額継続自動課金契約の場合、契約は利用者が退会手続きをするまで毎月、月をまたいだ時点で自動更新されます。年間課金契約の場合、退会手続きをしたとき、もしくは購読開始日を含む月の翌月から12ヶ月間を過ぎると契約は自動的に終了します。

≪第3章 料金・支払い≫

第13条 利用料金と支払方法
利用料金およびその支払方法などは、下記に定める内容に従ってください。
  • コース:月額継続自動課金
  • 利用料金:月額540円(消費税込み)
  • 支払い方法:クレジットカード決済
  • コース:年間課金
  • 利用料金:年額5940円(消費税込み)
  • 支払い方法:銀行振込
第14条 利用料金の変更
当社は利用者への通知後、利用料金を変更することがあります。 変更後の料金は、契約有効期間終了後から有効とし、契約有効期間内での追加、払い戻しはしません。

≪第4章 IDとパスワード≫

第15条 IDとパスワードの管理
利用申し込みに際して通知されるIDとパスワードは、利用者の責任において管理してください。当社はIDとパスワードおよび動作可能となったパソコンなどの機器が第三者によって使用されたことにかかわる損害については、一切責任を負いません。

≪第5章 利用条件≫

第16条 ザ・リバティwebの閲覧期間
月額継続自動課金契約では、毎月自動課金している間は、「購読開始日」から退会したときまで閲覧できます。
年間課金契約では、「購読開始日」を含む月の翌月から12ヶ月間もしくは退会したときまで閲覧できます。
第17条 ザ・リバティwebのサービス提供の一時的な中断
当社は以下に該当する場合には、利用者に事前に連絡することなく、やむを得ず一時的にザ・リバティwebのサービス提供を中断する場合があります。この場合、当社はできるだけ速やかに、提供できる状態に復するよう最大限の努力をしますが、中断期間に相当する利用料の返還は、原則として行いません。
  • システムの保守、点検を緊急に行わなければならなくなった場合
  • 火災、停電などにより提供不能となった場合
  • 地震、火山の噴火、洪水、津波などの天災により提供不能となった場合
  • 戦争、暴動、争乱、労働争議などにより提供不能となった場合
  • その他、運用上の理由、技術的理由などで提供不能となった場合
第18条 ザ・リバティwebのサービス提供の遅れ、消失
インターネットおよびネットワークの問題などに起因するザ・リバティwebのサービス提供の遅れ、消失については、当社は責任を負いません。ただし、当社に完全な責任がある場合は、何らかの手段を講じて再提供します。

≪第6章 個人情報≫

第19条 個人情報
利用者が登録に際して届け出た個人情報は、本人確認等ザ・リバティwebの利用契約に関する事務手続きのほか、当社からの各種ご連絡、事業・出版物などの案内に利用する場合があります。

≪第7章 メールマガジン≫

第20条 メールマガジンの配信
当社は利用者にザ・リバティwebメールマガジン利用規約に基づき、メールマガジンを配信することがあります。

≪第8章 一般事項≫

第21条 損害賠償
当社はザ・リバティwebのサービス提供、提供の中断、提供中の事故などによって、直接または間接的に生じた利用者または第三者の損害については、その内容、方法のいかんにかかわらず賠償の責任を負いません。また、利用者はザ・リバティwebに基づく第三者との損害賠償請求などの訴訟に、当社を引き込まないことに同意するものとします。利用者が本規約に反した行為、または不正もしくは違法な行為によって、当社に損害を与えた場合、当社は当該利用者に対して相応の損害賠償請求ができるものとします。
第22条 適用法
本規約の実施に際して適用する法律は、日本国内法とします。
第23条 管轄裁判所
利用者と当社の間で本規約に関して紛争が生じた場合、東京地方裁判所を合意管轄裁判所とします。