rss

タグ「未来への羅針盤」の記事一覧

  • 平凡な自分が人生に勝つために

    2008.04.13
    平凡な自分が人生に勝つために

      2008年6月号記事 幸福の科学総裁大川隆法対機説法シリーズ 人生の羅針盤 第136回 『感化力』講義⑥  平凡な自分が人生に勝つために   自分を磨く努力をすれば必ず変わる   前回は、「現在の環境を変えたいと思うならば、自分の長所を磨くか、あるいは、自分の足を引っ張っている短所を磨くことが...

  • 年齢に負けず発奮して「人生の復活」を

    2008.03.13
    年齢に負けず発奮して「人生の復活」を

      2008年5月号記事 幸福の科学総裁 大川隆法 対機説法シリーズ 人生の羅針盤 第135回 『感化力』講義⑤年齢に負けず発奮して「人生の復活」を   映画『ロッキー・ザ・ファイナル』を観て   前回は、「自分の能力が変化すれば必ず環境も変化する」ということを述べました。 これに関連した例として、...

  • 自分の能力が変化すれば必ず環境も変化する

    2008.02.13
    自分の能力が変化すれば必ず環境も変化する

      2008年4月号記事 幸福の科学総裁 大川隆法 対機説法シリーズ 人生の羅針盤 第134回 『感化力』講義④  自分の能力が  変化すれば  必ず環境も変化する   自分自身を統御できるリーダーこそ大勢の人を導ける   前回は、ストア派の哲学者エピクテートスの「自分の自由に...

  • 尊敬される  リーダーの条件

    2008.01.13
    尊敬される リーダーの条件

      2008年3月号記事 幸福の科学総裁 大川隆法 対機説法シリーズ 人生の羅針盤 第133回 『感化力』講義③  尊敬される  リーダーの条件   自分自身で解決できる問題かどうかを分けて考える   前回は、ストア派の哲学者エピクテートスの思想を引きながら、「『世の中には、自分の自由に...

  • 自分の自由になることとならないことを分ける

    2007.12.13
    自分の自由になることとならないことを分ける

      2008年2月号記事 幸福の科学総裁 大川隆法 対機説法シリーズ 人生の羅針盤 第132回 『感化力』講義②  自分の自由になることとならないことを分ける   社会人一年目のときの先輩からの言葉   先月にひき続き、私の著書である『感化力』についての話をしていきます。 本書の一三ページ...

  •  時代は新たな「世界精神」を求めている

    2007.11.13
    時代は新たな「世界精神」を求めている

      2008年1月号記事 幸福の科学総裁 大川隆法 対機説法シリーズ 人生の羅針盤 第131回 『感化力』講義① 時代は新たな「世界精神」を求めている     『感化力』は「精神世界のマスター」の立場で語られた書   本連載「人生の羅針盤」に掲載された質疑応答を取りまとめた、私の著...

  • 今の日本は「格差社会」か (後編)

    2007.10.13
    今の日本は「格差社会」か (後編)

    2007年12月号記事 幸福の科学総裁 大川隆法 対機説法シリーズ 人生の羅針盤 第130回   自由に伴う責任を取らなくて済むのは「軍隊アリ型の社会」   先月号では、「日本には昔から格差を嫌がる文化があり、急成長するものは潰されることがある」と述べました。   昨年のライブドアの事件...

  • 今の日本は「格差社会」か  (前編)

    2007.09.13
    今の日本は「格差社会」か (前編)

    2007年11月号記事 幸福の科学総裁 大川隆法 対機説法シリーズ 人生の羅針盤 第129回   日本は昔から「格差を嫌がる文化」を持っている 「日本は格差社会になった」という話をよく耳にするのですが、私自身は、それを具体的につかむまでには至っていないので、ほんとうにそうなのか、まだ分かりません。その兆しは少しあるのかもしれませんが、「ずばり...

  • 日本の外交のあるべき姿とは

    2007.08.13
    日本の外交のあるべき姿とは

    2007年10月号記事 幸福の科学総裁 大川隆法 対機説法シリーズ 人生の羅針盤  第128回   日本は世界第二位の経済大国としての行動を 戦後の六十年間、日本の外交には、かなりの縛りがあって、自由な外交が展開できなかったことは事実だと思います。反省や謝罪を、繰り返し何度もさせられてきた面があるのです。 ...

  • 公立学校  復活のヒント(後編)

    2007.07.10
    公立学校 復活のヒント(後編)

    2007年9月号記事 幸福の科学総裁 大川隆法 対機説法シリーズ 人生の羅針盤 第127回   現在の学校改革の動きは明治維新のときの状況に似ている 先月号では、「学校の管理職になる人は、一般のビジネス書などを読み、知識をつけてください」と述べました。   最近、教員と話をして感じたのは、「普段、新聞も読...

Menu

Language