検索結果 【長女】

81-89件/89件中

  • いじめ解決へ「学校のルール」作りを急げ!

    2007.03.10
    いじめ解決へ「学校のルール」作りを急げ!

    2007年5月号記事 教育特集 いじめに対し、こう戦え  福岡・筑前町中学校長ら処分  いじめ解決へ 「学校のルール」 作りを急げ!   校長ら4人が処分、生徒5人が立件された異例のいじめ自殺事件。この事件の根本に潜む問題とは……。     &nbs...

  • 学校は復活するか(4)いじめ問題解決のための提言

    2007.02.14
    学校は復活するか(4)いじめ問題解決のための提言

    2007年4月号記事   「やむなく転校」という いじめ事件のパターンを 変えられるか   いじめ事件は、被害児童とその家族が、学校やPTAから“圧力”を受けてやむなく転校せざるを得なくなるケースが多い。政府の「教育再生会議」はいじめ加害者に対する出席停止の活用を打ち出しているが、多くの学校では「証拠...

  • 進歩する医療の光と影

    2005.08.07
    進歩する医療の光と影

    2005年10月号記事 医学における唯物論は克服できるか 進歩する医療の光と影   脳死臓器移植や安楽死・尊厳死の問題、さらには人工臓器の可能性── 進歩する医療のなかで、人間の誕生と死をめぐって揺れる生命倫理の問題をどう考えるべきか。その現状をレポートし、あるべき姿を考えた。      ...

  • 赤ちゃんのうつぶせ寝って大丈夫?

    2005.07.07
    赤ちゃんのうつぶせ寝って大丈夫?

    2005年9月号記事 SIDS?それとも窒息死? 赤ちゃんのうつぶせ寝って大丈夫?   この4月、厚生労働省がSIDS(乳幼児突然死症候群)診断の指針をまとめた。 元気だった赤ちゃんが、原因不明で突然亡くなりSIDSなのか窒息死なのかその原因を巡って激しい論争や裁判が起きているからだ。 「うつぶせ寝」の赤ちゃんの突然死を、改めて考えて...

  • 「進学」で揺れる親子の心

    2005.06.07
    「進学」で揺れる親子の心

      2005年8月号記事 「ゆとり教育」が変わる! あなたは私立派?公立派? 「進学」で揺れる親子の心   首都圏ではこの春過去最多の子供が中学受験をした。 背景には学力低下など公立学校への根強い不信感がある。 高い学費を払っても子供を私立に入れた方がいいのか? また公立に行かせる場合はどうすればいいか? ...

  • 教科書が教えないスピリチュアル世界史

    2005.01.06
    教科書が教えないスピリチュアル世界史

    2005年3月号記事 『神秘の法』発刊特集 教科書が教えないスピリチュアル世界史 神秘思想vs.唯物論の150年   テレビで毎日のように、心霊現象や占いなどの番組が流れ、書店にはその種の本が並ぶ。実は、こうした精神世界への関心の高まりは、日本だけの一時的なブームではない。その始まりは19世紀。150年余り前に始まったスピリチュアリズム(近代...

  • 仏法真理があるから病苦を生き抜ける

    2003.10.05
    仏法真理があるから病苦を生き抜ける

    2003年12月号記事 年間3万人を超える自殺者のうち半数近くが病気を苦にしたものであり60歳以上では約6割にものぼる。 かつて釈尊は「人生は苦である」とし生・老・病・死(しょう・ろう・びょう・し)の四苦(しく)を脱する心のあり方を説いた。 病苦や老苦などは、だれも逃れることができない苦しみだからこそ、そのなかで心穏やかに生き抜くためには仏法真理が不可欠なのだ。 ...

  • 今こそホーム柵で転落事故を防げ

    2003.10.05
    今こそホーム柵で転落事故を防げ

    2003年12月記事   今年9月、東京都江東区のJR潮見駅で学校から帰宅途中の小学1年生の女の子がホーム下で電車にはねられて死亡するという痛ましい事故が起こった。 平成13年にJR新大久保駅で線路に転落した人を助けようとしたカメラマンと韓国の留学生ら3人が亡くなった事故以来、各鉄道会社は駅ホームの安全対策に取り組んでいる。 しかし、その多くは「非...

  • 「言葉の力」で  乗り越えた離婚の危機

    2003.08.04
    「言葉の力」で 乗り越えた離婚の危機

      2003年10月号記事 「言葉の力」で  乗り越えた離婚の危機 福岡県 柴田貴代子(45歳)   ささいなひと言が夫婦の関係をぎくしゃくさせ、ときに離婚の危機を招くこともあります。 しかし、互いに仏法真理を学び、言葉を調えることによって家族の絆を再確認することも可能です。 今回は、そんな体験をした夫婦の...

Menu

Language