検索結果 【金融緩和】

81-90件/125件中

  • 2013年参院選 幸福実現党立候補予定者に聞く

    2013.06.24
    2013年参院選 幸福実現党立候補予定者に聞く

        2013年8月号記事   2013年参院選 幸福実現党立候補予定者に聞く   各候補者は国政に進出して、この日本をどう変えるのか。実現させたい政策について聞いた。 (6月26日時点) &nb...

  • そもそモグラの参院選の争点Q&A

    2013.05.25
    そもそモグラの参院選の争点Q&A

      2013年7月号記事   そもそモグラの参院選の争点Q&A   夏の参院選が近づく中、憲法改正や北朝鮮・中国問題など、様々な政策課題が浮上している。高支持率を誇る安倍政権に問題はないのか。立党以来4年にわたって先見性を示し続けた幸福実現党の主張と比較しつつ、争点となっている政策の基礎知識を整理してみた。 ...

  • 異次元緩和って何? - そもそモグラのそもそも解説

    2013.04.26
    異次元緩和って何? - そもそモグラのそもそも解説

      2013年6月号記事   そもそモグラのそもそも解説   異次元緩和って何?   異次元緩和って何?         異次元緩和って何?   異次元緩和とは大胆な金融緩和のこと &...

  • バブルでこそ日本は甦る - 株価10万円も夢じゃない

    2013.04.26
    バブルでこそ日本は甦る - 株価10万円も夢じゃない

      2013年6月号記事   バブルでこそ日本は甦る   株価10万円も夢じゃない   アベノミクスで、日本は20年不況からの脱却に舵を切ったかに見えるが、株高に対して「バブル」という批判が早くもはじまりつつある。バブル景気の検証を通じて、日本経済が再浮上する道を探る。   ...

  • 幸福実現党党首 矢内筆勝の必勝行脚録 - 第三回

    2013.04.26
    幸福実現党党首 矢内筆勝の必勝行脚録 - 第三回

      2013年6月号記事   第三回   幸福実現党党首 矢内筆勝の必勝行脚録    矢内筆勝 (やない・ひっしょう)1961年生まれ。早稲田大学卒業後、朝日新聞記者を経て幸福の科学グループに入局し、広報局長、常務理事などを歴任。NPO 「いじめから子供...

  • 参院選 経済そもそも大辞典

    2013.04.13
    参院選 経済そもそも大辞典

      経済そもそも大辞典   ホーム 政策比較 経済編 そもそも大辞典 幸福実現党 国防編 原発編 憲法改正編     安倍首相は「アベノミクス」で「インフレ...

  • 参院選 経済 幸福実現党はこう考えます

    2013.04.13
    参院選 経済 幸福実現党はこう考えます

      経済 幸福実現党はこう考えます   ホーム 政策比較 経済編 そもそも大辞典 幸福実現党 国防編 原発編 憲法改正編     幸福実現党は立党初となった...

  • そもそモグラのそもそも解説 1.アベノミクスって何? 2.「活断層の上の原発は危ない」って本当?

    2013.01.25
    そもそモグラのそもそも解説 1.アベノミクスって何? 2.「活断層の上の原発は危ない」って本当?

      2013年3月号記事   そもそモグラのそもそも解説 1.アベノミクスって何?   最近「アベノミクス」という言葉が新聞などを賑わせています。これは安倍晋三政権の「アベ」と、経済学の英語「エコノミクス」を掛け合わせた造語です。「安倍政権が行う経済政策」といった意味です。似たような造語に、アメリカのレーガン大統...

  • 2012衆院選 「国防強化」「原発推進」 歩むべき道を示した幸福実現党の戦い

    2012.12.24
    2012衆院選 「国防強化」「原発推進」 歩むべき道を示した幸福実現党の戦い

      2013年2月号記事   2012衆院選 「国防強化」「原発推進」 歩むべき道を示した幸福実現党の戦い   2012年衆院選は、自民党が単独で過半数を上回る大勝を果たし、政権を奪還した。しかし、それが意味していたのは、「国防強化」「原発推進」を主張してきた、幸福実現党の政策的な勝利であった。 (本誌編集部) ...

  • 世界大恐慌を食い止めよ 「バランスシート至上主義」の罠

    2012.12.24
    世界大恐慌を食い止めよ 「バランスシート至上主義」の罠

      2013年2月号記事   世界大恐慌を食い止めよ 「バランスシート至上主義」の罠   世界恐慌の危機が迫っている。その原因は、銀行や金融当局、政府が、貸し出しや財政を切り詰めて自己防衛に走るあまり、世界のお金の流れが滞ってしまっているからだ。世界同時不況を食い止めるために必要な考え方とは何か。 &nbs...

Menu

Language