検索結果 【組織】

81-90件/873件中

  • コロナ禍の中、中国がアフリカの植民地化を狙う 一帯一路を断念させるには?

    2020.04.24
    コロナ禍の中、中国がアフリカの植民地化を狙う 一帯一路を断念させるには?

      《本記事のポイント》 G20、発展途上国の債務の返済を一時的に猶予することで合意 ザンビア政府が、中国から担保を差し出すよう求められる 中国の債権を安く買い叩けばいい   このほど開かれた20カ国・地域(G20)で、新型コロナウィルスで広がる経済危機への対策をめぐり、発展途上国の債務の返済を、今年の年...

  • コロナも「病は気から」? 科学的な分析から見た病気と心の関係

    2020.04.21
    コロナも「病は気から」? 科学的な分析から見た病気と心の関係

      新型コロナウィルスの感染者、死亡者が増え続けている。今、世界で注目されているのが、「コロナに感染する人としない人がいる」ことだ。   アメリカでは、ほぼ人に会わず3週間自宅にこもり続けた女性が感染したと報道され、全米にショックを与えた。この女性は、玄関に食料品を届けたボランティアの女性とわずかながら接触。ボランティア女性はその後、陽性と診断され...

  • ビデオ会議アプリ「ズーム」が中国にデータを送信

    2020.04.21
    ビデオ会議アプリ「ズーム」が中国にデータを送信

      新型コロナウィルスの感染拡大を背景に、オンライン会議システム「Zoom(ズーム)」の利用者が急増しています。在宅での勤務や教育のための利用が増え、昨年12月の時点で1000万人だった利用者は、今年3月には2億人になっています。   「サービスの品質がよく、非常に便利」と人気のズームですが、セキュリティ上の問題をいくつか抱えています。 &...

  • 宏洋氏の本『幸福の科学との訣別』の嘘と虚妄(5) 出版した文春は恥ずかしくないのか

    2020.04.14
    宏洋氏の本『幸福の科学との訣別』の嘘と虚妄(5) 出版した文春は恥ずかしくないのか

      宏洋氏がこのほど、書籍『幸福の科学との訣別』(以下、宏洋本)を発刊した。本欄では、同著に多くの嘘があることを指摘してきた。   そもそも、大手出版社である「文藝春秋社」が、裏取り取材もせず、なぜこのような嘘だらけの本を出版したのか。あまりにも杜撰な内容なだけに、首をかしげたくなる。 『「文春」の報道倫理を問う』 ...

  • 「日本的経営の祖」は、増税勢力と社会主義者と戦った

    2020.04.07
    「日本的経営の祖」は、増税勢力と社会主義者と戦った

    紡績のイメージ画像。   米大統領選をめぐる民主党のバーニー・サンダース上院議員の人気や、社会主義者を自称するサー・キア・スターマー英労働党党首の誕生など、社会主義勢力がにわかに台頭している。日本国内でも、それに同調するような言論が強まっている。   社会主義に対抗する有力な思想は、「自助努力の精神」だ。かつて、福祉国家路線で衰退したイギリ...

  • 「嘘」がガソリンの「新潮ウィルス」「文春ウィルス」

    2020.04.01
    「嘘」がガソリンの「新潮ウィルス」「文春ウィルス」

      「現代の悪魔は活字を通して入ってくる」──。   これは人智学のルドルフ・シュタイナーが、ヒトラーに影響を与えた哲学者ニーチェを指して語った言葉だ。しかしこの言葉は、現代のマスコミにも当てはまるだろう。   「週刊新潮」(4月2日号)がこのほど、幸福の科学の霊言を誹謗中傷する記事を掲載した。   ...

  • 香川県東かがわ市で、住民が中国の外国語学校の拠点化計画を阻止

    2020.03.30
    香川県東かがわ市で、住民が中国の外国語学校の拠点化計画を阻止

    人民解放軍の軍服を着る海淀校の生徒たち(同校のウェブサイトより)。   《本記事のポイント》  香川県東かがわ市で進んでいた、中国の外国語学校の拠点化計画が撤回された  集まった反対署名は3800筆、市長は計画を断念 「中国依存」が招く安全保障上の危機     ...

  • 成功する起業家の条件(前編) - 未来への羅針盤

    2020.03.30
    成功する起業家の条件(前編) - 未来への羅針盤

    写真提供:ピクスタ   2020年5月号記事   個人の人生、社会、国家、人類、地球そして宇宙。すべてを幸福な未来へ導くための羅針盤として、ワールド・ティーチャー(世界教師)大川隆法総裁の質疑応答をお届けしてまいります。   大川隆法 未来への羅針盤 No.279   成功する起業家の条...

  • WHOの中国寄りの姿勢が浮き彫りに 国連を本当に信用していい?

    2020.03.27
    WHOの中国寄りの姿勢が浮き彫りに 国連を本当に信用していい?

    写真:Hector Christiaen / Shutterstock.com   《本記事のポイント》 新型コロナウィルスをめぐって、WHOが「中国寄り」と批判されている 中国は国際機関への影響力を強め、覇権を広げようとしている 日本はアメリカと共に、世界正義を実現できる「新しい国連」を構築する使命がある &nb...

  • 宏洋氏の本『幸福の科学との訣別』の嘘と虚妄(3) 教団を小さく見せて鬱憤を晴らそうとする宏洋氏

    2020.03.17
    宏洋氏の本『幸福の科学との訣別』の嘘と虚妄(3) 教団を小さく見せて鬱憤を晴らそうとする宏洋氏

      宏洋氏がこのほど、文藝春秋社から『幸福の科学との訣別』(以下、宏洋本)という書籍を発刊した。宗教に偏見を持つ人が読めば、「やっぱり宗教は怖い」と感じるかもしれない。   だが、同書の内容の多くは、宏洋氏の「嘘と妄想」で彩られている。   目に余る内容のため、幸福の科学では12、13の両日にわたり、大川隆法総裁をはじめ、...

Menu

Language