検索結果 【奴隷】

81-90件/259件中

  • ローラも泣いていた「奴隷契約」 法廷では通用しないケースがほとんど

    2017.08.11
    ローラも泣いていた「奴隷契約」 法廷では通用しないケースがほとんど

    話題となったローラさんのツイッター   《本記事のポイント》 週刊文春が報じた「ローラ『10年奴隷契約書』」 法廷では「奴隷契約」は退けられてきた 今年、急に動き出す「タレント保護への取り組み」   テレビでは笑顔を見せ、視聴者に元気をくれているタレントが、裏では事務所とのトラブルで泣いている――...

  • 北ICBMが米ワシントンを射程に収めた可能性 すでに「一線は越えている」

    2017.08.02
    北ICBMが米ワシントンを射程に収めた可能性 すでに「一線は越えている」

      北朝鮮が7月28日夜に打ち上げた大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14」について、アメリカの首都ワシントンD.C.やニューヨークに届く性能を得た可能性が出てきた。1日付読売新聞などが報じた。   記事では、韓国の国防相による、韓国国会の国防委員会で示された専門家の分析を紹介。   今回の試射では、弾頭の重さを300キ...

  • 公取委が芸能事務所を調査 日本は「タレント人権後進国」!? - ニュースのミカタ 4

    2017.07.30
    公取委が芸能事務所を調査 日本は「タレント人権後進国」!? - ニュースのミカタ 4

    芸能事務所は、タレント出演の拒否をちらつかせることで、テレビ局などに圧力をかけることができる。写真:J6HQL / PIXTA(ピクスタ)   2017年9月号記事   ニュースのミカタ 4 芸能   公取委が芸能事務所を調査 日本は「タレント人権後進国」!?   公正取...

  • 成功する教育、失敗する教育 - トランプ勝利も、英国EU離脱も予測した─大川隆法の未来分析2020

    2017.07.23
    成功する教育、失敗する教育 - トランプ勝利も、英国EU離脱も予測した─大川隆法の未来分析2020

      「ゆとり教育」の失敗を予想 次に、教育政策について。大川総裁は、「ゆとり教育」の危険性についても指摘していた。   1992年、文部省官僚の寺脇研氏が「脱偏差値」を宣言し、学力競争を否定する"教育改革"に着手。「脱偏差値は時代の流れ」(読売)など各紙は肯定的に報じた。「ゆとり教育」導入への議論が進んでいた。 ...

  • トランプ勝利も、英国EU離脱も予測した――大川隆法の未来分析2020【国内政治編】

    2017.07.20
    トランプ勝利も、英国EU離脱も予測した――大川隆法の未来分析2020【国内政治編】

      波乱の政局に、乱気流の経済、トランプ政権の行く末に、中国・北朝鮮の動向――。数年後、時代がどうなっていくのか、ますます見通しにくい時代となっている。   本欄では、26年前にイギリスのEU離脱を、2年前に朴槿惠・韓国大統領の辞任劇を、そして1年前にトランプ氏の大統領就任を予想していた大川隆法・幸福の科学総裁による、予想的中の実績と、これからの「...

  • 釈量子の志士奮迅 [第59回] - 「議院内閣制」の限界と「大統領制」について

    2017.06.29
    釈量子の志士奮迅 [第59回] - 「議院内閣制」の限界と「大統領制」について

      2017年8月号記事   第59回 釈量子の志士奮迅   幸福実現党党首   釈量子 (しゃく・りょうこ)1969年、東京都生まれ。國學院大學文学部史学科卒。大手企業勤務を経て、(宗)幸福の科学に入局。本誌編集部、常務理事などを歴任。2013年...

  • 国連人権理事会で「慰安婦強制連行の報告書、根拠にマンガ」と証言

    2017.06.19
    国連人権理事会で「慰安婦強制連行の報告書、根拠にマンガ」と証言

      《本記事のポイント》 国連人権理事会で「クワラスワミ報告書」の資料元の一部がマンガだったと訴え クワラスワミ報告の聞き取りは北朝鮮系団体から、文献は週刊誌やマンガからも 左翼の独壇場と化した国連人権理事会に、保守の意見を   スイス・ジュネーブで開催中の第35会期国連人権理事会で、「旧日本軍の慰安婦は...

  • 脅威は「北」だけじゃない 文在寅韓国大統領は金正恩より怖い

    2017.05.29
    脅威は「北」だけじゃない 文在寅韓国大統領は金正恩より怖い

    選挙戦終盤の4月29日、韓国南西部の光州で遊説し、支持を訴える文在寅氏。写真:YONHAP NEWS/アフロ   2017年7月号記事   脅威は「北」だけじゃない 文在寅韓国大統領は金正恩より怖い   5月に行われた韓国の大統領選で、「親北・反日」で有名な文在寅氏が圧勝した。 日本に最も近い国の新...

  • 一般市民を巻き込む「テロ」に大義はあるのか 問われる「手段」と「目的」の正当性

    2017.05.29
    一般市民を巻き込む「テロ」に大義はあるのか 問われる「手段」と「目的」の正当性

    angelsecret / Shutterstock.com   《本記事のポイント》 英マンチェスターのテロを受け、世界中が恐怖に包まれている テロの目的は「復讐や報復」、革命の目的は「自由の創設」 世界中で、平和的な手段による、多くの人々を幸福にするための「正しい革命」を   イギリス中部のマ...

  • 清水富美加さん主演映画「暗黒女子」公開 暗黒すぎて観て後悔? あまりに気の毒

    2017.03.31
    清水富美加さん主演映画「暗黒女子」公開 暗黒すぎて観て後悔? あまりに気の毒

      《本記事のポイント》 映画「暗黒女子」は清水富美加さんが主演していることで知られる 同作は「イヤミス」(嫌な気持ちになるミステリー)の典型 演じる俳優が苦しみ、社会を暗くする映画をもてはやすべきではない   近年、観たり読んだりすると、後味が悪く、結末が悲惨で、イヤな気持ちになるが、何だかクセになると...

Menu

Language