検索結果 【伝統】

81-90件/402件中

  • 死後の行き先を決める「宗教選び」

    2018.07.30
    死後の行き先を決める「宗教選び」

      2018年9月号記事   個人の人生、社会、国家、人類、地球そして宇宙。すべてを幸福な未来へ導くための羅針盤として、ワールド・ティーチャー(世界教師)大川隆法総裁の質疑応答をお届けしてまいります。   死後の行き先を決める「宗教選び」 大川隆法 未来への羅針盤 ワールド・ティーチャー・メッセージ No.259...

  • 徳島から世界へ 今を未来に遺す仕事 / 地域シリーズ 徳島

    2018.07.29
    徳島から世界へ 今を未来に遺す仕事 / 地域シリーズ 徳島

    なだらかな山容の眉山が、吉野川に臨む。   2018年9月号記事   地域シリーズ 徳島   現地ルポ   徳島から世界へ 今を未来に遺す仕事   阿波おどり、藍、ポカリスエット、LED……。伝統と現代が交錯する徳島では、魅力的...

  • 日本文化の「和」を楽しむ「和ろうまつり」開催 NSP・長谷川奈央、髙世翔太が出演

    2018.07.11
    日本文化の「和」を楽しむ「和ろうまつり」開催 NSP・長谷川奈央、髙世翔太が出演

    ファッションショーで浴衣を披露する長谷川奈央さん(右)と髙世翔太さん(左)。   日本文化の「和」を楽しむ「和ろうまつり」(主催:和ろうまつり実行委員会)がこのほど、東京都内で開催された。150人分の席は満席となり、盛り上がりを見せた。   この企画は、「ろう者、聴者、難聴に関係なく、日本文化の『和』を楽しんでいただく」ことを目的にしており...

  • 現状を打ち破る努力 - 大きな理想を実現する方法(後編)

    2018.06.30
    現状を打ち破る努力 - 大きな理想を実現する方法(後編)

    写真:voyata/PIXTA(ピクスタ)   2018年8月号記事   個人の人生、社会、国家、人類、地球そして宇宙。すべてを幸福な未来へ導くための羅針盤として、ワールド・ティーチャー(世界教師)大川隆法総裁の質疑応答をお届けしてまいります。   大きな理想を実現する方法(後編) 現状を打ち破る努力 ...

  • ロシアW杯で中国企業の広告が目立つ 一方でサッカーの爆買いがストップした理由

    2018.06.26
    ロシアW杯で中国企業の広告が目立つ 一方でサッカーの爆買いがストップした理由

      《本記事のポイント》 サッカーW杯の広告で存在感を示す中国企業 チャイナマネーが欧州サッカーを席巻しているが、勢いはトーンダウン 背景には、中国当局の規制と、トランプ氏の対中強硬政策   日本対セネガル戦で注目を浴びているサッカーW杯ロシア大会で、中国代表は出場を果たすことはできなかった。しかし、広告...

  • Interview 先進国で日本だけが移民政策をとっていない / 人手不足ニッポン「親日外国人」を育て戦力化する Part.3

    2018.05.29
    Interview 先進国で日本だけが移民政策をとっていない / 人手不足ニッポン「親日外国人」を育て戦力化する Part.3

      2018年7月号記事   人手不足ニッポン 「親日外国人」を育て戦力化する   日本企業を襲う人手不足。人口減少を背景にする労働者の不足により、廃業に追い込まれる中小企業も増えてきた。 だがその一方で、助っ人外国人が即戦力以上の活躍を見せている。 (編集部 山本慧、馬場光太郎) &nbs...

  • ウイグル人100万人が臓器を奪われる危機? 人権弾圧の実態 Report

    2018.05.29
    ウイグル人100万人が臓器を奪われる危機? 人権弾圧の実態 Report

    4月末にベルギーのブリュッセルで行われたウイグル人団体による抗議デモ。   2018年7月号記事   中国共産党の人権弾圧 「投獄され、拷問され、臓器を取られた」 神を信じると「罪」になる国 Part2 大国然として振舞う中国だが、その内実は、過酷な人権弾圧が続く「監獄国家」だ。 先月号に引き続き、その実態に...

  • 中国共産党はウイグル人を抹殺しようとしている 人権活動家 Interview

    2018.05.29
    中国共産党はウイグル人を抹殺しようとしている 人権活動家 Interview

      2018年7月号記事   中国共産党の人権弾圧 「投獄され、拷問され、臓器を取られた」 神を信じると「罪」になる国 Part2 大国然として振舞う中国だが、その内実は、過酷な人権弾圧が続く「監獄国家」だ。 先月号に引き続き、その実態に迫る。 (編集部 大塚紘子、長華子、小林真由美)   ...

  • 元イスラエル大使が語る「神国日本論」 日本が神の国である3つの理由

    2018.05.27
    元イスラエル大使が語る「神国日本論」 日本が神の国である3つの理由

    憲政記念館で講演をする元イスラエル大使のコーヘン氏。   《本記事のポイント》 元イスラエル大使のエリ・コーヘン氏が出版記念講演を行った 2000年にわたって、信仰、民族、国土が続く日本は「神国」だという 時代とともに現れ方は変わるが、信仰、民族、国土という「日本道」は変わらない   元イスラエル...

  • ロシア疑惑で特別検察官「起訴なし」 「トランプ憎し」で歪んだ公正

    2018.05.18
    ロシア疑惑で特別検察官「起訴なし」 「トランプ憎し」で歪んだ公正

      《本記事のポイント》 モラー特別検察官が、トランプ氏本人を起訴しない旨を弁護団に伝えた  モラー氏の捜査が共謀ありきの不公正なものだと、批判の声があがっている  必死の捜査にもかかわらず証拠がないことが、トランプ氏の潔白を示している    米大統領選においてトランプ陣営と...

Menu

Language