検索結果 【臓器】

71-80件/91件中

  • 「スカイライン─征服─」 リバティweb シネマレビュー

    2011.05.30
    「スカイライン─征服─」 リバティweb シネマレビュー

    2011年7月号記事     地球侵略の悪夢を受け入れるな   【公開日】 6月18日(土)新宿バルト9、TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー 【配給等】 配給/松竹 2010年アメリカ ...

  • 脳死臓器移植を 美化すべきではない

    2011.04.30
    脳死臓器移植を 美化すべきではない

      2011年6月号記事   改正臓器移植法に基づいて脳死と判定された10代前半の少年を提供者とする臓器移植手術が4月13、14日、行われた。15歳未満で脳死判定を受けた例は今回が初めてで、心臓、両肺、肝臓など、提供された臓器は計5人の患者にそれぞれ移植された。「臓器移植の新しい扉が開かれた」など、ほとんどのメディアは今回の件を美談として大々的に...

  • 脳死の人は、まだ死んでいない【動画】

    2010.10.20
    脳死の人は、まだ死んでいない【動画】

    次々と、死んでない人(脳死状態)から臓器が摘出される (写真はイメージ)   イントロダクション:一気に9倍に増えた脳死臓器移植手術 ― 臓器提供意思表示カードに記入する前に知っておきたいこと ― (この問題に関する大川隆法総裁の説法【動画】の一部は、3ページ目)   ※動画は携帯電話ではご覧いただけません。 携帯...

  • 人体再生神話に挑む

    2010.08.02
    人体再生神話に挑む

    2010年10月号記事   ここまで来た「再生医療」最前線 急速に進歩を続ける再生医療。この分野では、世界の中でも特に日本人研究者たちの活躍が目立つ。このほど開発された新型万能細胞「TiPS細胞」もその一つだ。一方、アメリカでは、失った体の一部を再生させる「魔法の粉」が注目を集めている。細胞に眠る未知の可能性を引き出すことで、医学の進歩はどこまで進むのだろう...

  • 脳死臓器移植推進の前提として  霊的真実にも目を向けよ

    2009.05.21
    脳死臓器移植推進の前提として 霊的真実にも目を向けよ

      2009年7月号記事 オピニオン 活発化する法改正の動き   「今国会で方向・筋道をきちんとつけて、日本人が海外からの臓器移植に過大に頼ることを避ける措置を取っておく必要がある」 自民党の細田博之幹事長は5月8日の記者会見で、臓器移植法改正案の成立を今国会で目指すべきだとの考えを示した。 現行法は1997年10月...

  • 世界を救う日本の知力

    2009.01.18
    世界を救う日本の知力

    2009年3月号記事 イノベーションで新たな産業を生み出せ   国内メディアは「不況、不況」の大合唱。世界的な食糧危機も叫ばれるなか、「人類の衰退は避けられない」との見方もある。しかし、歴史を振り返れば、苦難の時代にこそ新たな基幹産業が産声を上げ、次代の経済活動の柱となってきた。今は生みの苦しみの時期にすぎない。基幹産業を生むカギがイノベーション(技術革新)...

  • 新型「万能細胞」実用化で夢の医療実現を

    2008.03.13
    新型「万能細胞」実用化で夢の医療実現を

    2008年5月号記事 気になるニュースが「わかる」ページ 脳死臓器移植の三つの問題点     体のあらゆる臓器をつくり出せる、夢のような医療が日本から生まれるかもしれない。京都大学の山中伸弥教授(45歳)らのグループが昨年11月、体のあらゆる組織に成長し得る人工多能性幹細胞(iPS細胞、新型万能細胞)を世界で初めて人の皮膚から作製。これが臨...

  • 新型インフルエンザH5N1の脅威

    2008.03.13
    新型インフルエンザH5N1の脅威

    2008年5月号記事   国内で死者数百万人!? 世界的大流行から生命を守るために自分でできること、国家がすべきこととは何か   ヒトの全身を冒して多臓器不全を起こし、感染者の60パーセントが死ぬ──。そんな「新型インフルエンザ」の猛威が迫っている。現在までにアジアなどで計200人以上の死者が出ているH5N1型鳥インフルエンザ。この...

  • 宗教学に吹き始めた新しい風

    2006.03.08
    宗教学に吹き始めた新しい風

      2006年5月号記事 ザ・争点 宗教学に吹き始めた新しい風   1995年のオウム事件から11年。 当時、宗教の価値判断を誤った一部の宗教学者により宗教学界全体は大きな逆風にさらされた。 だが、課題は抱えながらもいま、宗教学界には、“新しい風”が吹き始めている。 「死と生の考察」や...

  • 笑って死ねる「往生際」

    2006.03.08
    笑って死ねる「往生際」

    2006年5月号記事 尊厳死問題から考える 笑って死ねる「往生際」   尊厳死を巡る議論がにわかに活気づいている。 安らかな死を求めてさまざまな立場の考え方が入り乱れているが、人間にとって望ましい往生際とは何なのだろうか。       延命? 死への準備? なぜ治療の選択を...

Menu

Language