検索結果 【対話】

31-39件/39件中

  • 現代人を迷わす哀れな科学哲学者・高橋昌一郎氏と週刊新潮

    2015.07.04
    現代人を迷わす哀れな科学哲学者・高橋昌一郎氏と週刊新潮

      週刊新潮7月9日号(2日発売)が、科学哲学者で國學院大学教授の高橋昌一郎氏の連載コラム「反オカルト論」の中で、大川隆法・幸福の科学総裁の霊言を茶化すなど信仰を冒涜する記事を掲載した。この趣旨の記事は今回で3週連続となった。   同コラムで高橋氏は、架空の人物の対話形式で、幸福の科学の本尊である大霊「エル・カンターレ」という呼び名に、イタリア語で...

  • 新ローマ法王は現代の聖フランチェスコになれるか? - 編集長コラム

    2013.03.25
    新ローマ法王は現代の聖フランチェスコになれるか? - 編集長コラム

    新ローマ法王フランシスコ(右)と、小鳥と対話するなど神秘的な逸話が多い聖フランチェスコ(左)。カトリックは繁栄する現代において霊性を取り戻すことができるか。写真:Abaca/アフロ   2013年5月号記事   新ローマ法王は現代の聖フランチェスコになれるか? ――カトリック教会「建て直し」のための処方箋   ...

  • 幸福実現党が弱腰外交、橋下維新、教育、マスコミを斬る

    2012.09.12
    幸福実現党が弱腰外交、橋下維新、教育、マスコミを斬る

    公開対談抜粋レポート 「『人間グーグルとの対話』―日本を指南する―」 黒川白雲 幸福実現党政調会長 × 大川隆法 幸福実現党名誉総裁 2012年9月11日収録     衆院解散が噂され、橋下徹大阪市長率いる「維新の会」の動向に注目が集まる中、大川隆法・幸福実現党名誉総裁が黒川白雲・同党政調会長と、昨今の政治情勢...

  • 放射能汚染の実態-福島の被災者との対話

    2011.09.06
    放射能汚染の実態-福島の被災者との対話

    札幌医科大 高田純教授 講演会 2011年8月21日 郡山市内   福島の放射能汚染の実態はどうなのか? 福島第一原発周辺から避難した住民は、もう地元に帰ることはできないのか? 被災者の不安や疑問に放射線防護学の権威、高田純教授が直接答えた。 政府は、チェルノブイリなど世界的な放射線汚染地域で調査を重ねてきた高田教授の主張するきめ細かい放射線...

  • 『香港での対話』 未来への羅針盤 ワールド・ティーチャー・メッセージ

    2011.08.28
    『香港での対話』 未来への羅針盤 ワールド・ティーチャー・メッセージ

    2011年10月号記事     幸福の科学総裁 大川隆法 未来への羅針盤 ワールド・ティーチャー・メッセージ 未来への羅針盤 No.176   ワールド・ティーチャーが示す アジアの未来① 香港での対話     Question 1   ...

  • 菅首相の脱原発による日本経済破壊を防げ  「今すぐ原子力発電所の再稼動を」 原発を救え!

    2011.07.04
    菅首相の脱原発による日本経済破壊を防げ 「今すぐ原子力発電所の再稼動を」 原発を救え!

    2011年8月号記事     菅首相の脱原発による日本経済破壊を防げ   今すぐ原子力発電所の再稼動を   菅直人首相の「原発ストップ」による日本経済破壊を、これ以上進めさせてはならない。 菅首相は6月19日、インターネットによる国民対話の場で、例によって前言を翻すように、「すべての原...

  • 【UFO PANIC3】接触者は語る

    2010.05.08
    【UFO PANIC3】接触者は語る

    2010年7月号記事     UFOパニック3 接触者は語る   3月に弊社から発刊された大川隆法著『「宇宙の法」入門』を皮切りに、本誌でもUFOや宇宙人関連の記事を連続紹介してきた。この6月には大川隆法著『宇宙人との対話』が発刊される。こうした中、記者は宇宙人からメッセージを受け取り接...

  • 台湾は中台融和で油断するな

    2008.12.18
    台湾は中台融和で油断するな

    2009年2月号記事 リバティ・オピニオン 中国が空母建造を推進 バチカンの政治音痴ぶりが危機を招く!?   台湾・中国間で対話が行われ、それをローマ法王が賞賛するなど、中台の緊張緩和が進んでいる。だが、その一方で中国は着実に空母艦隊の建造を進めているとされる。経済的苦境にある台湾が中国につけ込まれる形で融和が進めば、中国の台湾併合を招く可能...

  • つけこまれるオバマ政権

    2008.11.16
    つけこまれるオバマ政権

    2009年1月号記事   ロシア、中国、北朝鮮が強硬姿勢に   ロシアがアメリカに対抗して欧州にミサイル配備を表明するなど、早くもオバマ次期政権に対する強硬姿勢が国際社会の中で目立ち始めている。日本ではオバマ氏の対話路線への期待が高いが、現実は必ずしも安穏としたものにはなりそうもない。 (編集部)   ...

Menu

Language