検索結果 【ヒトラー】

71-80件/176件中

  • 重税時代に経営者が打つべき手

    2017.12.25
    重税時代に経営者が打つべき手

      2018年2月号記事   個人の人生、社会、国家、人類、地球そして宇宙。すべてを幸福な未来へ導くための羅針盤として、ワールド・ティーチャー(世界教師)大川隆法総裁の質疑応答をお届けしてまいります。   重税時代に経営者が打つべき手 大川隆法 未来への羅針盤 World Teacher's Messag...

  • トランプvs.「役立たず」の国際政治学 - 編集長コラム

    2017.12.24
    トランプvs.「役立たず」の国際政治学 - 編集長コラム

      2018年2月号記事   編集長コラム Monthly Column   トランプvs.「役立たず」の国際政治学   アメリカのトランプ大統領が北朝鮮に対し軍事行動を起こすかどうか最終局面に入っている。 日本にとって気になるのは、米中「太平洋共同体」を唱えるキッシンジャー元米国務長...

  • 新しい考え方で「国難」を打ち破る - 大川隆法総裁 講演会Report

    2017.10.29
    新しい考え方で「国難」を打ち破る - 大川隆法総裁 講演会Report

      2017年12月号記事   大川隆法総裁 講演会Report 新しい考え方で「国難」を打ち破る   「『自分の国は自分で守れ』講義」 2017年9月24日 東京正心館   北朝鮮の核・ミサイル危機が高まる中、安倍晋三首相は衆議院を解散し、総選挙が行われた...

  • 「金正恩後」に起きること Part.2 - Q.北の崩壊後、統治はどうなる?

    2017.10.29
    「金正恩後」に起きること Part.2 - Q.北の崩壊後、統治はどうなる?

      2017年12月号記事   「金正恩後」に起きること アメリカが統治? 中国も崩壊? 日本は?   contents 「金正恩後」に起きること Part.1 - Q.北の崩壊後、難民が押し寄せてきたら? 「金正恩後」に起きること Part...

  • 世界は緊迫 日本は平時のドタバタ 残念過ぎる衆院選を追う

    2017.10.05
    世界は緊迫 日本は平時のドタバタ 残念過ぎる衆院選を追う

      民進党が割れた。国民に絶望された民進党を、看板だけ掛け替えようとした「希望の党」。救いの手に漏れた絶望組、元閣僚たちの「立憲民主党」。政権交代を成し遂げてくださった暁には、あの見事な民主党政権の二の舞になることだろう。   東京都知事で、希望の党の小池百合子代表は「次の次」くらいの出馬だそうである。一体いつまでこの党が持つのか知らないが、出るな...

  • 大川隆法総裁が講演 危機の時代なのに日本の政治は平時のドタバタ

    2017.10.02
    大川隆法総裁が講演 危機の時代なのに日本の政治は平時のドタバタ

      北朝鮮の核・ミサイル開発が米本土に届くレベルに達するかという危機の中、日本では衆院の解散総選挙が決まった。このような時期に解散を決めた安倍晋三首相はこれを「国難突破解散」と呼び、野党第一党の「民進党」は、小池百合子東京都知事が代表を務める「希望の党」に"飲み込まれる"事態になるなど、混乱が続いている。   大川隆法・幸福の科...

  • 【北朝鮮危機】トランプ“大暴発”こそ「孫子」の定石

    2017.09.28
    【北朝鮮危機】トランプ“大暴発”こそ「孫子」の定石

      《本記事のポイント》 クラウゼヴィッツや孫子の言葉から対北朝鮮戦略を考える 北にとって核はロード・オブ・ザ・リングの「指輪」 金正恩を核で追いつめ、"英雄"として逃がす   アメリカは「外交カード」を切り尽くした感がある。   国連の安全保障理事会は8月上...

  • 大川隆法総裁「トランプは9割以上の確率で、間もなく軍事行動する」

    2017.09.25
    大川隆法総裁「トランプは9割以上の確率で、間もなく軍事行動する」

      今、世界中が北朝鮮危機に注目している。その中でも日本は、頭の上にミサイルを撃たれ、名指しで「列島を沈める」とまで言われている。誰がどう見ても危機の当事者だ。   それにもかかわらず、安倍政権はアメリカ任せで「声援」を送るだけ。こともあろうに、政権延命のために選挙まで始めようとしている。それも第一の争点は、「全世代型の社会保障」だというから驚きだ...

  • アメリカと北朝鮮が一触即発 「トランプを止めろ」は危ない - ニュースのミカタ 1

    2017.08.30
    アメリカと北朝鮮が一触即発 「トランプを止めろ」は危ない - ニュースのミカタ 1

    8月17日、日米2プラス2会合を前に握手を交わす、(左から)日本の小野寺防衛相、河野外相、米国のティラーソン国務長官、マティス国防長官。写真:ロイター / アフロ   2017年10月号記事   ニュースのミカタ 1 国際   アメリカと北朝鮮が一触即発 「トランプを止めろ」は危ない &nb...

  • 「監視社会」のリアル あなたのスマホは見られている Part.2 イスラム教徒が訴える監視の実態

    2017.08.30
    「監視社会」のリアル あなたのスマホは見られている Part.2 イスラム教徒が訴える監視の実態

      2017年10月号記事   「監視社会」のリアル あなたのスマホは見られている   現代社会では、ネットやスマホが生活必需品になり、大量のデータが全世界を駆け巡っている。 もし、それを覗き見している人がいるとしたら、あなたはどう思うか。  (編集部 山本慧、長華子、小川佳世子) ...

Menu

Language