検索結果 【長女】

61-70件/89件中

  • 徳島・川島町「聖地」の証明 - 大川隆法・幸福の科学総裁の生誕地で「大日寺」の遺跡発見

    2013.04.09
    徳島・川島町「聖地」の証明 - 大川隆法・幸福の科学総裁の生誕地で「大日寺」の遺跡発見

      徳島・川島町「聖地」の証明 大川隆法・幸福の科学総裁の生誕地で「大日寺」の遺跡発見 大川隆法・幸福の科学総裁の生誕地である徳島県吉野川市川島町で昨年秋から年始にかけて行われた発掘調査で、奈良時代前後に建てられたと考えられている「大日寺」に関する重要な遺跡が見つかった。9日付徳島新聞が伝えている。発見場所は、JR阿波川島駅前の幸福の科学の施設建設予定地で、...

  • 「徹底霊査―「週刊新潮」編集長・悪魔の放射汚染―」

    2012.06.16
    「徹底霊査―「週刊新潮」編集長・悪魔の放射汚染―」

      公開霊言抜粋レポート   「徹底霊査―「週刊新潮」編集長・悪魔の放射汚染―」   「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言の場合には、霊言現象を行...

  • 「HOME 愛しの座敷わらし」 リバティweb シネマレビュー

    2012.04.26
    「HOME 愛しの座敷わらし」 リバティweb シネマレビュー

    2012年6月号記事   リバティweb シネマレビュー 「HOME 愛しの座敷わらし」   見えないものの力で家族が一つに   【公開日】 4月28日全国公開 www.warashi.jp 【配給等】 ...

  • 国際人に必要な正義、誇り、そして勇気 「大川裕太のアメリカ英語武者修行」より─鼎談抜粋レポート

    2011.09.27
    国際人に必要な正義、誇り、そして勇気 「大川裕太のアメリカ英語武者修行」より─鼎談抜粋レポート

    2011年11月号記事     鼎談抜粋レポート 国際人に必要な正義、誇り、そして勇気 「大川裕太のアメリカ英語武者修行」より     幸福の科学グループ創始者 兼 総裁 大川隆法 (写真向かって右) 大川総裁三男・高校1年生 大川裕太 (写真中央) 大...

  • 誤解だらけの慰霊・鎮魂(1)─震災犠牲者の霊は今どうなっているのか?

    2011.09.27
    誤解だらけの慰霊・鎮魂(1)─震災犠牲者の霊は今どうなっているのか?

    2011年11月号記事   震災犠牲者の霊は今どうなっているのか? 誤解だらけの慰霊・鎮魂   一瞬で2万もの人が亡くなった東日本大震災。各地で無宗教での慰霊祭が営まれたり、様々な形で死者を弔ってはいるが、果たして「本当の慰霊」になっているのだろうか? 本来の宗教が果たすべき役割を、今こそ再認識すべき時ではないだろうか。慰霊・鎮魂に...

  • 挑戦 人生の壁の打ち破り方

    2011.04.13
    挑戦 人生の壁の打ち破り方

    2011年5月号記事   人間だれしも、できることなら失敗や挫折をしたくないもの。 だが、ときとして人生には大きな壁が立ちはだかることがある。 そんなときあなたは、立ち止まる?迂回する?壁を壊す? 今回は、単独・無酸素登頂に命をかける若き登山家の栗城史多(くりきのぶかず)氏。 そして、20年にわたり障がい者の就労支援を続けてきた竹中ナ...

  • 大川きょう子氏問題で幸福の科学広報担当局長に聞く

    2011.02.17
    大川きょう子氏問題で幸福の科学広報担当局長に聞く

      「きょう子氏が一日も早く反省・改心することを願っています」(里村) かつて幸福の科学総裁補佐であった大川きょう子氏が、週刊誌などで幸福の科学グループの大川隆法・創始者兼総裁や教団を誹謗している。いま何が起きているのか。この問題について、同グループの里村英一・広報担当局長に聞いた。   ──今回の大川きょう子氏問題に対して、いろいろ...

  • 菅首相、それでも スウェーデンを目指しますか?

    2010.12.04
    菅首相、それでも スウェーデンを目指しますか?

    昼下がりのバスのなかでたそがれるスウェーデンの女性   2011年1月号記事 (本誌の写真と合わせてご覧ください)   「理想の福祉国家」現地レポート《後編》 「平等の国」の人たちは日本の「自由」に憧れていた   前編ではスウェーデンの高齢者福祉を取り上げた。 後編では若い世代や増加する移民の実情を...

  • 信じて忍耐すれば良い日は必ずやって来る

    2010.09.01
    信じて忍耐すれば良い日は必ずやって来る

    (ささき・つねお)1944年秋田市生まれ。東京大学経済学部卒業後、東レ入社。2001年、東レ同期トップで取締役となり、03年、東レ経営研究所社長に就任。10年8月より現職。経団連理事、内閣府審議委員、大阪大学客員教授などを歴任する。著書に『ビッグツリー』『そうか、君は課長になったのか』『部下を定時に帰す「仕事術」』(いずれもWAVE出版)がある。   ストロング・マ...

  • 「古典」としての「教祖伝」の成立

    2010.05.08
    「古典」としての「教祖伝」の成立

    2010年7月号記事   幸福の科学ユートピア学術賞大賞 『平凡からの出発』から 教祖伝『若き日のエル・カンターレ』へ(要約)   「古典」としての「教祖伝」の成立   松本智治 (まつもと・ともはる)1976年福岡県生まれ。東京大学文学部歴史文化学科卒業。社会哲学、歴史学等を中心とした...

Menu

Language