検索結果 【抑止力】

61-70件/236件中

  • 憲法9条のご本尊、吉田茂元首相が天国に還れない理由とは

    2017.10.17
    憲法9条のご本尊、吉田茂元首相が天国に還れない理由とは

    背景写真は、1951年、日米安全保障条約調印式でサインする吉田茂首相(当時)。   公開霊言   「吉田茂の霊言」 2017年10月5日収録   「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方...

  • 憲法9条のご本尊、吉田茂元首相が天国に還れない理由とは

    2017.10.17
    憲法9条のご本尊、吉田茂元首相が天国に還れない理由とは

    背景写真は、1951年、日米安全保障条約調印式でサインする吉田茂首相(当時)。   公開霊言   「吉田茂の霊言」 2017年10月5日収録   「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方...

  • 北朝鮮ミサイル 降ってくるとき、どんな音がするのか?

    2017.10.14
    北朝鮮ミサイル 降ってくるとき、どんな音がするのか?

      《本記事のポイント》 日本のミサイル対策、「迎撃」「抑止」「国民保護」いずれも間に合わず 今、議論すべき国防は「5~10年後を見据えたもの」 自民党の国防公約は「現状確認」に過ぎない   北朝鮮の発射したミサイルが、日本の街に飛んで来る瞬間、どんな音がするのだろうか。   答...

  • 【保守政党・公約比較】希望は候補が「民進党」、自民は政策が「民進党」

    2017.10.11
    【保守政党・公約比較】希望は候補が「民進党」、自民は政策が「民進党」

      衆院選を前に、混迷する政局と、各党の主張――。「保守」と言われる政党の主張や成果を、図解で整理した。   (1) 「希望の党」の主義・政策 まずは、「希望の党」。党綱領には「寛容な改革保守政党を目指す」とあり、小池百合子代表も「日本の心を守っていく保守」と述べている。公約でも、「日本の厳しい安全保障環境に対しては党...

  • 「国難をつくったのは自民と民主」 トモダチ作戦立案した元海兵隊員が語る

    2017.10.10
    「国難をつくったのは自民と民主」 トモダチ作戦立案した元海兵隊員が語る

      《本記事のポイント》 エルドリッジ氏は「国難は誰がつくったのかを考えなければならない」と指摘。 北朝鮮危機への対処の次は、中国対策も必要。 幸福実現党は、8年間ぶれずに国防を訴え続けている。   アメリカの協力なしに、北朝鮮のミサイルから日本国民を守ることはできない。   北...

  • 小池新党、「原発ゼロ」で売るためHPから「核武装」を削除

    2017.09.29
    小池新党、「原発ゼロ」で売るためHPから「核武装」を削除

    写真:アフロ   《本記事のポイント》 希望の党が掲げる「原発ゼロ」は、票の確保のため 小池氏のHPから「核装備」の記事が削除された 日本経済への大きなダメージが予想される   総選挙を前に、政界に大波乱が起きている。民進党が事実上解党し、希望の党に合流するという。   ...

  • 衆議院・国難突破解散、幸福実現党の「国難選挙」を後追い

    2017.09.27
    衆議院・国難突破解散、幸福実現党の「国難選挙」を後追い

      「国難」だと気付くのが、遅すぎたのではないか。   安倍晋三首相は25日、首相官邸で記者会見を行い、28日召集の臨時国会冒頭で衆議院を解散する意向だと表明した。安倍首相は、「この解散は『国難突破解散』であります。(中略)北朝鮮の脅威に対して国民の命と平和な暮らしを守り抜く」と語った。     2009...

  • トランプ米大統領の国連演説 その本心はすでに語られていた

    2017.09.21
    トランプ米大統領の国連演説 その本心はすでに語られていた

      《本記事のポイント》 トランプ大統領が「(脅威を受ければ)北朝鮮を完全に破壊する」意志を強調。 8月末には、守護霊も同様の発言をしていた。 日本はアメリカの意志を理解し、協力すべき。   米トランプ大統領が、国連総会で初の一般討論演説を行った。   トランプ大統領は19日、「...

  • 日本人の生存権をアメリカに委ねる自民党政治の限界 主権国家として国を守るためにすべきこと

    2017.09.18
    日本人の生存権をアメリカに委ねる自民党政治の限界 主権国家として国を守るためにすべきこと

      安倍晋三首相が28日の臨時国会の冒頭で衆院を解散する考えを固めていることを各紙が報じた。   15日にも北朝鮮がミサイルを発射し、日本の上空を越えて襟裳岬の東2000キロの地点に着水したばかり。3日には6回目の核実験を行った可能性が高く、まさに「戦時体制」にある。こんな時に選挙を行えば政治空白が生まれ、有事への対応が遅れることは明らかだ。自ら隙...

  • 韓国が核配備をアメリカに要請していた 日本の状況もほとんど同じ

    2017.09.12
    韓国が核配備をアメリカに要請していた 日本の状況もほとんど同じ

      《本記事のポイント》 韓国政府は昨年10月にアメリカに核配備を要請していた 北朝鮮と対峙する韓国にとって核配備は悲願 すでに北朝鮮のミサイルが届く日本も核配備を検討すべき   韓国政府が、アメリカの戦術核兵器を韓国に再配備することを、昨年10月にアメリカ側に要請していたことが今月10日、元当局者の話と...

Menu

Language