検索結果 【憲法改正】

51-59件/59件中

  • 参院山口補選告示 「消費税増税、憲法改正、原発再稼働」が争点

    2013.04.12
    参院山口補選告示 「消費税増税、憲法改正、原発再稼働」が争点

      参院山口補選告示 「消費税増税、憲法改正、原発再稼働」が争点 幸福実現党からは河井美和子氏が立候補   河井美和子候補(左)、JR山口駅前での第一声にて。幸福実現党・矢内筆勝党首(左)も応援演説した。 民主党から自民党への政権交代後、初の国政選挙である参院山口補選が11日、告示された。4人が立候補を届け...

  • 「新・日本国憲法試案」の読み方

    2009.07.21
    「新・日本国憲法試案」の読み方

    2009年9月号記事   来年5月から憲法改正の発議が可能になる。来る衆院選では、憲法改正は一つの争点になるだろう。 去る6月15日、幸福実現党の創立者である大川隆法・幸福の科学グループ創始者兼総裁より「新・日本国憲法試案」が発表された。未来型国家のビジョンに基づく「大統領制の導入」「防衛軍の創設」「小さな政府を目指すこと」などの斬新な提言は、各方面から大き...

  • 大川隆法    新・日本国 憲法試案

    2009.06.21
    大川隆法 新・日本国 憲法試案

    2009年8月号記事   与野党の不毛な対立の下、憲法改正論議がストップしている。 しかし、国民の生命を脅かす北朝鮮のミサイル危機や不況に追い討ちをかける増税路線などの「内憂外患」を一掃し 今世紀の新たな展望を開くためには国家の骨格を刷新しなければならない。 来年5月から憲法改正の発議が可能となる。 今回の衆院選で、憲法改正案を国民に...

  • 今こそ知っておきたい「憲法入門」その3

    2008.06.13
    今こそ知っておきたい「憲法入門」その3

    2008年8月号記事 宗教こそ民主主義の基本   憲法改正のための国民投票法は成立したものの、一向に改正に向けた審議が進まない日本の政治。 シリーズ最終回は、まもなく日本でも始まる予定の「宗教教育」をはじめ、「信教の自由」「政教分離」など、宗教と国家のあるべき関係を考えてみよう。  (編集部 泉聡彦)   ...

  • 今こそ知っておきたい「憲法入門」 その2

    2008.05.13
    今こそ知っておきたい「憲法入門」 その2

      2008年7月号記事 憲法9条が日本を滅ぼす!?   世論調査では、憲法改正が必要だと思う人は半数以上いると報じられているが、そもそも憲法は何のために改正する?なぜ日本国憲法は今まで一度も改正されなかった? シリーズ2回目の今回は、35年ぶりに違憲判決が出されるなど、再び注目されている憲法9条を中心に、プライバシー権、環境権など...

  • 「毅然とした国家」路線は欠かせない

    2007.09.13
    「毅然とした国家」路線は欠かせない

    2007年11月号記事 憲法改正、価値観外交──   「毅然とした国家」路線は欠かせない   安倍退陣 新政権誕生   安倍晋三首相の突然の辞任表明を受け、福田康夫元官房長官の自民新総裁・新首相への就任が濃厚となった(19日現在)。今後はインド洋での海上自衛隊の給油活動を継続できるかどうか、衆院総選挙がいつになるか...

  • 「隠れサヨク」との戦いは続く

    2007.08.13
    「隠れサヨク」との戦いは続く

    2007年10月号記事 どうなる  参院選後のニッポン 憲法改正に反対する「隠れサヨク」との戦いは続く   「かつての自民党のやり方」 参院選で37議席に終わった自民党――。故・竹下登元首相の強固な地盤を受け継ぐ島根県では、自民現職の景山俊太郎氏が、国民新党の新人で民主党推薦の亀井亜紀子氏に3万票以上の差をつけられて敗れた。 ...

  • 中国が日本を「属領化」する

    2007.08.13
    中国が日本を「属領化」する

    2007年10月号記事     台湾で激突する米中の覇権   安倍・自民党の参院選大敗で、公約の憲法改正はハードルが高くなった。ただ、日本を取り巻く環境を見れば、中国が大軍拡を加速させ、「台湾獲得」に動いているように見える。中国に台湾が併合されれば、「次は日本が中国の属領になる」との指摘もある。その時期は早ければ2020年...

  • 国民投票法がついに成立

    2007.06.10
    国民投票法がついに成立

    2007年8月号記事 ──動きだした憲法改正   憲法改正の手続き初めて整備 憲法改正の手続きを定めた「国民投票法」が、5月14日参院本会議で可決、成立した。 1947年に施行された日本国憲法は、その後60年、一度も改正されていない。日本国憲法は改正が難しい「硬性憲法」と言われるもので、第96条1項は「各議院の総議員の三分の二以上の賛成で...

Menu

Language