検索結果 【復興】

61-70件/291件中

  • 相次ぐ製造業の不祥事 今必要な「二宮尊徳」精神 - ニュースのミカタ 2

    2017.12.25
    相次ぐ製造業の不祥事 今必要な「二宮尊徳」精神 - ニュースのミカタ 2

    データの改ざんを謝罪する神戸製鋼の川崎博也社長(中央)ら。写真:ロイター/アフロ   2018年2月号記事   ニュースのミカタ2 経済   相次ぐ製造業の不祥事 今必要な「二宮尊徳」精神   日本の製造業の信頼を傷つける不祥事が続いています。 日産やスバルでは...

  • 【地域シリーズ・栃木】資本主義の源流は日本にあった! 最強の「積小為大」経営

    2017.12.24
    【地域シリーズ・栃木】資本主義の源流は日本にあった! 最強の「積小為大」経営

      2018年2月号記事   地域シリーズ・栃木   資本主義の源流は日本にあった! 最強の「積小為大」経営   純貯蓄、一人当たりの県民所得ともに全国ベスト5に入るなど、堅実な県民性の栃木県。 そのルーツを探るべく、生誕230年を迎え、今なお県民から尊敬される二宮尊徳のゆかりの地...

  • 「資本主義精神」を体現していた二宮金次郎像 源流には「恩返し」の思い

    2017.12.23
    「資本主義精神」を体現していた二宮金次郎像 源流には「恩返し」の思い

    金次郎が没した栃木県日光市今市(いまいち)の報徳二宮神社にある金次郎像。   《本記事のポイント》 金次郎は資本主義の精神を体現し、600以上の藩や村を再建した 金次郎の行動を支えたのは、「恩返ししたい」という思い 覇権を拡大する社会主義国家・中国を抑え込むためにも金次郎の思想が必要   中国が、...

  • 中国は北朝鮮を見殺しにする 北問題の次を見通す

    2017.12.04
    中国は北朝鮮を見殺しにする 北問題の次を見通す

      2カ月近く沈黙を続けていた北朝鮮が11月末、大陸間弾道ミサイル(ICBM)とみられるミサイルを発射した。 北朝鮮は、ミサイル発射後の声明で「国家核戦力完成の歴史的大業、ミサイル強国の偉業実現」と述べ、核・ミサイル開発をやめるつもりがさらさらないことを世界に見せつけた。   アメリカの北朝鮮研究サイト「38ノース」も、動画と衛星写真を分析...

  • トランプの“最側近”だったバノン氏、来日し、中国覇権を本気で警告(前編)

    2017.11.20
    トランプの“最側近”だったバノン氏、来日し、中国覇権を本気で警告(前編)

    plavevski / Shutterstock.com   《本記事のポイント》  習近平演説は「21世紀における最も重要な演説」  中国が覇権を握る3つの戦略 「中国はパートナーではなく敵と気付くべき」   トランプ大統領の首席戦略官兼上級顧問を8月まで務め、「大統領の最側...

  • 「金正恩後」に起きること Part.2 - Q.北の崩壊後、統治はどうなる?

    2017.10.29
    「金正恩後」に起きること Part.2 - Q.北の崩壊後、統治はどうなる?

      2017年12月号記事   「金正恩後」に起きること アメリカが統治? 中国も崩壊? 日本は?   contents 「金正恩後」に起きること Part.1 - Q.北の崩壊後、難民が押し寄せてきたら? 「金正恩後」に起きること Part...

  • 日本経済の底力 - 世界に挑むニッポンの中小企業

    2017.10.29
    日本経済の底力 - 世界に挑むニッポンの中小企業

    まちゃー / PIXTA(ピクスタ)   2017年12月号記事   日本経済の底力 世界に挑むニッポンの中小企業   長らく停滞が続いている日本経済。 だが日本には、規模は小さくても世界から注目される元気な中小企業がたくさんある。 (編集部 小川佳世子、山本泉)   ...

  • 習近平演説の"聞き捨てならない"発言 本気で「冷戦」を始めるらしい

    2017.10.26
    習近平演説の"聞き捨てならない"発言 本気で「冷戦」を始めるらしい

    plavevski / Shutterstock.com   《本記事のポイント》 習近平国家主席が、自身の後継者を抜擢しないことが確定 中国は社会主義国として世界一を目指しており、冷戦の再来が予測される 中国の脅威を認識し、日本は「自分の国を自分で守る国」になる必要がある   5年に一度開かれる...

  • ついに衆院選の投票日に 日本のこれからを考える選択を

    2017.10.22
    ついに衆院選の投票日に 日本のこれからを考える選択を

      《本記事のポイント》 投開票前日の各紙の報道を比較する 各党の看板政策を再確認 日本のこれからを考えた選択を   とうとう、衆院選の投票日を迎える。どの候補者や政党に投票するかは、決まっただろうか。   「大義なき解散」とも評された今回の衆院選は、台風の影響もあり、投票率が低...

  • 憲法9条のご本尊、吉田茂元首相が天国に還れない理由とは

    2017.10.17
    憲法9条のご本尊、吉田茂元首相が天国に還れない理由とは

    背景写真は、1951年、日米安全保障条約調印式でサインする吉田茂首相(当時)。   公開霊言   「吉田茂の霊言」 2017年10月5日収録   「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方...

Menu

Language