検索結果 【医者】

61-70件/138件中

  • 「お金が貯まる生活」入門 夫婦で考える未来設計

    2017.04.11
    「お金が貯まる生活」入門 夫婦で考える未来設計

      古い付き合いのアラフォーのT先輩。 2人の子宝に恵まれ、仕事も家庭も充実しています。 でも最近、「お金の貯め方がよく分からない」とつぶやいていました。 この企画は、そんなT先輩に贈ります――。(2016年4月号本誌記事再掲)       フィナンシャル・プランナーに聞いた...

  • 松本人志さん「タレントの労働組合」設立を提唱 清水富美加さん擁護の声相次ぐ

    2017.02.20
    松本人志さん「タレントの労働組合」設立を提唱 清水富美加さん擁護の声相次ぐ

      女優・清水富美加さん(法名・千眼美子)の出家について、芸能界では「仕事を途中でやめて、迷惑をかけた」として、清水さんを批判する意見が多い。だが、清水さんを擁護する声も少しずつ出始めている。     西川史子さん「責めたらかわいそう」 19日に放送されたバラエティ番組(TBS)で、医師でタレントの西川史子さんは「彼女はい...

  • 映画「沈黙」に流れる歪んだ信仰観を問う それでも「神は沈黙していない」

    2017.01.29
    映画「沈黙」に流れる歪んだ信仰観を問う それでも「神は沈黙していない」

      霊言   公開霊言「映画「沈黙」に見る「信仰と踏み絵」―スコセッシ監督守護霊とのスピリチュアル対話―」 2017年1月25日収録   「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象...

  • 家族の難病への向き合い方

    2016.11.30
    家族の難病への向き合い方

      2017年1月号記事   個人の人生、社会、国家、人類、地球そして宇宙。すべてを幸福な未来へ導くための羅針盤として、ワールド・ティーチャー(世界教師)大川隆法総裁の質疑応答をお届けしてまいります。   家族の難病への向き合い方 大川隆法 未来への羅針盤 ワールド・ティーチャー・メッセージ No.239 ...

  • HSUが選ばれる理由 本気で学ぶ学生、彼らをほしがる企業

    2016.11.29
    HSUが選ばれる理由 本気で学ぶ学生、彼らをほしがる企業

      2017年1月号記事   ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ HSUが選ばれる理由 本気で学ぶ学生、彼らをほしがる企業   九十九里浜の海を臨む千葉県長生村。 ここには、わざわざ有名大学を辞めて 入学してくるような、勉強熱心な学生が集まる全寮制の「私学」がある。 (編集部 山...

  • 規制GO 僕は「規制マスター」になる

    2016.08.17
    規制GO 僕は「規制マスター」になる

      全世界でブームとなった、スマホ向けゲーム『Pokemon GO』。   これについて何か記事化できないかと、編集部の同僚と話をしていたら、筆者の名前が、主人公の「サトシ」と同名であることに気づく。   そういえば、子供の頃に「今日、ピカチュウはどうしたの?」って、友達からいじられたっけ。あまりいい思い出はないが、これも...

  • 山口敏太郎のエックス-リポート 【第47回】

    2016.07.29
    山口敏太郎のエックス-リポート 【第47回】

      2016年9月号記事   No. 047   山口敏太郎のXREPORT 超常現象コメンテーターの山口敏太郎氏が宇宙人、UFO、その他の超常現象をジャーナリスティックに検証する   山口敏太郎 (やまぐち・びんたろう)1966年、徳島市生まれ。神奈川大...

  • どうせなるなら 読書依存症

    2016.05.30
    どうせなるなら 読書依存症

      2016年7月号記事   どうせなるなら 読書依存症   「読書しなきゃ」と思うなら、 そうせずにはいられないカラダに なってしまえばいい。 (編集部 馬場光太郎)     「読書好きはうらやましい。何かの拍子で本を読みはじめ、読めば読むほど本が好きに...

  • 「お金が貯まる生活」入門 夫婦で考える未来設計

    2016.02.28
    「お金が貯まる生活」入門 夫婦で考える未来設計

      2016年4月号記事   「お金が貯まる生活」入門 夫婦で考える未来設計   古い付き合いのアラフォーのT先輩。 2人の子宝に恵まれ、仕事も家庭も充実しています。 でも最近、「お金の貯め方がよく分からない」とつぶやいていました。 この企画は、そんなT先輩に贈ります。 (編集部 冨...

  • パリ同時テロ 憎しみを超えて、愛を取れ 「イスラム国」が命がけで訴える5つの言い分――キリスト教圏との「和解」は可能だ (Webバージョン) - 編集長コラム

    2015.11.25
    パリ同時テロ 憎しみを超えて、愛を取れ 「イスラム国」が命がけで訴える5つの言い分――キリスト教圏との「和解」は可能だ (Webバージョン) - 編集長コラム

    パリ市内のレストラン前でテロの犠牲者を追悼する人たち。「イスラム国」はテロリスト集団なのか。それとも「一交戦国」なのか。写真:AP/ アフロ   2016年1月号記事   パリ同時テロ   憎しみを超えて、愛を取れ 「イスラム国」が命がけで訴える5つの言い分 ――キリスト教圏との「和解」は可能だ ...

Menu

Language