検索結果 【テロ】

61-70件/445件中

  • 開戦前夜のアメリカ・イスラエル VS. イラン - イランは本当に 「悪」なのか?

    2019.07.29
    開戦前夜のアメリカ・イスラエル VS. イラン - イランは本当に 「悪」なのか?

      2019年9月号記事   開戦前夜のアメリカ・イスラエル VS. イラン イランは本当に「悪」なのか?   アメリカとイランは一触即発の状態だ。トランプ米政権はイラン攻撃も辞さない構えを見せている。 イラン情勢をどのように見ればよいのか。 (編集部 長華子、山本泉)   ...

  • 九州の大雨の背景にある「天意」とは 日本は世界のリーダーとなれ

    2019.07.04
    九州の大雨の背景にある「天意」とは 日本は世界のリーダーとなれ

      九州地方で記録的な大雨が観測されている。   6月末から降り続いている大雨は、今月に入ってもやむ気配がない。熊本や鹿児島では1カ月分の雨量が1日で降ると見込まれ、地域によっては1日で一年の6分の1の雨量に達するとも報じられている。すでに土砂崩れや浸水被害が相次いでいる。   気象庁は緊急の会見を開いて、西日本豪雨の時の...

  • イランの女性副大統領が講演 「イランは中東の平和と安定に貢献してきた」

    2019.06.28
    イランの女性副大統領が講演 「イランは中東の平和と安定に貢献してきた」

    東京都内で講演する、イランのエブテカール副大統領。   《本記事のポイント》 東京都内でイランのマスメ・エブテカール副大統領が講演 イランは、イスラム国の掃討、難民の受け入れなどで国際的使命を果たしている アメリカは、イスラムの宗教・文化に敬意と寛容さを示す必要がある   イランのマスメ・エブテカ...

  • アメリカとイランの対立:日本には仲裁する宗教的使命がある

    2019.06.21
    アメリカとイランの対立:日本には仲裁する宗教的使命がある

      《本記事のポイント》 安倍政権の無闇な対米追従がタンカー攻撃を招いた イランだけを責めるのは不公平 中東戦争が起きれば「イラン・シリア・ロシア・北朝鮮・中国」が団結してしまう   アメリカとイランとの間の軍事的緊張が高まっている。安倍晋三首相がイランを訪問中、中東ホルムズ海峡付近で、日本の海運会社「国...

  • 中国の脅威の本質は西洋文明への挑戦 応戦するトランプ大統領

    2019.05.18
    中国の脅威の本質は西洋文明への挑戦 応戦するトランプ大統領

    画像:Shutterstock.com   《本記事のポイント》 中国との対決を「文明の衝突」の文脈でとらえ始めたトランプ米政権 来年、中国は「社会信用システム」を構築し、全体主義国家として完成する トランプ氏が自国企業や産業を犠牲にしてでも規制をかける真意   中国の習近平国家主席は15日、アジ...

  • 正しい者は強くなければならない── 大川隆法総裁「信仰を護る強さ」講演

    2019.04.28
    正しい者は強くなければならない── 大川隆法総裁「信仰を護る強さ」講演

      大川隆法・幸福の科学総裁が27日、栃木県宇都宮市にある幸福の科学の研修施設・総本山正心館で法話「信仰を護る強さ」を行った。本会場は約1100人の聴衆で満席となり、講演は全国に同時中継された。   今年で立党10周年を迎える幸福実現党の創立者でもある大川総裁は冒頭、「言論やさまざまな活動を通して、日本やアジアを中心とする危機に警鐘を鳴らし続けてき...

  • ニュージーランド銃乱射事件 人種差別を乗り越える転生輪廻の思想

    2019.03.19
    ニュージーランド銃乱射事件 人種差別を乗り越える転生輪廻の思想

    事件の犠牲者の冥福を祈る人々。写真:Michael W NZ / Shutterstock.com   《本記事のポイント》 ニュージーランドのクライストチャーチで起きたテロの背景には、白人至上主義があった。 銃規制の強化だけでは、悲劇を食い止めることは難しい。 人は様々な立場で生まれ、経験を積んでいるという「転生輪廻の思想」...

  • 米国務省の大使「中国は宗教との戦いに勝つことはできない」

    2019.03.16
    米国務省の大使「中国は宗教との戦いに勝つことはできない」

      《本記事のポイント》 米国務省の信教の自由担当大使が香港と台湾で講演 アメリカの目標は世界に信教の自由を広げること 複数政党制の民主主義を中国に根付かせるべき   アメリカで米台高官の相互訪問を認める「台湾旅行法」が昨年3月に成立し、米政府高官の台湾訪問が相次ぐ中、米国務省のサム・ブラウンバック大使(...

  • 【短縮版】マレーシア航空370便 謎の行方不明から5年 誰が何を隠しているのか

    2019.03.10
    【短縮版】マレーシア航空370便 謎の行方不明から5年 誰が何を隠しているのか

      マレーシア航空370便が失踪してから5年が経った。航空史上最大のスキャンダルの真相に迫った本誌2017年6月号記事を再掲する。   ◆ ◆ ◆   南シナ海の上空で、乗員乗客239人を乗せた「マレーシア航空370便」が姿を消してから3年が過ぎた。さまざまな物証や専門家の分析から、南インド洋に墜落したとする通説を...

  • 蒋介石霊言で浮かび上がる  中国に広げるべき台湾の価値観 - 大川隆法総裁 霊言Report

    2019.02.28
    蒋介石霊言で浮かび上がる 中国に広げるべき台湾の価値観 - 大川隆法総裁 霊言Report

    戦後処理について話し合った1943年のカイロ会談。左から、蒋介石、ルーズベルト、チャーチル。   2019年4月号記事   大川隆法総裁 霊言Report   蒋介石霊言で浮かび上がる 中国に広げるべき台湾の価値観   「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。...

Menu

Language