検索結果 【抑止力】

51-60件/236件中

  • 自殺対策強化月間に厚労省がSNSの相談窓口 「死後どうなるか」を知ることが自殺防止に

    2018.03.01
    自殺対策強化月間に厚労省がSNSの相談窓口 「死後どうなるか」を知ることが自殺防止に

      《本記事のポイント》  日本は先進国の中でも自殺が多く、特に若者の自殺率が高い  日本で自殺が多い理由には、宗教的な教えが不足していることが挙げられる 「自殺すると死後どうなるか」という霊的真実を知ることは、自殺防止につながる   厚生労働省はこのほど、3月の自殺対策強化月間に実施...

  • 「孫子」で中国に「戦わずして勝つ」 ―日本の新しい平和主義 - 編集長コラム

    2018.02.27
    「孫子」で中国に「戦わずして勝つ」 ―日本の新しい平和主義 - 編集長コラム

    写真:AP/アフロ   2018年4月号記事   編集長コラム Monthly  Column   「孫子」で中国に「戦わずして勝つ」 ――日本の新しい平和主義     「覇権国と覇権を目指す国の間では、過去500年で16個のケースのうち4つしか戦争を防...

  • 1カ月を切った沖縄の石垣市長選 自衛隊基地が“ないから”狙われる

    2018.02.19
    1カ月を切った沖縄の石垣市長選 自衛隊基地が“ないから”狙われる

    石垣市の市街地(AdrianoK / Shutterstock.com)。   《本記事のポイント》 石垣市長選は、自衛隊の配備地をめぐって保守が分裂 反対派は「基地があるから狙われる」と主張するが、実際は「基地がないから狙われている」 中国の脅威は日増しに高まっており、現行の自衛隊配備計画を進めるのがベストな選択 ...

  • トランプ氏が「核なき世界」を放棄? 現実的な核政策として評価できる

    2018.02.05
    トランプ氏が「核なき世界」を放棄? 現実的な核政策として評価できる

    核兵器を搭載できる米空軍ステルス戦略爆撃機B2(画像はmark reinstein / Shutterstock.com)。   《本記事のポイント》 トランプ米大統領がオバマ氏の核政策を転換させ、批判が起きている そのオバマ氏は核なき世界を追求できず、看板倒れに終わった 日本の安全保障環境も悪化しており、核装備の必要性が高ま...

  • 日本が再び「サムライ」になる日 ―憲法9条改正への道 - 編集長コラム

    2018.01.29
    日本が再び「サムライ」になる日 ―憲法9条改正への道 - 編集長コラム

    Fast&Slow/PIXTA(ピクスタ)   2018年3月号記事   編集長コラム Monthly  Column   日本が再び「サムライ」になる日 ―憲法9条改正への道   北朝鮮の核・ミサイル問題は南北対話が始まり、新たな局面に入った。文在寅・韓国大統...

  • 「いずも」が戦後初の空母へ 背景にはトランプの要請があった

    2017.12.27
    「いずも」が戦後初の空母へ 背景にはトランプの要請があった

    空母への改修が検討される護衛艦「いずも」(AFP/アフロ)   《本記事のポイント》 日本の空母保有は、アメリカの「再軍備」要請の具体化 空母を持てば、防衛力強化だけでなく、日本外交の発言力が高まる 一国平和主義を脱却し、アジアの平和と安全を守る決意を   政府は、2020年代初頭の運用を目指し、...

  • 【激震スクープ】トランプが「核装備」「改憲」「空母保有」を首相に要請

    2017.12.25
    【激震スクープ】トランプが「核装備」「改憲」「空母保有」を首相に要請

    11月上旬のトランプ氏来日の際のワンシーン。さりげない会話の中で重要なことを告げるのは同氏の得意技だ。写真:ロイター/アフロ   2018年2月号記事   日本激震スクープ   トランプが「憲法改正」「核装備」 「空母保有」を首相に要請   トランプ米大統領は11月に来日した際、安倍...

  • ノーベル自身も揺れた「軍縮か? 抑止力か?」 また平和賞が波紋呼ぶ

    2017.12.12
    ノーベル自身も揺れた「軍縮か? 抑止力か?」 また平和賞が波紋呼ぶ

    Pe3k / Shutterstock.com   《本記事のポイント》 平和賞の「軍縮=平和」は、ノーベルの遺言から来ている その奥にある、ノーベルを"振った"女性の影 ノーベル自身は「抑止力」を重視していた   「平和賞」は、「平和への貢献を称える賞」ではなく、「平和の難し...

  • オレたちの絆が世界を守る - 2018年を「信仰」で読み解く

    2017.11.30
    オレたちの絆が世界を守る - 2018年を「信仰」で読み解く

    イラスト:菊池としを   2018年1月号記事   オレたちの絆が世界を守る 2018年を「信仰」で読み解く   北朝鮮の核・ミサイル開発、中国の台頭、宗教紛争など、国際社会は混沌としている。 2018年は、さらに混迷を深めるのか。それとも新たな未来が開かれるのか。カギを握る国のリーダーたちの本心を...

  • 自民党キャッチコピーと、大川隆法7年前の著書がシンクロ!?

    2017.10.21
    自民党キャッチコピーと、大川隆法7年前の著書がシンクロ!?

      《本記事のポイント》 7年前に大川隆法・幸福の科学総裁が『この国を守り抜け』を出版 提言――北朝鮮と中国は憲法9条の適用外に 提言――「インフレターゲット」と「脱・増税」で景気回復   この国を守り抜け 大川隆法著 幸福の科学出版 このたびの衆...

Menu

Language