検索結果 【対談】

51-60件/221件中

  • 元イスラエル大使が語る「神国日本論」 日本が神の国である3つの理由

    2018.05.27
    元イスラエル大使が語る「神国日本論」 日本が神の国である3つの理由

    憲政記念館で講演をする元イスラエル大使のコーヘン氏。   《本記事のポイント》 元イスラエル大使のエリ・コーヘン氏が出版記念講演を行った 2000年にわたって、信仰、民族、国土が続く日本は「神国」だという 時代とともに現れ方は変わるが、信仰、民族、国土という「日本道」は変わらない   元イスラエル...

  • 釈量子の志士奮迅 [第68回] - 台湾政権ブレーンが語る日本の責任

    2018.04.29
    釈量子の志士奮迅 [第68回] - 台湾政権ブレーンが語る日本の責任

      2018年6月号記事   第68回   幸福実現党 党首 釈量子の志士奮迅   幸福実現党党首   釈量子 (しゃく・りょうこ)1969年、東京都生まれ。國學院大學文学部史学科卒。大手企業勤務を経て、(宗)幸福の科学に...

  • 渡部昇一の過去世 - 新 過去世物語 人は生まれ変わる

    2018.03.29
    渡部昇一の過去世 - 新 過去世物語 人は生まれ変わる

    イラスト:菊池としを   2018年5月号記事   新・過去世物語 人は生まれ変わる   渡部昇一の過去世   人は、何度も生まれ変わりながら、魂を磨き、人格を向上させていく永遠の存在。その生まれ変わりの過程は、一人ひとりの個性によって彩られた物語となる。幸福の科学の霊査で明らかになった著...

  • 新書から読めば挫折しない! 教養人への道 - Vol.23 歴史ほど奥深い教養はない

    2018.03.29
    新書から読めば挫折しない! 教養人への道 - Vol.23 歴史ほど奥深い教養はない

      2018年5月号記事   新書から読めば挫折しない! 教養人への道   「読書で教養を深めたい」と思っても、一体何から読めばいいのか分からない―。 このコーナーでは、教養を深めていくための、入り口になる新書を紹介します。   Vol.23 歴史ほど奥深い教養はない  ...

  • 人材を育てる人、ダメにする人 宗教が説く「教育者の条件」とは

    2018.03.12
    人材を育てる人、ダメにする人 宗教が説く「教育者の条件」とは

      たとえ、学校の先生や子育て中の親でなくとも、会社の後輩や部下の指導など、人生において「教育力」を求められる局面は多い。   どうすれば良き教育者となれるのか――。そんな疑問への答えが示された『教育者の条件 人を育てる7つのポイント』(大川隆法・大川直樹著)が今月7日から、全国の書店で販売されている。   同書では、「教...

  • 伊が「尊厳死法」を施行 死を「自己決定」した“後”に来るものとは

    2018.02.03
    伊が「尊厳死法」を施行 死を「自己決定」した“後”に来るものとは

      《本記事のポイント》 男性の安楽死をきっかけに、イタリアで尊厳死法が施行 日本でも尊厳死をめぐる議論が盛んになっている 死後も苦しまないためには、霊的人生観が必要   延命治療を望まない「尊厳死」を認める法律が1月31日、イタリアで施行された。海外メディアや読売新聞が報じた。   ...

  • 韓国が日韓合意に新方針 「慰安婦」も「北朝鮮」も、解決のカギは日本にある

    2018.01.10
    韓国が日韓合意に新方針 「慰安婦」も「北朝鮮」も、解決のカギは日本にある

      《本記事のポイント》 韓国政府は日韓合意に関する新方針を示し、合意を事実上反故にした 河野談話で発信した「虚構の歴史」を喝破しない限り、慰安婦問題は解決しない 北朝鮮問題を解決するためにも、日本は韓国に強いリーダーシップを発揮すべき   日韓合意が「なかったこと」になろうとしている。 &nbs...

  • 「資本主義精神」を体現していた二宮金次郎像 源流には「恩返し」の思い

    2017.12.23
    「資本主義精神」を体現していた二宮金次郎像 源流には「恩返し」の思い

    金次郎が没した栃木県日光市今市(いまいち)の報徳二宮神社にある金次郎像。   《本記事のポイント》 金次郎は資本主義の精神を体現し、600以上の藩や村を再建した 金次郎の行動を支えたのは、「恩返ししたい」という思い 覇権を拡大する社会主義国家・中国を抑え込むためにも金次郎の思想が必要   中国が、...

  • 渡部昇一氏による「霊界レポート」発刊の意義とは

    2017.11.13
    渡部昇一氏による「霊界レポート」発刊の意義とは

      今年4月、86歳で亡くなった、評論家の渡部昇一氏。保守系言論人として、多数の著書を著し、日本の言論界をリードした。   亡くなって半年、渡部氏の霊が、幸福の科学・大川隆法総裁を通して「あの世の生活」をレポートしてきた書籍『渡部昇一 死後の生活を語る』が、このほど発刊される。   書籍の発刊にあわせ、大川総裁は12日、幸...

  • トランプ訪中を目前に米中対立が強まる 2050年に冷戦到来か、自由主義の勝利か

    2017.11.03
    トランプ訪中を目前に米中対立が強まる 2050年に冷戦到来か、自由主義の勝利か

      《本記事のポイント》 トランプ訪中を目前に、経済を争点に米中対立が強まっている 2050年までに「トップクラスの国家」を目指す習近平の野望を抑える意図 日本政府も中国の脅威を認識し、日米の協力関係を強化すべき   ドナルド・トランプ米大統領の訪中を控える中、米中の経済対立が強まっている。 &n...

Menu

Language