検索結果 【ボランティア】

51-60件/153件中

  • 1年半でサブスリーを達成した40代中年男のマラソン奮闘記(5) マラソン当日のレース運び

    2017.12.17
    1年半でサブスリーを達成した40代中年男のマラソン奮闘記(5) マラソン当日のレース運び

      いよいよ「第2回水戸黄門漫遊マラソン」当日を迎えた。台風22号の接近もあり、開催が危ぶまれたが、主催者側の英断により決行された。幸い、風は強くなかったが、雨が降り続く中での初マラソンとなった。   朝4時に起床。餅を4個食べ、大会用に特別に運行された特急列車に乗って水戸へ向かった。水戸駅に着くと、雨の中にもかかわらず、ボランティアの方々が温かく...

  • 政府の仕事の“発展段階”―「福祉国家」から「無税国家」へのステップ - 編集長コラム

    2017.11.29
    政府の仕事の“発展段階”―「福祉国家」から「無税国家」へのステップ - 編集長コラム

      2018年1月号記事   編集長コラム MONTHLY COLUMN   政府の仕事の“発展段階” ―「福祉国家」から「無税国家」へのステップ   2017年秋の衆院選で消費税増税を「信任」された形の安倍晋三首相は、かさにかかって次々と増税案を打ち出している。...

  • 女性に仕える男性の成功学

    2017.10.30
    女性に仕える男性の成功学

      2017年12月号記事   個人の人生、社会、国家、人類、地球そして宇宙。すべてを幸福な未来へ導くための羅針盤として、ワールド・ティーチャー(世界教師)大川隆法総裁の質疑応答をお届けしてまいります。   女性に仕える男性の成功学 未来への羅針盤 ワールド・ティーチャー・メッセージ No.250 201...

  • 夫はツライよ - 妻は最高裁判事!?

    2017.10.29
    夫はツライよ - 妻は最高裁判事!?

      2017年12月号記事   夫はツライよ 妻は最高裁判事!?   妻が夫を裁く――。現代では見慣れた光景かもしれない。 しかしこれが、日本の男たちをダメにしていたら? (編集部 河本晴恵)   自分でもここは短所だなと思うところを、はっきりと指摘されると 「分かって...

  • 「監視社会」のリアル あなたのスマホは見られている Part.2 イスラム教徒が訴える監視の実態

    2017.08.30
    「監視社会」のリアル あなたのスマホは見られている Part.2 イスラム教徒が訴える監視の実態

      2017年10月号記事   「監視社会」のリアル あなたのスマホは見られている   現代社会では、ネットやスマホが生活必需品になり、大量のデータが全世界を駆け巡っている。 もし、それを覗き見している人がいるとしたら、あなたはどう思うか。  (編集部 山本慧、長華子、小川佳世子) ...

  • 障害、不登校でも 幸せになれた理由 涙が笑顔に変わった親子のストーリー - 幸福の科学のこと、全部、言っちゃうね。 part4

    2017.08.29
    障害、不登校でも 幸せになれた理由 涙が笑顔に変わった親子のストーリー - 幸福の科学のこと、全部、言っちゃうね。 part4

      2017年10月号記事   幸福の科学のこと、全部、言っちゃうね。 part4   障害、不登校でも 幸せになれた理由 涙が笑顔に変わった親子のストーリー   障害児を産んで流した涙。学校に行けなくて流した涙。 それが笑顔に変わった親子のストーリーを紹介します。 (編集...

  • スマホに支配されない時間術 - 自分を取り戻す読書ライフ

    2017.07.29
    スマホに支配されない時間術 - 自分を取り戻す読書ライフ

      2017年9月号記事   スマホに支配されない時間術 自分を取り戻す読書ライフ   電車に乗れば、右も左もスマホを触る人ばかり。 スマホを活用しているはずが、いつしかスマホに自分が動かされる生活になっていないだろうか。 (編集部 河本晴恵、片岡眞有子)    ...

  • 医師の日野原重明氏が105歳で大往生 霊言で幸福な「生涯現役人生」を実現する方法を語る

    2017.07.26
    医師の日野原重明氏が105歳で大往生 霊言で幸福な「生涯現役人生」を実現する方法を語る

      日本を代表する医師である日野原重明氏がこのほど、105歳でこの世を去った。   日野原氏は、アメリカへの留学などで学んだ新たな医療のあり方や医療者教育を取り入れ、日本の医療の進歩に大きく貢献した。   定期健康診断による早期発見、早期予防の医療を定着させ、終末期医療の普及、医学・看護教育に尽力。成人病と呼ばれていた病気...

  • 地域の声が 「いつもイキイキ!」の私の原動力 - 幸福実現党 神奈川第三選挙区 支部長  いき 愛子

    2017.06.29
    地域の声が 「いつもイキイキ!」の私の原動力 - 幸福実現党 神奈川第三選挙区 支部長 いき 愛子

      2017年8月号記事   地域の声が「いつもイキイキ!」の私の原動力   神奈川県議会に「いじめ防止策の強化」を要請するなど、教育問題に力を入れるいき愛子氏。 その情熱はどこから来るのか。 (聞き手・編集部 小林真由美)     幸福実現党 神奈川第...

  • ワシントンで大規模な対ミサイル訓練 では日本は?

    2017.05.02
    ワシントンで大規模な対ミサイル訓練 では日本は?

      《本記事のポイント》 アメリカ東部の首都圏でミサイルの被弾を想定に入れた訓練が行われた 日本は首都圏での訓練や核シェルターの設置も遅れている ミサイル発射を踏みとどまらせる国防の備えが必要   高まる北朝鮮の脅威を受けて、ワシントンDCを含むアメリカの首都圏で、弾道ミサイルの被弾も想定に入れた大規模な...

Menu

Language