検索結果 【コロナ禍】

51-60件/82件中

  • コロナ禍の政府のバラまきを「やったー!」と感じてしまう人へ (後編)

    2020.06.17
    コロナ禍の政府のバラまきを「やったー!」と感じてしまう人へ (後編)

      コロナ禍で、政府や自治体がさまざまな「自粛」を要請。それに伴い、国民一人につき一律10万円を給付するなど、多くの補助金や助成金をバラまいている。   だが、政府が1000兆円を超える財政赤字を抱えていることが問題になっていることを考えれば、この先に起きるのは「増税」だろう。   コロナの被害を考えれば、インフルエンザ並...

  • コロナ禍の政府のバラまきを「やったー!」と感じてしまう人へ (前編)

    2020.06.16
    コロナ禍の政府のバラまきを「やったー!」と感じてしまう人へ (前編)

      コロナ禍で、政府や自治体がさまざまな「自粛」を要請。それに伴い、国民一人につき一律10万円を給付するなど、多くの補助金や助成金をバラまいている。   だが、政府が1000兆円を超える財政赤字を抱えていることが問題になっていることを考えれば、この先に起きるのは「増税」だろう。   コロナの被害を考えれば、インフルエンザ並...

  • 渡部昇一氏・天国から語る「中国の嘘を許すな」「未来は『自助論』にあり」

    2020.06.15
    渡部昇一氏・天国から語る「中国の嘘を許すな」「未来は『自助論』にあり」

      評論家の渡部昇一氏がこの世を去って3年が経った。   知的生活の重要性や、歴史認識の誤りを乗り越える必要性などを啓蒙してきた渡部氏。生前、国の行く末を左右する事件が起きた時などには、必ずと言っていいほどその評論に注目が集まった。   コロナ感染で世界が混乱し、日本の政治経済にも大きな影響が出ている今、渡部氏に話を聞ける...

  • ジョージ・オーウェル『1984年』に見るワンフレーズ・ポリティクスの危険性

    2020.06.15
    ジョージ・オーウェル『1984年』に見るワンフレーズ・ポリティクスの危険性

    写真:Wachiwit / Shutterstock.com   1949年にイギリスで発刊された『1984年』。架空の全体主義国家・オセアニアに統治された世界が描かれている同書は、発刊から半世紀以上が経った今でも、世界中で読まれ続けています。   同書は全体主義国家における監視社会の恐ろしさを描き出していることで有名です。同時に、民主主義...

  • 香港への国家安全法を批判する欧米の中国批判声明に日本政府は参加拒否 両天秤外交で欧米と亀裂

    2020.06.08
    香港への国家安全法を批判する欧米の中国批判声明に日本政府は参加拒否 両天秤外交で欧米と亀裂

    写真:YT HUI / Shutterstock.com   中国が導入を正式決定した香港への国家安全法に対して、中国を批判するアメリカやイギリスなどの共同声明に日本政府も参加を打診されたが、拒否していたことが6日、分かった。共同通信が伝えている。   共同通信によれば、これは複数の関係国当局者が明らかにしたもので、日本は中国と関係改善を目...

  • 台湾の蔡英文総統が憲法改正に意欲 日台米の連携で中国に打ち勝て

    2020.06.03
    台湾の蔡英文総統が憲法改正に意欲 日台米の連携で中国に打ち勝て

    写真:glen photo / Shutterstock.com   《本記事のポイント》 2期目の政権となる蔡英文総統が中華民国憲法の改憲に意欲 台米関係の緊密化に中国が焦り 日本は「両天秤外交」を捨て、日台米連携を築け     コロナ禍の中、「中国」と「台湾」の関係の変化に、...

  • 6月着工不可なら開業延期もやむなし 静岡リニア水問題の現在

    2020.06.01
    6月着工不可なら開業延期もやむなし 静岡リニア水問題の現在

    写真:YMZK-Photo / Shutterstock.com   コロナ禍の中、静岡県では今も、ある問題の解決の糸口が見つからないでいる。   JR東海が2027年の東京-名古屋間の開業を目指して進めているリニア中央新幹線の静岡工区が、県中部を流れる大井川の源流と重なることから、工事の影響を懸念して、川勝平太静岡県知事を筆頭に反対してい...

  • コロナ禍に便乗し対外侵出する中国に打ち克つには? 国防費倍増で侵略を止めよ 【HSU河田成治氏寄稿】

    2020.05.31
    コロナ禍に便乗し対外侵出する中国に打ち克つには? 国防費倍増で侵略を止めよ 【HSU河田成治氏寄稿】

    5月20日、2期目の就任式に臨んだ蔡英文総統。提供:Taiwan Presidential Office/AFP/アフロ   《本記事のポイント》 中国はコロナをばらまいて、尖閣、台湾、南シナ海奪取に動いている 力の空白と、内政での失策から、覇権拡大に動く 防衛産業に優先的な投資をすれば景気回復になる  ...

  • 高まるアメリカの対中制裁論 もはや"米中天秤外交"は正義にもとる - ニュースのミカタ 1

    2020.05.30
    高まるアメリカの対中制裁論 もはや"米中天秤外交"は正義にもとる - ニュースのミカタ 1

    コロナ禍が中国を襲う2月4日、安倍首相は中国の春節を祝うビデオメッセージを発し、中国人観光客を増やそうとしていた(画像は内閣府大臣官房政府広報室より)。   2020年7月号記事   ニュースのミカタ 1 政治   高まるアメリカの対中制裁論 もはや"米中天秤外交"は正義にもとる...

  • コロナ不況は無用な人災 Part.2 Spiritual Advices

    2020.05.29
    コロナ不況は無用な人災 Part.2 Spiritual Advices

      2020年7月号記事   コロナ不況は無用な人災   政府は5月14日、39県で緊急事態宣言を解除。一方で、さまざまな行政指導、業界の指針などを駆使して、実質的に経済の誘導・統制を続けていこうとしているように見える。 しかし、統治者のミスリードが、どれほど国民生活に打撃を与えるのか。実態を探ってみた。 ...

Menu

Language