検索結果 【減税】

491-500件/506件中

  • 国師・大川隆法総裁の〝軌跡〟

    2009.05.21
    国師・大川隆法総裁の〝軌跡〟

    2009年7月号記事   大川隆法・幸福の科学グループ創始者(兼)総裁は1986年の立宗以来、政治や経済のあるべき姿についても全国各地での法話や本誌記事などを通じて、数々の提言を行ってきている。 そうした提言が、多くの人を救ったり実際の政策として実現している。 このほど大川総裁の発案によって幸福実現党が立党されたがすでに「国師」として大きな政治的影響...

  • オバマ大統領が目指す  アメリカの「日本化」計画!?

    2009.04.18
    オバマ大統領が目指す アメリカの「日本化」計画!?

      2009年6月号記事   短期連載 オバマのアメリカ   ③   オバマ政権がスタートして約3カ月。 内政と外交のスタイルが少しずつ形を現してきた。 それを分析してみると意外にも「日本化」というキーワードが浮かび上がってくる。 オバマ大統領が目指す「アメリカの日本化...

  • 日本は戦慄の「オバマ・リスク」に備えよ

    2008.11.16
    日本は戦慄の「オバマ・リスク」に備えよ

    2009年1月号記事   中国からシーレーンを独力でも守れる体制を   オバマ次期大統領の守護霊(潜在意識)の「声」に基づいてアメリカの政治が直ちに大転換するわけではない。ただ、大統領の4年の任期、再選の可能性も含めると8年の間で、何か大きな「事件」が起こった時、その対処をめぐって守護霊の考え方が影響を与えることになるだろう。「日本を捨て...

  • 世界の発展のために日本がイニシアティブを

    2008.10.15
    世界の発展のために日本がイニシアティブを

    2008年12月号記事   金融危機に克つ! 「大恐慌」のカラ騒ぎはもうたくさん!   アメリカの大手証券会社リーマン・ブラザーズが9月に破綻するや、世界中で「金融危機」が叫ばれている。先行きの暗さばかりが強調されがちな昨今だが、あまりにも悲観的すぎないか? リセッション(景気後退)はある程度避けられないにしても、今必要なの...

  • 日本の政治が世界を救う!第Ⅱ部 日本的社会主義との決別を【社会保障】

    2008.10.15
    日本の政治が世界を救う!第Ⅱ部 日本的社会主義との決別を【社会保障】

    2008年12月号記事   日本の政治が世界を救う! 「自助努力」と「利他の精神」による新たな医療・介護・年金システムを   〝社会保障クライシス〟解決のための新発想 匿名座談会 各種の世論調査で、国民の多くが今もっとも切実に不満や不安を抱えているのが医療や年金などの社会保障だ。もはや制度の手直しや財源確保レベルでは...

  • 「日本は世界のリーダーを目指す」と断言する者が首相たり得る

    2008.09.14
    「日本は世界のリーダーを目指す」と断言する者が首相たり得る

    2008年11月号記事   リバティ・オピニオン 新首相誕生、解散・総選挙へ   福田康夫首相の突然の退陣を受け、麻生太郎・自民幹事長が新首相に選出される見通しだが(9月17日現在)、すでに各衆院議員は“天下分け目の決戦”へと走り出している。今回の衆院選は、2010年代に向けて日本と世界のあり方を問う選挙。日...

  • サブプライム危機  日本人は世界をリードする気概を

    2008.08.14
    サブプライム危機 日本人は世界をリードする気概を

    2008年10月号記事   コラム 論壇風発 ドル体制が揺らぐ世界的な経済危機   アメリカの信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)問題に伴う金融不安が世界を駆け巡ってから1年が経つが、なお危機が収束する気配がない。いま世界経済はどういう局面にあり、日本はどんな手を打っていけばいいのか。   ...

  • 「世界の警察官」退場に備えよ

    2008.08.14
    「世界の警察官」退場に備えよ

    2008年10月号記事   リバティ・オピニオン アメリカ大統領選でオバマ有利――     「民主党・オバマ」対「共和党・マケイン」の対決となったアメリカ大統領選。11月4日の投票日まで2カ月余りと迫るなか、世論調査ではオバマ上院議員が優位を保つ。このまま勝利すれば黒人初の大統領が誕生するが、それにも増してアメリカの外交や...

  • 道路整備は渋滞の多い都市部に重点投資を

    2008.02.13
    道路整備は渋滞の多い都市部に重点投資を

    2008年4月号記事 ─政争の具に使うのは情けない! ガソリン税・道路特定財源問題 優先順位の高い道路に投資していない   1月30日、年度末に期限切れとなるガソリンの暫定税率をめぐって対立していた与野党が急転直下で歩み寄り、政府予算案と関連法案が年度内に成立する公算が強まった。      ...

  • 財テクは「二十四の瞳」の島に学べ!?

    2008.01.13
    財テクは「二十四の瞳」の島に学べ!?

    2008年3月号記事 サブプライムローン騒動?そんなの関係ねぇ!   成熟した日本経済の発展のカギを握る金融分野。世界と渡り合っていくために、われわれは金融立国へと変貌を遂げる必要があるのではないだろうか。瀬戸内海に浮かぶ「投資家の島」にそのヒントを探った。 (編集部 山下格史)   投信で沸く小豆島 15人に1...

Menu

Language