検索結果 【経済学者】

41-50件/195件中

  • 新型コロナで米中開戦したら!? 日本人が知るべき"戦争の経済学"

    2020.05.09
    新型コロナで米中開戦したら!? 日本人が知るべき"戦争の経済学"

    《本記事のポイント》 新型コロナで米中開戦の兆しも!? シュンペーターの弟子が研究した"戦争の経済学" 平時は「分業」、有事は「生産力」が大事     米中関係がにわかにきな臭くなっている。   トランプ米大統領は、新型コロナウィルスが世

    ...

  • 【新型コロナ】武漢市に2秒で焼ける焼却炉が40台も入った謎【澁谷司──中国包囲網の現在地】

    2020.04.22
    【新型コロナ】武漢市に2秒で焼ける焼却炉が40台も入った謎【澁谷司──中国包囲網の現在地】

      《本記事のポイント》 2大病院の患者たちはどこへ行った…… 死者が少ないなら、「秒速焼却炉」を40台も入れたのはなぜ? 食糧危機にも見舞われる習近平政権!?   中国共産党は8日、新型コロナウィルスの発祥地・武漢市の封鎖を一時解除した。しかし、情報統制は依然続いており、内情...

  • 消費減税を求める議論が自民党若手議員から噴出 高い税金がマズイ理由

    2020.03.31
    消費減税を求める議論が自民党若手議員から噴出 高い税金がマズイ理由

      自民党の若手議員らが30日に記者会見を開き、消費税の減税を求める緊急声明を発表した。   「景気の致命的な下降を食い止めるには、消費税の減税が欠かせない」とし、消費税5%への引き下げか、消費税をゼロにすることを求めている。4月に全国民に10万円ずつ現金を支給すること、休業などで中小企業などが損失を出した粗利益の補償も要望している。 &n...

  • 韓国映画「パラサイト」がアカデミー賞4冠 格差是正は本当に正義なのか

    2020.02.17
    韓国映画「パラサイト」がアカデミー賞4冠 格差是正は本当に正義なのか

    ポン・ジュノ監督(一番左)とキャストたち(画像はwikipediaより)。   《本記事のポイント》  格差社会を描いた韓国映画「パラサイト 半地下の家族」がアカデミー賞4冠を達成した  格差是正を進めていくと、社会全体が衰退する 「勤勉の精神で富を築く」ことを肯定することが重要   ...

  • 2020年代の「中国離脱」戦略Part01 202X年、中国バブル崩壊で地銀9割消滅? 日本の銀行を救う5つの方法

    2020.01.29
    2020年代の「中国離脱」戦略Part01 202X年、中国バブル崩壊で地銀9割消滅? 日本の銀行を救う5つの方法

      2020年3月号記事   2020年代の「中国離脱」戦略   中国バブル崩壊や、中東情勢などに端を発する世界同時不況の可能性──。 国際経済の見通しが不透明になる中、日本は最悪の事態に備えなければならない。 そこで重要になるのは、国内のお金の循環をよくし、将来の富を生む産業を創ることだ。 本特集...

  • 大川隆法 霊言1000回突破「プロ」が霊言を読み続ける理由

    2020.01.29
    大川隆法 霊言1000回突破「プロ」が霊言を読み続ける理由

      2020年3月号記事   大川隆法 霊言1000回突破 REIGEN   「プロ」が霊言を読み続ける理由   大川隆法・幸福の科学総裁による公開霊言が、2019年末に1000回を突破した。 霊言とは、過去の偉人の霊や生きている人の守護霊などが大川総裁の口を通じてその言葉を語る神秘現...

  • 国家による再配分はなぜ非道徳的か? 経済学者クリストファー・リングル氏インタビュー

    2020.01.25
    国家による再配分はなぜ非道徳的か? 経済学者クリストファー・リングル氏インタビュー

      《本記事のポイント》 国が行う再配分は、他の人から奪うという意味で非道徳的 市場によって「不正義」が起きるのではなく、政府が権力を肥大化することで「不正義」が起きる 歴史を振り返ると、宗教的コミュニティ等を通じて社会保障は行われてきた   アメリカでは、社会主義を肯定的にとらえる若者たちが増えている。...

  • 米中貿易の第1段階合意 これからの交渉が山場であり、これまでは前哨戦

    2020.01.21
    米中貿易の第1段階合意 これからの交渉が山場であり、これまでは前哨戦

      《本記事のポイント》 米中両政府は、貿易交渉の「第1段階」に合意 合意したのは、貿易赤字の削減と知的財産権の保護 産業政策の是正や資本移動の自由化などが、これからの「本題」となる     米中両政府はこのほど、米ワシントンで貿易交渉の「第1段階」となる合意文書に署名した。 &...

  • 台湾総統選直前 台湾の識者は、日本に何を期待しているか

    2020.01.07
    台湾総統選直前 台湾の識者は、日本に何を期待しているか

    優勢が伝えられている、現職の蔡総統(中央)。   台湾総統選の投票日が1月11日に迫っている。   再選を目指す民主進歩党の蔡英文(さい・えいぶん)総統と、最大野党・中国国民党の韓国瑜(かん・こくゆ)高雄市長の、事実上の一騎討ち。昨年末、台湾の大手テレビ局が調査、発表した支持率は、蔡氏45%、韓氏29%で、「蔡氏優勢」を伝えている。 ...

  • 評論家・宮崎正弘氏が読む『トランポノミクス』 「実に面白い本だ」

    2019.12.28
    評論家・宮崎正弘氏が読む『トランポノミクス』 「実に面白い本だ」

      トランプ米大統領の共和党予備選から、アメリカ経済が復活するまでの秘話を描いた『トランポノミクス』(スティーブン・ムーア、アーサー・ラッファー 共著/藤井幹久 訳)が、このほど発刊された。中国情勢に精通する評論家の宮崎正弘氏が、同書について語った。   ◆           ◆&nbs...

Menu

Language