検索結果 【発電】

21-29件/29件中

  • 原発停止問題 - 景気回復のためにも一刻も早い再稼動を -  - Newsダイジェスト

    2012.04.26
    原発停止問題 - 景気回復のためにも一刻も早い再稼動を - - Newsダイジェスト

      2012年6月号記事   原発停止問題 - 景気回復のためにも一刻も早い再稼動を   5月5日に泊原子力発電所3号機が定期点検に入ることで、日本の原子力発電所54基がすべて停止することになった。 そこで政府は福井県の大飯原発3、4号機の再稼動に向けた取り組みを続けている。 枝野幸男経済産業相は4月...

  • 太陽光、風力…自然再生エネルギーは救世主たりうるか-エネルギー政策の基礎知識

    2012.04.15
    太陽光、風力…自然再生エネルギーは救世主たりうるか-エネルギー政策の基礎知識

      エネルギー政策の基礎知識 太陽光、風力…自然再生エネルギーは救世主たりうるか 野田佳彦新首相は13日の所信表明演説で、「中長期的には原発への依存度を可能な限り引き下げていく」としたが、原子力発電がなくても、国民生活や産業活動に不可欠な電気は安定供給できるのだろうか。野田佳彦や風力発電など、再生可能な自然エネルギーにまつわる「光と影」を冷静に...

  • 菅首相の脱原発による日本経済破壊を防げ  「今すぐ原子力発電所の再稼動を」 原発を救え!

    2011.07.04
    菅首相の脱原発による日本経済破壊を防げ 「今すぐ原子力発電所の再稼動を」 原発を救え!

    2011年8月号記事     菅首相の脱原発による日本経済破壊を防げ   今すぐ原子力発電所の再稼動を   菅直人首相の「原発ストップ」による日本経済破壊を、これ以上進めさせてはならない。 菅首相は6月19日、インターネットによる国民対話の場で、例によって前言を翻すように、「すべての原...

  • 原子力発電の基礎知識 ――改めて安全性の観点から

    2011.06.29
    原子力発電の基礎知識 ――改めて安全性の観点から

      20世紀の科学技術が生んだ最高傑作の「原子力」。ウラン235の核分裂に伴う膨大な熱エネルギーは、不幸にも殺戮兵器としてこの世に誕生したが、人類の英知によって「原子力発電」という形で平和利用に転用され、全世界では現在、合計約430基の原子炉が電力供給の16%を担っている。 潜在的な危険性の大きい原子力発電(軽水炉)の安全確保は、事故やトラブルを起こさないようにする...

  • 原発を救え! Part.2 原子力発電は本当に危険か?

    2011.05.29
    原発を救え! Part.2 原子力発電は本当に危険か?

    2011年7月号記事     原発の事故に伴うリスクや反対論を見てきたが、ここで三つの図(次ページ)をご覧いただきたい。 最初の二つは「今回の福島第一原発事故による放射能の影響は、一般に思われているよりずっと安全で人体にも問題ないレベルである」ことを示すデータ。三つ目は「放射能が体にいい」という驚くべきデータだ。 これらは、風...

  • 原発を救え! Part.3 日本を破壊する 菅政権の反原発思想

    2011.05.29
    原発を救え! Part.3 日本を破壊する 菅政権の反原発思想

    2011年7月号記事     宮崎名誉教授の話や、その前に示した客観データが示すように、日本の原子力発電はマスコミの報道内容よりもはるかに安全であり、事故が起きても、きちんと対応すれば大事には至らないシステムになっている。 にもかかわらず多くの国民は、原子力発電について漠然とした不安が心の中から消えない。この不安の正体は何であり、どうす...

  • 夢の発電方法か? 人工の光合成による発電開発

    2011.04.30
    夢の発電方法か? 人工の光合成による発電開発

    2011年6月号記事     福島原発事故をきっかけに、より安全で安心な発電方法に世の関心が集まっている。その中で今一番実現性が高く、しかも全く新たな発電方法がある。米マサチューセッツ工科大学のダニエル・ノセラ博士らが発表した、植物の光合成の原理を利用した発電方法だ。この方法によれば、太陽光発電よりもはるかに効率的という。 具体的には、...

  • 宇宙産業で  不況をブッ飛ばせ!

    2009.03.18
    宇宙産業で 不況をブッ飛ばせ!

    2009年5月号記事 「日本の繁栄は、絶対に揺るがない」 世界を救う日本の「知力」第2弾 ~発展のカギは「大衆化」~   現代の基幹産業を支える発電機やガソリン車、電車などの技術は、19世紀後半の大不況期(グレート・ディプレッション)に生まれ、世界の距離を縮めた。では、現在の世界不況はどんなイノベーションを生み出すだろうか。そのフロンティアの...

  • 出でよ!21世紀の「エジソン」

    2008.06.13
    出でよ!21世紀の「エジソン」

    2008年8月号記事   特集 北海道サミットは世界を救えるか!? 第2部 出でよ!21世紀の「エジソン」  ──次世代エネルギー 開発最前線   現代の科学技術はまだまだ未熟     19世紀後半から20世紀前半は、発電機や送電システムなど基本的な電気技術や、電球、オーディオ(...

Menu

Language