検索結果 【地獄】

41-50件/405件中

  • 映画『心霊喫茶「エクストラ」の秘密』が5月15日に公開! 原作者の大川隆法・幸福の科学総裁が語る映画の魅力とは

    2020.05.15
    映画『心霊喫茶「エクストラ」の秘密』が5月15日に公開! 原作者の大川隆法・幸福の科学総裁が語る映画の魅力とは

    ©2020 IRH Press   映画『心霊喫茶「エクストラ」の秘密─The Real Exorcist─』が5月15日、全国で公開される。   東京にある喫茶「エクストラ」は、本格的なコーヒーが楽しめる隠れた人気店。この店のアルバイト・サユリ(千眼美子)のもとには、様々な悩みを抱えた人たちが訪れる。それらの悩みの背景には、いつ...

  • 【緊急寄稿】中国民主活動家・盛雪氏「世界中が団結し、『共産党ウィルス』と戦うべき時」(前編)

    2020.05.04
    【緊急寄稿】中国民主活動家・盛雪氏「世界中が団結し、『共産党ウィルス』と戦うべき時」(前編)

      著名な中国民主活動家、盛雪氏がザ・リバティWebに緊急寄稿。その内容を、2回にわたってお届けする。今回は、その前編。 (幸福の科学 国際政治局 小林真由美)   ◆         ◆         ◆   カナダ在住...

  • 密教僧・良禅に追放された覚鑁 - 宏洋氏に影響を与える悪魔の本質

    2020.04.29
    密教僧・良禅に追放された覚鑁 - 宏洋氏に影響を与える悪魔の本質

      2020年6月号記事   霊言   密教僧・良禅に追放された覚鑁 宏洋氏に影響を与える悪魔の本質   公開霊言「良禅に学ぶ覚鑁撃退法」 (法話「霊障者の立ち直りについて」と合わせて、幸福の科学の支部・精舎・拠点で公開)   「霊言現象」とは、あの世の霊...

  • 米国民の9割が中国を「脅威」と認識 コロナで"中国幻想"から覚めつつあるアメリカ

    2020.04.27
    米国民の9割が中国を「脅威」と認識 コロナで"中国幻想"から覚めつつあるアメリカ

      中国発の新型コロナウィルスが世界を席巻する中、アメリカ国内では中国政府への不信感が高まっています。   最新の世論調査により、アメリカ人の9割以上が、中国を「脅威」だと考えていることが明らかになりました。   米ピュー・リサーチ・センターが21日に公表した調査結果によると、回答者の62%が中国のパワーと影響力を「主要な...

  • コロナ治療の病院で流れるビートルズやロッキーのテーマ 音楽が持つ「降魔力」

    2020.04.23
    コロナ治療の病院で流れるビートルズやロッキーのテーマ 音楽が持つ「降魔力」

      世界中で猛威を奮う新型コロナウィルス。特に大きな被害が出ているアメリカの病院などで、「音楽」が力を発揮していると、共同通信などが発信しています。   ザ・ビートルズや映画「ロッキー」のテーマソングなどが、病状が回復したり、退院する際などに流され、患者はもちろん、最前線で治療にあたる医師や看護師を励ましていると伝えられています。 &nbs...

  • 天国に還れる生き方を──幸福の科学の葬儀【どうして供養が大切なのか(3)】

    2020.04.13
    天国に還れる生き方を──幸福の科学の葬儀【どうして供養が大切なのか(3)】

      新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、葬儀の規模縮小や自粛が広がっている。こんな時だからこそ、「葬儀や供養の意味」が問われているような気がしてならない。   本欄では、このたび肉親を亡くした記者が、「幸福の科学式の葬儀」の経験をもとに、その意味を考えてみる。   【どうして供養が大切なのか】 第1回目 : 「どの...

  • 幸福の科学が新潮社と大川宏洋氏を名誉毀損で提訴

    2020.04.08
    幸福の科学が新潮社と大川宏洋氏を名誉毀損で提訴

      幸福の科学は7日、大川宏洋氏(以下、宏洋氏)の虚偽に基づいた「週刊新潮」記事で名誉を傷つけられたとして、「週刊新潮」誌を発行している新潮社及び宏洋氏に対し、2,200万円の損害賠償などを求め、東京地方裁判所に提訴した。   提訴の原因となったのは、「週刊新潮」2020年4月2日号に掲載された記事。宏洋氏の、虚偽に基づく幸福の科学への誹謗中傷を掲...

  • 錬金術の歴史を振り返る-アラビア世界の錬金術1-【HSU・志波光晴氏の連載「錬金術について」】

    2020.04.07
    錬金術の歴史を振り返る-アラビア世界の錬金術1-【HSU・志波光晴氏の連載「錬金術について」】

        HSU 未来産業学部プロフェッサー 志波 光晴 プロフィール (しわ・みつはる)1957年、福岡県生まれ。神奈川大学経済学部経済学科卒業後、プラントメンテナンス会社、非破壊検査装置会社で働く中で理科系の研究者を決意。放送大学教養学部で理科系を学び、東京大学先端科学技術研究センター研究生を経て、同大学工学部...

  • 「いい通夜でした」──幸福の科学の葬儀【どうして供養が大切なのか(2)】

    2020.04.06
    「いい通夜でした」──幸福の科学の葬儀【どうして供養が大切なのか(2)】

      新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、大人数が集まる通夜・葬儀を行う規模の縮小や自粛が広がっている。こんな時だからこそ、「葬儀や供養の意味」が問われているような気がしてならない。   本欄では、このたび肉親を亡くした記者が、「幸福の科学式の葬儀」の経験をもとに、その意味を考えてみる。   第2回目は「いい通夜でした」。 ...

  • 良禅に追放された覚鑁 宏洋氏に影響を与える悪魔の本質

    2020.04.05
    良禅に追放された覚鑁 宏洋氏に影響を与える悪魔の本質

      宏洋氏が幸福の科学に対する誹謗中傷を繰り返しているが、その背後には、ある宗教関係の霊存在がいる。それが、平安時代末期、真言宗の中興の祖とされ、新義真言宗の祖とされる覚鑁(かくばん)だ。   このたび、大川隆法・幸福の科学総裁のもとに覚鑁の霊が現れたことで、霊言が収録された。その際、当時対立関係にあった、高野山・金剛峯寺の良禅という僧侶の霊も招霊...

Menu

Language