検索結果 【大統領選】

431-440件/487件中

  • 公開霊言・法話レポート 中国や韓国になめられるな! 日本よ、侍国家たれ 霊人たちが相次ぎ降臨し日本人に警鐘を鳴らす

    2012.09.26
    公開霊言・法話レポート 中国や韓国になめられるな! 日本よ、侍国家たれ 霊人たちが相次ぎ降臨し日本人に警鐘を鳴らす

      2012年11月号記事   公開霊言・法話レポート 9月1日には「7冊同時発刊」という前人未到のスピードで発刊された、大川隆法・幸福の科学グループ創始者兼総裁の「公開霊言シリーズ」。矢継ぎ早に繰り出される霊言は、この日本という国が今まさに「国難」の中にあることへの危機感の表れだ。特に竹島、尖閣に象徴される他国からの侵略行為に対して、国家...

  • シリアへの介入を阻む中露は安保理常任理事国から外すべき - Newsダイジェスト

    2012.09.26
    シリアへの介入を阻む中露は安保理常任理事国から外すべき - Newsダイジェスト

      2012年11月号記事   反政府デモが内戦に発展しているシリアでは、デモ開始から1年半が経つ今も、戦闘が止む気配がない。アサド大統領側は、都市部への無差別砲撃や空爆を激化させており、8月の死者数は月間で最多の約5千人。デモ開始以来の死者数は2万6千人を超えた。 弾圧の苛烈さを考えれば、人道的配慮からとっくに米軍などが介入し、戦闘を...

  • ヒラリー・クリントン守護霊が語る、日米安保、竹島、尖閣、幸福実現党

    2012.08.22
    ヒラリー・クリントン守護霊が語る、日米安保、竹島、尖閣、幸福実現党

    公開霊言抜粋レポート ヒラリー・クリントンが本音で語る 日米同盟の真相 「ヒラリー・クリントンの政治外交リーディング」 2012年8月18日収録   「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国...

  • 日本はロシアと良好な関係を

    2012.08.14
    日本はロシアと良好な関係を

    中国、ロシア、中央アジア4カ国でつくる上海協力機構北京サミットに参加し、胡錦濤主席と握手するロシアのプーチン大統領(今年6月)。日本にとってロシアとの関係は中国や北朝鮮に対する圧力としても重要だ。写真:AFP =時事   2012年10月号記事   個人の人生、社会、国家、人類、地球そして宇宙。すべてを幸福な未来へ導くための羅針盤として、ワ...

  • 公開霊言抜粋レポート・国防編 後藤田正晴霊・李克強守護霊・石原慎太郎守護霊・ヒラリー・クリントン守護霊

    2012.08.14
    公開霊言抜粋レポート・国防編 後藤田正晴霊・李克強守護霊・石原慎太郎守護霊・ヒラリー・クリントン守護霊

      2012年10月号記事     公開霊言抜粋レポート・国防編 大川隆法幸福の科学グループ創始者兼総裁 後藤田正晴霊・李克強守護霊・石原慎太郎守護霊・ヒラリー・クリントン守護霊 霊言が示す日本に迫る危機   大川隆法・幸福の科学総裁は8月中旬に、中曽根内閣で官房長官を務めた故・後...

  • 米が進める「中国包囲網」 クリントン長官が各地で中国を牽制 - Newsダイジェスト

    2012.08.14
    米が進める「中国包囲網」 クリントン長官が各地で中国を牽制 - Newsダイジェスト

    アフリカ・セネガルを訪問したクリントン国務長官。写真:代表撮影/AP/アフロ   2012年10月号記事     11月に控える米大統領選挙は、オバマ氏のリードが続いている。失業率は依然として高く、景気の減速はリスクとして残るが、対立候補のロムニー氏は支持を広げきれないでいる。 日本にとっての関心事項は、大統領...

  • 中東情勢のカギを握るトルコ、エジプト、イランの大国意識 - 伊藤貫のワールド・ウォッチ

    2012.08.14
    中東情勢のカギを握るトルコ、エジプト、イランの大国意識 - 伊藤貫のワールド・ウォッチ

      2012年10月号記事   ワシントン発 バランス・オブ・パワーで読み解く 伊藤貫のワールド・ウォッチ   (いとう・かん) 国際政治アナリスト。1953年生まれ。東京大学経済学部卒。米コーネル大学でアメリカ政治史・国際関係論を学び、ビジネス・コンサルティング会社で国際政治・金融アナリストとして勤務。著...

  • オバマの4年間で福祉国家路線に「チェンジ」したアメリカ - Newsダイジェスト

    2012.07.26
    オバマの4年間で福祉国家路線に「チェンジ」したアメリカ - Newsダイジェスト

    米大統領選挙で遊説するオバマ大統領(7月10日、アイオワ州)写真:AP/ アフロ   2012年9月号記事   「チェンジ」を合言葉にオバマ大統領がホワイトハウスに乗り込んでから、間もなく4年。オバマ氏の1期目を総括すれば、そこに浮かび上がってくるのはアメリカの福祉国家路線への転換である。 それを印象付けたのが、6月28日に最高裁...

  • 太平洋戦争で日本は勝てた - 「戦わずして勝つ」編

    2012.07.26
    太平洋戦争で日本は勝てた - 「戦わずして勝つ」編

    2012年9月号記事   太平洋戦争で日本は勝てた 「戦わずして勝つ」編   検証・10のターニングポイント 1945年夏、太平洋戦争で日本はアメリカに敗れた。だが冷静に考えれば、当時の日本はその時々で多くの選択肢を持ち、別の運命を切り拓くこともできた。さらに言えば、「戦わずして勝つ」こともできた。ターニングポイントで、どう...

  • 世界にとって望ましいのはオバマか? ロムニーか? - 伊藤貫のワールド・ウォッチ

    2012.06.25
    世界にとって望ましいのはオバマか? ロムニーか? - 伊藤貫のワールド・ウォッチ

      2012年8月号記事   ワシントン発 バランス・オブ・パワーで読み解く 伊藤貫のワールド・ウォッチ   (いとう・かん) 国際政治アナリスト。1953年生まれ。東京大学経済学部卒。米コーネル大学でアメリカ政治史・国際関係論を学び、ビジネス・コンサルティング会社で国際政治・金融アナリストとして勤務。著書...

Menu

Language