検索結果 【GHQ】

31-40件/83件中

  • 釈量子の志士奮迅 [第59回] - 「議院内閣制」の限界と「大統領制」について

    2017.06.29
    釈量子の志士奮迅 [第59回] - 「議院内閣制」の限界と「大統領制」について

      2017年8月号記事   第59回 釈量子の志士奮迅   幸福実現党党首   釈量子 (しゃく・りょうこ)1969年、東京都生まれ。國學院大學文学部史学科卒。大手企業勤務を経て、(宗)幸福の科学に入局。本誌編集部、常務理事などを歴任。2013年...

  • 憲法も首相も「積極的平和ボケ」 北朝鮮のミサイルから国民を守れない

    2017.05.04
    憲法も首相も「積極的平和ボケ」 北朝鮮のミサイルから国民を守れない

      《本記事のポイント》 安倍首相は、国民を危機にさらしてきたことを謝るべき 重要な問題について、政治家は国民を説得しなければならない 北朝鮮を「平和を愛する諸国民」から除外して、日本を守れ   日本国憲法が3日で、施行から70周年を迎えた。   敗戦後の占領下で、連合国軍総司令...

  • 戦後日本の言論界の「英雄」だった渡部昇一氏

    2017.04.19
    戦後日本の言論界の「英雄」だった渡部昇一氏

      上智大学名誉教授の渡部昇一氏が、心不全で亡くなった。謹んで哀悼の意を表し、安らかな旅立ちをお祈り申し上げたい。   渡部氏は1930年、山形県鶴岡市に生まれ、上智大学へ進学。ドイツ、イギリスへの留学を経て、日本に帰国し、同大学の英文科講師として働き始める。日本エッセイストクラブ賞を受賞した著作『腐敗の時代』をはじめ、生涯の著作は700冊を超える...

  • 日本の源流 - 大分・宮崎からの教育改革 「平和教育」より「神話教育」

    2017.02.27
    日本の源流 - 大分・宮崎からの教育改革 「平和教育」より「神話教育」

      2017年4月号記事   日本の源流   大分・宮崎からの教育改革 「平和教育」より「神話教育」   「神話」と聞いてもピンと来ない。それが戦後世代の率直な実感だろう。 神話のふるさとである大分、宮崎両県を訪れ、戦後教育の問題について考えてみた。 (編集部 山本慧/写真 大...

  • 日韓合意から1年 なぜ、保守・自民党は自虐史観を払拭できないのか

    2016.12.31
    日韓合意から1年 なぜ、保守・自民党は自虐史観を払拭できないのか

      いわゆる従軍慰安婦問題をめぐる「日韓合意」の締結から、28日で1年が経った。これまでの報道では、日韓両政府の履行状況を伝えるものが目立つ。   歴史問題について勉強していると、ふとこんなこと思う瞬間はないだろうか。   「自民党は保守政党なのに、なぜ自虐史観を払拭できないのか」   何気ない疑...

  • 日露会談で北方領土2島返還はあるか? プーチン大統領の本心とは

    2016.12.14
    日露会談で北方領土2島返還はあるか? プーチン大統領の本心とは

    Nickolay Vinokurov / Shutterstock.com   ロシアのプーチン氏は15日、山口県長門市を訪れ、安倍晋三首相と会談する。安倍首相は、北方領土の2島返還に意欲を見せているが、交渉は難航しそうだ。   プーチン大統領は7日、読売新聞のインタビューに応じており、「(日本との関係について)完全な正常化を求めている」と...

  • 皇室を永続的に守る方法――陛下の「お気持ち」に応えるには - 編集長コラム

    2016.08.30
    皇室を永続的に守る方法――陛下の「お気持ち」に応えるには - 編集長コラム

    天皇陛下の81歳の誕生日を祝う一般参賀。写真:AP/アフロ   2016年10月号記事   編集長コラム Monthly Column   皇室を永続的に守る方法 ――陛下の「お気持ち」に応えるには   contents 天皇陛下の本心 「生前...

  • 茨城県・鹿島神宮 武士道の神宮が「神なき日本」を叱る

    2016.07.30
    茨城県・鹿島神宮 武士道の神宮が「神なき日本」を叱る

      2016年9月号記事   茨城県・鹿島神宮 武士道の神宮が「神なき日本」を叱る   戦神を祀る鹿島神宮のトップが、戦後の風潮に喝を入れる。 (編集部 山本慧)   contents イチローの過去世 - 新・過去世物語 人は生まれ変わる ...

  • なぜ宗教が国防強化を主張するのか――アジアの平和と自由を守る外交・防衛プラン(Webバージョン) - 編集長コラム

    2016.07.08
    なぜ宗教が国防強化を主張するのか――アジアの平和と自由を守る外交・防衛プラン(Webバージョン) - 編集長コラム

      2016年4月号記事   編集長コラム Monthly Column   Webバージョン なぜ宗教が国防強化を主張するのか ――アジアの平和と自由を守る外交・防衛プラン   contents   ...

  • 日本独特の宗教への偏見を乗り越える

    2016.06.30
    日本独特の宗教への偏見を乗り越える

      2016年8月号記事   個人の人生、社会、国家、人類、地球そして宇宙。すべてを幸福な未来へ導くための羅針盤として、ワールド・ティーチャー(世界教師)大川隆法総裁の質疑応答をお届けしてまいります。   日本独特の宗教への偏見を乗り越える 大川隆法 未来への羅針盤 ワールド・ティーチャー・メッセージ No.23...

Menu

Language