検索結果 【組織】

31-40件/854件中

  • "半沢精神"で地域を支える!? ローカル信用組合の流儀

    2020.08.25
    "半沢精神"で地域を支える!? ローカル信用組合の流儀

      テレビドラマ『半沢直樹』の新シリーズが、再び高視聴率を叩き出し好調だ。主人公が巨大組織にはびこる悪事を暴き、「企業に寄り添う」という金融の使命に真摯に向き合う姿が、多くの共感を呼んでいるのだろう。そんな精神を、「地域を支える」という形で発揮している"バンカー"がいる。本欄では、日本一の米どころである新潟県南魚沼市に本店を構える塩沢信用組合理事長のイン...

  • 錬金術の歴史を振り返る―アラビアの錬金術IV―(後編)【HSU・志波光晴氏の連載「錬金術について」】

    2020.08.25
    錬金術の歴史を振り返る―アラビアの錬金術IV―(後編)【HSU・志波光晴氏の連載「錬金術について」】

      HSU 未来産業学部プロフェッサー 志波 光晴 プロフィール (しわ・みつはる)1957年、福岡県生まれ。神奈川大学経済学部経済学科卒業後、プラントメンテナンス会社、非破壊検査装置会社で働く中で理科系の研究者を決意。放送大学教養学部で理科系を学び、東京大学先端科学技術研究センター研究生を経て、同大学工学部より工学博士を取得。同...

  • いまの日本は尖閣を守れない マイナー自衛権を認め海上自衛隊を送るべき

    2020.08.15
    いまの日本は尖閣を守れない マイナー自衛権を認め海上自衛隊を送るべき

      《本記事のポイント》 現行法では、日本は武力攻撃事態でなければ自衛権を発動できず、尖閣を守れない 「武力攻撃事態」が認定された時のみに、防衛出動できる 防衛出動が発令されても、自衛権が行使できない場合がある     尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海への中国公船による侵入が相次いでい...

  • 「百戦百勝」の仕事を目指す意味とは 若い人の悩みへの処方箋

    2020.08.03
    「百戦百勝」の仕事を目指す意味とは 若い人の悩みへの処方箋

      若い時の悩みに、どう向き合うか。時としてそれが人生の軌道を変える。   大川隆法・幸福の科学総裁は7月下旬、悩んだり苦しんだりする若い人に「的確なアドバイスをしてあげたい」との趣旨で、法話「若さの苦しみ」を収録した。子育て世代や孫のいる世代向け、さらには「40代を過ぎた世代の青年期を振り返って反省する際の参考」を念頭に置いた説法となった。現在、...

  • ケインズ経済学 vs サプライサイド経済学:不況下に復活するケインズの亡霊

    2020.08.01
    ケインズ経済学 vs サプライサイド経済学:不況下に復活するケインズの亡霊

      《本記事のポイント》 給与税の減免措置を含まない景気刺激策は「景気を刺激しない」 働く人のやる気をそぐケインズの有効需要理論 ケインズ政策は、政治家のバラマキを正当化してきた     コロナ不況下にあるアメリカで、景気刺激策の協議が大詰めを迎えている。金曜日に週600ドルの失業給付金...

  • 自民党 巨大買収帝国の最期

    2020.07.29
    自民党 巨大買収帝国の最期

    写真:ロイター/アフロ、写真:日刊現代/アフロ   2020年9月号記事   自民党 巨大買収帝国の最期   昔は選挙前になると票がお金で買われることも多かったという。 残念なことに、それは過去の話とはなっていなかった。 今回の事件は、自民党帝国を築くために、「買収」し続けた歴史の必然的な終着点であり、 ...

  • 【英語で読む名文】今こそ「アメリカ独立宣言(The Declaration of Independence)」を読む

    2020.07.27
    【英語で読む名文】今こそ「アメリカ独立宣言(The Declaration of Independence)」を読む

    写真:kenny1 / Shutterstock.com   「いつかは国際人として活躍したい! だけど、英語はそんな得意じゃなくて……」   そんな思いを持つ方は多いのではないでしょうか。編集部にも、「どうすれば英語ができるようになるのか教えてほしい」というお問い合わせが届きます。   ...

  • 英保守党元党首が米シンクタンクで演説 世界で進む、「正義を忘れた経済」からの脱却

    2020.07.19
    英保守党元党首が米シンクタンクで演説 世界で進む、「正義を忘れた経済」からの脱却

    ハドソン研究所ホームページに掲載されたダンカン・スミス氏(右)。   6月20日の本欄、「欧州で急速に進む反中シフト 世界認識は『米中』から『独裁国家との戦い』へ」では、中国共産党に対抗するための国際組織「対中政策に関する列国議会連盟(Inter-Parliamentary Alliance on China、以下IPAC)」が、欧米を中心とする国会議員によって創設...

  • 米国務省、ウイグル弾圧で大企業に警告 取引自体が人権侵害に加担する時代

    2020.07.10
    米国務省、ウイグル弾圧で大企業に警告 取引自体が人権侵害に加担する時代

    米国務省が企業に送った書簡。   《本記事のポイント》 米国務省、大手企業にサプライチェーンの「脱中国」を求める書簡を送付 今後、香港弾圧に加担する企業も制裁か 中国国内の人権侵害に関与する個人や組織と取引すること自体が、人権侵害に加担     米国務省が、大手企業ウォルマートや...

  • 【理想のナンバー2とは】本田宗一郎を支え続けた藤沢武夫の美学 その2

    2020.07.09
    【理想のナンバー2とは】本田宗一郎を支え続けた藤沢武夫の美学 その2

    写真:Vadim Axel / Shutterstock.com   『ザ・リバティ』2020年8月号 幸福の科学出版 スーパーカブなど世界で愛される二輪や四輪を生み出す日本が誇るトップ・メーカーの本田技研工業(ホンダ)。   創業者の本田宗一郎が有名ですが、副社長として本田を支え続けた藤沢武夫...

Menu

Language