検索結果 【死後】

31-40件/370件中

  • コロナで離婚が増加!? 離婚を回避するための考え方

    2020.06.11
    コロナで離婚が増加!? 離婚を回避するための考え方

      新型コロナウィルスが、思わぬ影響をもたらしています。感染拡大防止のための外出自粛やリモートワークが普及した結果、離婚危機に至る夫婦が出ているようです。   緊急事態宣言が解除されてからも、離婚を決意する状況は収束しておらず、「これから離婚が増える」と見る専門家もいます。   なぜ、コロナと離婚が結びつくのでしょうか。 ...

  • コロナ関連で亡くなった場合、24時間以内に火葬しなければいけないの? 【読者のギモン】

    2020.06.04
    コロナ関連で亡くなった場合、24時間以内に火葬しなければいけないの? 【読者のギモン】

      「最近は報道が少なくなりましたが、コロナ感染症で死亡された場合、家族は死亡確認にも立ち会えず、24時間以内に荼毘(だび)に付さなければならないように報道されていたように感じます。   本来、死後24時間は荼毘に付すことは法律で禁じられていたと思うのですが、どのような法律に基づいて行われているのでしょうか? それとも、そのように思わせるような間違...

  • 不況による倒産や失業が相次ぐ恐れ コロナ対策で自殺者が増加? - ニュースのミカタ 4

    2020.05.30
    不況による倒産や失業が相次ぐ恐れ コロナ対策で自殺者が増加? - ニュースのミカタ 4

      2020年7月号記事   ニュースのミカタ 4 社会   不況による倒産や失業が相次ぐ恐れ コロナ対策で自殺者が増加?   東京都練馬区のとんかつ店で4月30日、火災が発生。焼死した店主の男性は自ら油をかぶった可能性があるとされています。 男性は都の自粛要請で店を休...

  • 永遠の生命の世界を実感する一助に 大川咲也加氏 最新刊

    2020.05.21
    永遠の生命の世界を実感する一助に 大川咲也加氏 最新刊

      2020年7月号記事   Book   永遠の生命の世界を実感する一助に   『霊界・霊言の証明について考える』 大川咲也加著 幸福の科学出版 「霊言」という古くて新しいキーワードが日本社会に広がっている。ただ霊言に対して、さまざまな疑...

  • 大いなる念いの顕現(2) 【HSU・木村貴好氏の連載「生命の探究に向けて」】

    2020.05.05
    大いなる念いの顕現(2) 【HSU・木村貴好氏の連載「生命の探究に向けて」】

      HSU未来産業学部 アソシエイト・プロフェッサー 木村 貴好 (きむら・たかよし)1971年、埼玉県生まれ。筑波大学第二学群生物学類卒。同大学院修士課程(環境科学)修了、同農学研究科博士課程単位取得後退学。博士(農学)。応用昆虫学分野の研究を行う。農業生産法人、茨城県農業総合センター生物工学研究所を経て、2008年、幸福の科...

  • 密教僧・良禅に追放された覚鑁 - 宏洋氏に影響を与える悪魔の本質

    2020.04.29
    密教僧・良禅に追放された覚鑁 - 宏洋氏に影響を与える悪魔の本質

      2020年6月号記事   霊言   密教僧・良禅に追放された覚鑁 宏洋氏に影響を与える悪魔の本質   公開霊言「良禅に学ぶ覚鑁撃退法」 (法話「霊障者の立ち直りについて」と合わせて、幸福の科学の支部・精舎・拠点で公開)   「霊言現象」とは、あの世の霊...

  • 天国に還れる生き方を──幸福の科学の葬儀【どうして供養が大切なのか(3)】

    2020.04.13
    天国に還れる生き方を──幸福の科学の葬儀【どうして供養が大切なのか(3)】

      新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、葬儀の規模縮小や自粛が広がっている。こんな時だからこそ、「葬儀や供養の意味」が問われているような気がしてならない。   本欄では、このたび肉親を亡くした記者が、「幸福の科学式の葬儀」の経験をもとに、その意味を考えてみる。   【どうして供養が大切なのか】 第1回目 : 「どの...

  • 錬金術の歴史を振り返る-アラビア世界の錬金術1-【HSU・志波光晴氏の連載「錬金術について」】

    2020.04.07
    錬金術の歴史を振り返る-アラビア世界の錬金術1-【HSU・志波光晴氏の連載「錬金術について」】

        HSU 未来産業学部プロフェッサー 志波 光晴 プロフィール (しわ・みつはる)1957年、福岡県生まれ。神奈川大学経済学部経済学科卒業後、プラントメンテナンス会社、非破壊検査装置会社で働く中で理科系の研究者を決意。放送大学教養学部で理科系を学び、東京大学先端科学技術研究センター研究生を経て、同大学工学部...

  • 「いい通夜でした」──幸福の科学の葬儀【どうして供養が大切なのか(2)】

    2020.04.06
    「いい通夜でした」──幸福の科学の葬儀【どうして供養が大切なのか(2)】

      新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、大人数が集まる通夜・葬儀を行う規模の縮小や自粛が広がっている。こんな時だからこそ、「葬儀や供養の意味」が問われているような気がしてならない。   本欄では、このたび肉親を亡くした記者が、「幸福の科学式の葬儀」の経験をもとに、その意味を考えてみる。   第2回目は「いい通夜でした」。 ...

  • 良禅に追放された覚鑁 宏洋氏に影響を与える悪魔の本質

    2020.04.05
    良禅に追放された覚鑁 宏洋氏に影響を与える悪魔の本質

      宏洋氏が幸福の科学に対する誹謗中傷を繰り返しているが、その背後には、ある宗教関係の霊存在がいる。それが、平安時代末期、真言宗の中興の祖とされ、新義真言宗の祖とされる覚鑁(かくばん)だ。   このたび、大川隆法・幸福の科学総裁のもとに覚鑁の霊が現れたことで、霊言が収録された。その際、当時対立関係にあった、高野山・金剛峯寺の良禅という僧侶の霊も招霊...

Menu

Language