検索結果 【植民地主義】

31-40件/44件中

  • そもそも解説 & インタビュー ヘンリー・S・ストークス - アメリカ人が語る「日本の戦争は正しかった」欧米こそ歴史の見直しが必要だ Part.1

    2014.04.28
    そもそも解説 & インタビュー ヘンリー・S・ストークス - アメリカ人が語る「日本の戦争は正しかった」欧米こそ歴史の見直しが必要だ Part.1

      2014年6月号記事   アメリカ人が語る 「日本の戦争は正しかった」 欧米こそ歴史の見直しが必要だ   contents     Part.1 そもそも解説 ...

  • 「論破プロジェクト」は日本政府がやるべきことをやった

    2014.02.27
    「論破プロジェクト」は日本政府がやるべきことをやった

      2014年4月号記事   仏アングレーム国際漫画祭   「論破プロジェクト」は日本政府がやるべきことをやった 「従軍慰安婦のウソ」を訴えた日本の漫画が撤去   「従軍慰安婦」をめぐる韓国の反日攻勢は激しさを増している。1月下旬から2月上旬に開かれたフランス・アングレーム国際漫画祭では、...

  • 吉田松陰からマンデラまで貫く思想 (Webバージョン) - 編集長コラム

    2014.01.23
    吉田松陰からマンデラまで貫く思想 (Webバージョン) - 編集長コラム

    日本軍が南アフリカまで攻めてくることを期待していたというマンデラ氏。幕末の時点で、大東亜戦争を見通していた吉田松陰。二人を貫く思想とは――。   2014年2月号記事   アパルトヘイト(人種隔離政策)と闘った南アフリカのネルソン・マンデラ元大統領が、天に召された。 マンデラ氏と日本は縁遠く見えるが、生前、あるインタビューで日本...

  • 吉田松陰からマンデラまで貫く思想 - 編集長コラム

    2013.12.23
    吉田松陰からマンデラまで貫く思想 - 編集長コラム

    日本軍が南アフリカまで攻めてくることを期待していたというマンデラ氏。幕末の時点で、大東亜戦争を見通していた吉田松陰。二人を貫く思想とは――。   2014年2月号記事   編集長コラム   吉田松陰からマンデラまで貫く思想   アパルトヘイト(人種隔離政策)と闘った南アフリカのネルソン・...

  • 2020年「盟主」日本がアジアを守る──中国封じ込めの国防戦略

    2013.10.24
    2020年「盟主」日本がアジアを守る──中国封じ込めの国防戦略

    10月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の記念撮影。欠席したオバマ大統領の代役のケリー国務長官は右端にひっそりと収まり、中央には習近平・中国国家主席が陣取った。写真:ロイター/アフロ   2013年12月号記事   2020年「盟主」日本がアジアを守る ──中国封じ込めの国防戦略    ...

  • 「世界の警察官」を降りたアメリカ(Webバージョン) - 編集長コラム

    2013.10.11
    「世界の警察官」を降りたアメリカ(Webバージョン) - 編集長コラム

    オバマ大統領は9月10日、戦後の米大統領として初めて「アメリカは世界の警察官ではない」と表明。神の正義を実現しようとするアメリカの使命を放棄したのか? 写真:代表撮影/AP/アフロ   2013年11月号記事   「世界の警察官」を降りたアメリカ(Webバージョン) (2013年10月10日 Webバージョンにて再投稿) &...

  • 欧米にこそ歴史見直しが求められる(ウェブ・バージョン) - 編集長コラム

    2013.08.07
    欧米にこそ歴史見直しが求められる(ウェブ・バージョン) - 編集長コラム

    アジアの人々を欧米による植民地支配から解放した日本は、「平和と正義の守護神」となり、「世界の恒久平和のために尽くす」使命がある。   2013年9月号記事   ー歴史問題に終止符をPart5ー     欧米にこそ歴史見直しが求められる (ウェブ・バージョン)-編集長コラム &nbs...

  • 大川隆法総裁公開霊言 トルーマン大統領が原爆投下を謝罪

    2013.06.27
    大川隆法総裁公開霊言 トルーマン大統領が原爆投下を謝罪

      公開霊言レポート   「原爆投下すべきでなかった」 公開霊言でトルーマン元米大統領が激白謝罪 大川隆法総裁公開霊言 「原爆投下は人類への罪か?」 2013年6月3日収録 「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意...

  • ふとどき国家の叱り方! - サムライの国よ、目覚めよ

    2012.10.26
    ふとどき国家の叱り方! - サムライの国よ、目覚めよ

      2012年12月号記事   ふとどき国家の叱り方! サムライの国よ、目覚めよ   中国や韓国が、日本をことさらに侮辱する外交攻勢を仕掛けている。しかし日本政府の対応といえば、「遺憾の意」を示すばかりだ。日本はもう一度、「サムライ国家」としての意気を示し、ふとどき国家を「叱る」義務がある。   ...

  • 習近平守護霊が激白 反日デモ、尖閣問題の裏に隠された国家戦略

    2012.10.02
    習近平守護霊が激白 反日デモ、尖閣問題の裏に隠された国家戦略

    公開霊言抜粋レポート 「核で脅してアメリカを追い出し、日本を手に入れる」 習近平守護霊が明かす戦慄の野望 「『中国と習近平に未来はあるか』―反日デモの謎を解く―」 2012年9月18日収録 「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現...

Menu

Language