検索結果 【南シナ海】

321-330件/334件中

  • 中国艦艇の沖縄近海通過  北朝鮮のミサイル発射 50年間でもっとも危険な防衛環境 "Newsダイジェスト"

    2011.06.30
    中国艦艇の沖縄近海通過 北朝鮮のミサイル発射 50年間でもっとも危険な防衛環境 "Newsダイジェスト"

    ベトナムで反中国デモ 南沙諸島の領有権巡り(ハノイ,ベトナム2011/6/5) 2011年8月号記事     ますます活発化する中国と北朝鮮の怪しい動きが、東アジアで火種を撒き散らしている。     中国は南シナ海、東シナ海の海洋権益の獲得に動き出した。5月26日、南シナ海のベトナムの排他的経...

  • ビルマ軍事政権とアジアの新冷戦(1)

    2010.10.27
    ビルマ軍事政権とアジアの新冷戦(1)

    ビルマ軍政のタン・シュエ議長が訪中。温家宝首相と会談(2010/9/9) 2010年12月号記事   寄稿 オピニオン ビルマ総選挙から見えてくる覇権国家・中国の野望 Aye Chan エイ・チャン 神田外語大学教授 原文(英語)はこちら。本稿は日本語版のために情報を追加し、再編集したものです。   ...

  • 日本よ、沖縄よ。    蔡焜燦 台湾のサムライからのメッセージ

    2010.10.08
    日本よ、沖縄よ。 蔡焜燦 台湾のサムライからのメッセージ

    Photo & Text by Teru Iwasaki   2010年12月号記事     作家・司馬遼太郎は、親しみを込めて男性を「老台北」と呼んだ。 世界各地を旅して書かれた短編紀行文集『街道をゆく』の40番目、「台湾紀行」の中で、「老台北」は頻繁に登場する。 名を蔡焜燦(さいこんさん)と...

  • 【201X年 日本再占領!?】(5)悪夢のシナリオを書き換える「生き筋」

    2010.10.01
    【201X年 日本再占領!?】(5)悪夢のシナリオを書き換える「生き筋」

    2010年11月号記事   3人のインタビューを通して、中国による「日本占領」が絵空事ではないことがよく分かった。 日本が何も手を打たなければ、2010年代後半から2030年にかけて現実化するという秒読み段階にある。 この流れを逆転させる“生き筋”はあるのか。     【2...

  • 【201X年 日本再占領!?】(4)肥大化する中国に日本スピリットで立ち向かえ

    2010.10.01
    【201X年 日本再占領!?】(4)肥大化する中国に日本スピリットで立ち向かえ

    2010年11月号記事   地政学者奥山真司インタビュー (おくやま・まさし)1972年生まれ。カナダのブリティッシュ・コロンビア大学卒業。イギリス・レディング大学大学院で修士号を取得。現在、同大学院の戦略学科博士号課程に在籍中。アメリカ地政学研究家、国際平和協会主任研究員。著書に『“悪の論理”で世界は動く!』(フォレスト出版)、『地...

  • 【201X年 日本再占領!?】(2)沖縄に中国軍が駐屯する

    2010.10.01
    【201X年 日本再占領!?】(2)沖縄に中国軍が駐屯する

    2010年11月号記事   中国軍事専門家  平松茂雄インタビュー     【201X年 日本再占領!?】(1)イントロダクション 【201X年 日本再占領!?】(2)沖縄に中国軍が駐屯する 【201X年 日本再占領!?】(3) 2016年アメリカは財政破たんし日本を見捨てる ...

  • 普天間問題の解決を

    2010.08.08
    普天間問題の解決を

    2010年10月号記事   中国を増長させる日米のズレ 普天間問題の早急な解決を     普天間基地移設の結論が遅れに遅れ、日米関係はさらに悪化。このスキを突くかのように中国が東アジアの全海域で活動を活発化させ、存在感を強めている。これ以上の普天間問題の遅滞は日本の国益はおろかアジア全体の平和を脅かすことを菅政権は...

  • 【民主党政権から日本を守れ】(3)

    2010.05.09
    【民主党政権から日本を守れ】(3)

    2010年7月号記事     参院選特集 【民主党政権から日本を守れ】(3) 中国の「ヒトラー」登場に警戒せよ     【民主党政権から日本を守れ】(1):日米の亀裂に乗じる中国の拡張主義 【民主党政権から日本を守れ】(2):中国は東アジア、西太平洋を支配する 【民主党政権から日本を守れ...

  • 台湾は中台融和で油断するな

    2008.12.18
    台湾は中台融和で油断するな

    2009年2月号記事 リバティ・オピニオン 中国が空母建造を推進 バチカンの政治音痴ぶりが危機を招く!?   台湾・中国間で対話が行われ、それをローマ法王が賞賛するなど、中台の緊張緩和が進んでいる。だが、その一方で中国は着実に空母艦隊の建造を進めているとされる。経済的苦境にある台湾が中国につけ込まれる形で融和が進めば、中国の台湾併合を招く可能...

  • 日本は戦慄の「オバマ・リスク」に備えよ

    2008.11.16
    日本は戦慄の「オバマ・リスク」に備えよ

    2009年1月号記事   中国からシーレーンを独力でも守れる体制を   オバマ次期大統領の守護霊(潜在意識)の「声」に基づいてアメリカの政治が直ちに大転換するわけではない。ただ、大統領の4年の任期、再選の可能性も含めると8年の間で、何か大きな「事件」が起こった時、その対処をめぐって守護霊の考え方が影響を与えることになるだろう。「日本を捨て...

Menu

Language