検索結果 【生きる意味】

21-30件/47件中

  • 「君たちはどう生きるか」を映画でも考える――精神科医がおすすめする 心を浮かせる名作映画(10)

    2018.01.29
    「君たちはどう生きるか」を映画でも考える――精神科医がおすすめする 心を浮かせる名作映画(10)

      仕事や人間関係に疲れた時、気分転換になるのが映画です。   その映画を選ぶ際に、動員数、人気ランキング、コメンテーターが評価する「芸術性」など、様々な基準があります。   アメリカでは、精神医学の立場から見て「沈んだ心を浮かせる薬」になる映画を選ぶカルチャーがあります。一方、いくら「名作だ」と評価されていても、精神医学...

  • 『新しい霊界入門』 ―『渡部昇一 死後の生活を語る』講義― - 大川隆法総裁 講演会Report

    2017.11.30
    『新しい霊界入門』 ―『渡部昇一 死後の生活を語る』講義― - 大川隆法総裁 講演会Report

      2018年1月号記事   大川隆法総裁 講演会Report   あの世の存在を信じて生きる意味 『新しい霊界入門』 ―『渡部昇一 死後の生活を語る』講義― 2017年11月12日 東京正心館     保守言論界の重鎮、渡部昇一氏が亡くなって半年以上...

  • 「ナミヤ雑貨店の奇蹟」 - リバティWeb シネマレビュー

    2017.08.29
    「ナミヤ雑貨店の奇蹟」 - リバティWeb シネマレビュー

      2017年10月号記事   Movie   「ナミヤ雑貨店の奇蹟」   時を超えた手紙が人生を変える 【公開日】 2017年9月23日 全国ロードショー 【原作】 原作/東野圭吾『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(角川文庫刊) ...

  • 相模原障害者殺傷事件から1年 障害者は「不幸」を選んで生まれていない

    2017.07.27
    相模原障害者殺傷事件から1年 障害者は「不幸」を選んで生まれていない

      《本記事のポイント》 事件の犯人は、今も「障害者を安楽死させるべき」と考えている 障害を持って生まれることには意味がある 弱者を排除する思想は、全体主義につながる   日本全国を震撼させた相模原障害者施設殺傷事件が起きてから、26日で1年を迎えた。   事件は、相模原市の障害...

  • 全部、言っちゃうね。 幸福の科学ってこんなとこ

    2017.04.29
    全部、言っちゃうね。 幸福の科学ってこんなとこ

      2017年6月号記事   全部、言っちゃうね。   幸福の科学ってこんなとこ   幸福の科学といえば、たくさんの本を出していて、街では建物を見かける。 ちょっと気になるけど、どんな教えで、何をやっているのかはよく知らない。 そんなあなたに、幸福の科学のホントのところを紹介します。 ...

  • 映画「聲の形」 聴覚障害者を支援する児童指導員はどう見た?

    2016.10.23
    映画「聲の形」 聴覚障害者を支援する児童指導員はどう見た?

    公式ホームページより。   「人間というのは人のことを完全に理解したと思っていても、全然わかっていなかったりする――」   9月に全国の映画館でロードショーされ、大ヒットを記録している映画「聲の形」(こえのかたち)。聴覚障害者のいじめをテーマにした本作は、人が複雑な人間関係にどう向き合い、乗り越えていくのかを問うている。冒頭の言葉は、映画の...

  • 障害者の生きる意味 - 相模原・障害者施設殺傷事件

    2016.08.30
    障害者の生きる意味 - 相模原・障害者施設殺傷事件

    事件の起きた津久井やまゆり園には住民や関係者が相次いで献花に訪れた。写真:読売新聞/アフロ   2016年10月号記事   相模原・障害者施設殺傷事件 障害者の生きる意味   障害者施設で起きた戦後最悪とも言われる殺傷事件に、日本も世界も震撼した。 これをどう見るべきか。 (編集部 河本晴恵...

  • 「障害者に人格はあるのか」にどう答えるか 相模原・障害者施設殺傷事件

    2016.07.29
    「障害者に人格はあるのか」にどう答えるか 相模原・障害者施設殺傷事件

      神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で起きた、戦後最悪の大量殺傷事件。私たち1人ひとりの、障害者のとらえ方が問われる事件と言えるだろう。   植松聖容疑者は事件の起きた施設に勤務していたが、今年2月に衆院議長に「障害者は安楽死させるべきだ」との内容の手紙を渡している。施設でも同様の発言を繰り返したことで退職。「そう病」と診断されて措...

  • 「イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所」 リバティWeb シネマレビュー

    2014.09.29
    「イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所」 リバティWeb シネマレビュー

    2014年11月号記事   リバティWeb シネマレビュー 「イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所」   家族を亡くした17歳の少女が選ぶのは、生か死か―― 【原作】 『ミアの選択』(ゲイル・フォアマン著、三辺律子訳、小学館刊) 【公開日】 10月11日(土)新宿...

  • 学生時代を後悔したくない 人と差がつく! 恋愛・バイト・読書

    2014.03.30
    学生時代を後悔したくない 人と差がつく! 恋愛・バイト・読書

      2014年5月号記事   学生時代を後悔したくない 人と差がつく! 恋愛 バイト 読書   春、新しい環境での生活はわくわくするもの。厳しい受験勉強や校則から解放される大学や短大での生活は、バラ色に見えるかもしれない。恋もしたいしバイトもしたい。もちろん、勉強もするつもりだけれど、時間はたっぷりあるから...

Menu

Language